レイジ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
レイジ
外国語表記 Reiji
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 國立幸
デザイン 大貫健一
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 アリーア・フォン・レイジ・アスナ
性別
出身 アリアン
所属 アリアン王国
イオリ模型
役職 ファイター
テンプレートを表示

レイジは『ガンダムビルドファイターズ』の主人公の一人。

概要[編集]

セイの住む街にぶらりと現れた謎の少年。当初は買い物の仕方や海がしょっぱい事、炭酸飲料の存在、世界的に有名になっているガンプラバトルも全く知らないと、一般常識を知らなかった。セイとの出会いも(その気はなかったが)売り物を盗んでしまった所を助けられる形で知り合っている。助けてくれたセイにお礼として不思議な石アリスタを渡し、セイが困っていたらどこにいようと必ず助けに来る事を誓い、セイがサザキとのバトルに負けそうになった所に現れ、代わりにバトルを行った。

ガンプラバトルに関しては完全な素人であったが、少々動かしただけでコツを掴む高いセンスを持っている。スタイルは格闘寄りで、初バトルでは