リック・ドム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
リック・ドム
外国語表記 Rick-Dom
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MS-09R
頭頂高 18.6 m
本体重量 43.8 t
全備重量 78.6 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1,199 kW
スラスター推力

22,000 kg×2
1,000 kg×9

総推力
53,000 kg
最高速度 マッハ6(宇宙)
最高走行速度 110 km/h
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 5,400 m
開発 ツィマッド社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ジオン兵
テンプレートを表示

リック・ドムは『機動戦士ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ツィマッド社が開発したジオン公国軍量産型モビルスーツ

地上用であるドム宇宙用に再設計しており、脚部の熱核ジェットエンジンが熱核ロケットエンジンに換装されている。これは宇宙用高機動試験型ザクでテストが行われた物の改良型である。また、腰部や脚部にスラスターが追加されたり、推進剤のプロペラントを増加するなどの改良も加えられている。

ザクIIに代わる宇宙での暫定的な主力機としてジオニック社の高機動型ザクを破って採用され、新型機であるゲルググの配備が遅れていた事もあり、多数が量産された。また、一年戦争末期には本機をさらに改良したリック・ドムIIが配備されている。

小説版ではジオン軍初のビーム兵器搭載機になっており、ビームバズーカとビームサーベルを装備している。

ドムと同様、連邦兵から「スカート付き」というあだ名で呼ばれている。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
OPムービーのみに登場。ガンダム試作3号機のマイクロミサイルで撃墜される。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
こちらもOPムービーのみに登場。ソロモンに転移してきたマクロスの衝撃波の巻き添えになる形で多数が爆発している。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
戦闘デモ、武装、ステータスはドムと同一。ドムは陸S、宇Bなのに対しこちらは陸A、宇Sなので運用するとしたらこちらのほうか。コンスコンのイベントもきっちり用意されている。捕獲する際は数に限りがあるので注意。
スーパーロボット大戦Operation Extend
宇宙ステージでドムに代わって登場する。ステータスはドムと同一で、宇宙と陸の両方に対応している。

関連作品[編集]

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
ドムの上位種であるザコ敵だが、地上でしか出現しない。
リアルロボット戦線
名称表記は「リックドム」。武器の攻撃力はドムと同一だが、HPと装甲では勝る。
ハマーンロシュルートでのみ、後半にランバ・ラルが乗り仲間となる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本装備[編集]

拡散ビーム砲
胸部右側に1門内蔵されている武装。出力が低く、目くらまし程度の効果しかない。
ヒートサーベル
背部に1本マウントしている近接戦用の武装。熱を帯びた刀身で対象を溶断する。
ジャイアント・バズ
本機の主兵装で、口径は360mm。その名の通り、かなり大型の武装。

オプション装備[編集]

120mmマシンガン
通称「ザク・マシンガン」。上部にドラムマガジンを装備し、そこから給弾する。本機も使用可能。
ビームバズーカ
小説版にて装備していた武装。ムサイ級の主砲に匹敵する威力があるが、エネルギーのチャージが遅い等の欠点もある。シャア専用の標準装備。後のゲーム作品でも装備している。

合体攻撃[編集]

ジェット・ストリーム・アタック
黒い三連星合体攻撃。本来は宇宙での対艦攻撃として考案された。原作では黒い三連星は本機に搭乗していない為、使用していない。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

12機のリック・ドム
第33話。ドズル・ザビの命を受けたジオン軍のコンスコンはホワイトベース隊を倒すべくチベに搭載していた12機のリック・ドムを出動させる。が、ものの三分も持たずに全滅してしまう(ちなみに12機のうち9機はガンダムに撃破された)。唖然とするコンスコンの元にこれみよがしにシャアのザンジバルが現れ、コンスコンは「嗤いに来たのか!」と憤慨していた。
ちなみにSRWでも何回かボイス付きで再現されたイベントでもあるが、大抵ドムリック・ドムIIで、12機のリック・ドムが再現されたのは『GCXO)』のみ。
エルメスの護衛
ソロモンにおけるエルメスの実戦テストにて。前衛を任されていたはずのバタシャム達リック・ドム隊は新兵が敵を多数撃破する様に「バカバカしくなって」しまい、後方に下がっていく。戦闘終了後、上官のシャア・アズナブルに咎められるもバタシャムは馬鹿正直に前衛を放棄した理由を語った。

関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

シャア専用リック・ドム
小説版に登場した機体。型式番号はMS-09RS。ビームバズーカを装備しており、それを使用するためにジェネレーターが強化されている。搭乗者は勿論シャアで、カラーリングも赤で塗装されている。なお、専用機であればアナベル・ガトーエギーユ・デラーズも所有している。
リック・ドムII
ドムの後継機。IIは「ツー」ではなく「ツヴァイ」と読む。プロペラント・タンク装備形態もある。
ドム
地上専用機。少しの改修でリック・ドムになれる。
ドム・バインニヒツ
『Gジェネレーションギャザービート』を初出とする派生機。脚部を廃して大型のバーニア付きスカートアーマーとすることで、高い機動力を獲得した高機動型。MA的な運用による一撃離脱戦法や前衛機への火力支援を得意とする。
ドム・グロウスバイル
『Gジェネレーションギャザービート』を初出とする派生機。射撃武装を廃し、対艦用の大型ヒートサーベルと小振りなヒートナイフを装備した格闘戦特化型。その特性上、バインニヒツとの連携運用が前提となる。
ドライセン
ネオ・ジオン開発の白兵戦に特化したドム。その完成度は非常に高い。

関連機[編集]

宇宙用高機動試験型ザク
機動戦士ガンダム 第08MS小隊』原作1話でアイナ・サハリンが搭乗したザク。リック・ドムの運用にあたって製作された試験型で、脚部がドムの物に換装されている。
高機動型ザク
コンペで争った機体。結果リック・ドムが採用され主力機に。

余談[編集]

  • TV版及び劇場版本編では、コンスコン隊の本機のパイロット達は名も無き男性(明確に顔も出ている)だったが、「機動戦士ガンダム THE ANTHOLOGY VOL.1」に収録の漫画作品「ジオン少女物語」では12人全員が女性であり、コンスコン自身が出資した施設出身の者もいた事になっていた。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]