エルメス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
エルメス
外国語表記 Elmeth
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
異名 ソロモンの亡霊
とんがり帽子
分類 ニュータイプ専用宇宙モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 MAN-08(MAN-X8)
全長 85.4 m
全高 28.1 m
本体重量 163.7 t
全備重量 291.4 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 14,200 kw
スラスター総推力 645,200 kg
最高速度 マッハ7.2
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 245,000 m
開発者 フラナガン博士
開発 フラナガン機関
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ララァ・スン
テンプレートを表示

エルメスは『機動戦士ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

フラナガン機関が開発したジオン公国軍の試作型モビルアーマー

完全なニュータイプ専用機として開発されており、搭載されたサイコミュ・システムで複数の無線式誘導兵器「ビット」を操作してオールレンジ攻撃を行う。

機体前部にはスペースの広いコクピットが存在し、内部のほとんどはコンソールで埋め尽くされている。また、高性能の緩衝装置が搭載され、パイロットを加速Gから防護している。

機体の制御もAMBACやアポジモーターではなくジャイロによるシステムを採用しており、重心を変化させる事で対応するようになっている。

なお、この機体のデータからキュベレイが開発されることになる(実際、プロトタイプキュベレイにはエルメスの名残が見られる)。

劇中での様相[編集]

劇中ではララァ・スンが搭乗し、ビットを使ってコンペイ島に駐留していた地球連邦軍の艦艇やモビルスーツを撃破している。この事からソロモンに棲む悪霊の仕業と思い「ソロモンの亡霊」と呼ばれ、恐れられるようになった。

その後、アムロ・レイガンダムと交戦し、シャア・アズナブルの駆るゲルググを庇って撃墜された。

連邦軍では本機を「尖んがり帽子[1]、ビットを「(尖がり帽子の)付録」というコードネームで呼んでいた。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
隠し要素でララァを説得する事で使用可能。宇宙用だが、地上でも使える。ミノフスキークラフトを装備しているのだろうか?
この時点では破格の射程6のビットを搭載し、レベルも高めのため削り役として非常に優秀。だが、オデッサシャアがいると思い、仲間から外れる点に注意。PS版でも扱いはほぼ同様だが、適応はBと少々低い。
第2次スーパーロボット大戦G
隠し要素でララァを説得する事で使用可能になるのは同様だが、地上では使えなくなった。仲間から外れる事も無くなっている。ただし、脆い上に火力も微妙。
第3次スーパーロボット大戦
原作同様にララァが搭乗し、交戦する場合は「必中」がないとなかなか命中させる事が出来ず、かなりの強敵となる。その後は一般兵が搭乗し、長射程のビットが強力であるが、HPはそれほど高くないので組し易い。
本作ではビット射出前に原作同様のSEが流れる。(アムロが「ラ、ラァ…?」と言うシーンで聞こえるコーラスみたいな音)
なお、最大の見せ場はオープニングデモでダイターン3と戦っているところであるが、何故か地上にいる。
第4次スーパーロボット大戦S
シナリオ「強襲! 阻止限界点」で、強化兵が乗る1機のみが出現。だが、ビットは使えない(パイロットの強化兵が特殊技能の強化人間を習得するレベルに達していないため)。オープニングデモで使用する場面が見られるのだが……。
スーパーロボット大戦F完結編
ララァは登場せず、ギレンらが乗艦しているドロスに大量に積まれていたのか、後半戦に複数登場する。正直、時代が逆行していると感じさせる扱いである。なお、公式武装に無いバルカンを装備。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
第22話「吹き荒れる風」クリア時に、ランダムで入手。ファンネル搭載機が出そろいつつある時期のため、無理に使う必要はない。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
第22話クリア時の総ターン数が171以上だと入手。5段階改造済み。攻撃力と射程は優秀なので、援護をからめた砲台として運用できる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
今回はデラーズ・フリート所属としてララァが搭乗。説得すれば仲間になるが、宇宙編のみなので注意。
仲間にする手順は「アムロがシャアとララァと交戦し、セイラがシャアとララァと交戦、そしてシャアのジオングを落として、説得する」事。
本作では最後まで使える機体とは言いがたい。なお、地上でも使用可能。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
ほぼ同じ扱いだが、敵時のHPが10000超えしており、攻撃力不足の序盤戦では苦労すること間違い無し。おまけにジオングガンダム試作2号機等の強敵も同時に相手にしないといけない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
移動力が高く、ビットの長距離攻撃は厄介。精神コマンドてかげんを所持しており、すばやさや空が飛べることを最大限に生かした戦いを行いたい。
なお、台詞はララァ・スンに対応してもので、HDリメイク版ではガンダム、フルアーマーガンダムジオング百式νガンダムサザビーらの面子には説得用の台詞がある。
変わった台詞として「靴をはいてなくても、動きは速いつもりよ」が有る。ゲーム「ファイナルファンタジーシリーズ」に登場する、行動速度が速くなるアイテム「エルメスの靴」が元ネタと思われる。
スーパーロボット大戦GC
序盤はララァ機が登場し、一連のイベントも再現。中盤からはララァの加入とともに使える。また強化一般兵も乗って登場し、こちらは捕獲可能。捕獲機の方のみ強化パーツが4つつけられる。今回も地上でも使える。
スーパーロボット大戦XO
ア・バオア・クーにおけるジオン軍及びギガノス軍との最終決戦において、クワトロの乗る百式がメガバズーカランチャーで、ガザCの大部隊を掃討する作戦で、エルメスのエネルギーを百式のメガバズーカランチャーに送るイベントが追加された。

関連作品[編集]

バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法
機動族の兵士の1人として登場。マップ兵器「ビット」を持つ。
ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ザコ敵。エルメスmk-2という上位種も登場する。
ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
ザコ敵。ビットを率いて現れ、本体を倒さない限りビットを無限に呼び出す。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

メガ粒子砲
本体に2門装備。
ビット
本機の主兵装で、本体の後部に10基(12基とする資料もある)搭載している。全長は8.4m。小型のジェネレーターが内蔵されており、主推進器となるバーニアと多数のアポジモーターが装備されている。また、モノアイも設置されている。これによって長距離攻撃やオールレンジ攻撃が可能となっている。しかし、長距離攻撃に関してはソロモンにおけるテストでパイロットに想定以上の負担と消耗を強いることが判明、以降はオールレンジ攻撃による前衛モビルスーツの援護を主眼に置いた運用が為されるようになった。
サイコミュ兵器はエルメスに搭載された「ビット」をベースとして、後にファンネル・ビットへと発展していく事となった。SRWにおいてこの手のオールレンジ攻撃が長射程なのはエルメスのイメージが大きい。

その他[編集]

バルカン
F完結編』で装備。公式設定には存在しないSRWオリジナル武装。

合体攻撃[編集]

光る宇宙
XO』。アムロ・レイG-3ガンダムとの合体攻撃。
ララァの導き
『XO』。シャア・アズナブルシャア専用ゲルググとの合体攻撃。

移動タイプ[編集]

飛行可能。しかし、本来は大気圏内での飛行性能は無い。

サイズ[編集]

L
全長・全高の項目を見ればわかる通り、実はかなりの大型機。ビグ・ザムサイコガンダムを軽く凌ぐサイズである。
この体格差を活用し、小破したシャア専用ゲルググを本機で引っ張って退却する場面もあった。

カスタムボーナス[編集]

全武器をP属性にする
A PORTABLE』。

機体BGM[編集]

「翔べ!ガンダム」
第2次』にて。
「颯爽たるシャア」
第2次G』『第3次』にて。
「哀・戦士」
A』にて採用。
「ララァ」
GCXO)』にて採用。「きらめきのララァ」のアレンジバージョン。

関連機体[編集]

ブラウ・ブロ
NT用MAの前身機。
キュベレイ
後継機。ビット兵器をMSサイズで扱うことを目的として開発された。結果としてビットの出力は犠牲になったが、小型のビットであるファンネルを多数搭載し、活躍した。
前述したが、前型機であるプロトタイプキュベレイ(SRW未登場)にはエルメスの名残が強く見られる。
騎士ガンダム
「霞の鎧」がエルメスモチーフ。

余談[編集]

  • 本機はガンプラが発売された当初は商品名をそのまま「エルメス」としていたが、同名ファッションブランドの商標と被ってしまっている(ただし、英語での綴りは異なる)ことから再販時に表記を変更、現在のガンプラ等では「ララァ・スン専用モビルアーマー」or「NT専用モビルアーマー」として発売している。
    • ガンダムビルドファイターズ』第16話ではこの件に触れられており、主人公の一人レイジが本機のガンプラの商品名に疑問を感じ、「これ本当にガンプラか?」と首をかしげる場面がある。直後に現れたイオリ・タケシ(主人公イオリ・セイの父)曰く「色々あるんだよその機体には!」とのこと。
    • あくまで商標の問題であり、SRWや他ゲームに一メカニックとして登場する場合の表記は「エルメス」のままが大半である。
    • その後「サザビー」でオークション会社との商標被りを再び起こしてしまっているが、こちらは商標のカテゴリが異なるためか特に配慮は行っていない。
  • 歌手・安室奈美恵氏の「Defend Love」のミュージックビデオでは、何と「(アニメ絵となった)安室奈美恵氏がピンク色に塗られたエルメスに搭乗して、アムロ・レイが駆るガンダムと戦闘を繰り広げる」光景が見られる。
  • 模型雑誌『電撃ホビーマガジン』の企画「ソロモンエクスプレス」では様々なオリジナル設定が登場したが、中でもエルメスに関しては「サイコミュの制御用として巨大な人工脳を内蔵していた」という衝撃の設定が与えられていた。無論オフィシャルでは無いのだが、ガンダム世界には本企画(1999年開始)より前に人工脳が登場する作品が存在している。
  • 小説版では一巻ラストでガンダムと相討ち。その後クスコ・アル(SRW未登場)が乗る2号機が登場し、G-3ガンダムと戦っている。

脚注[編集]

  1. 他に「チューリップ」とも。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]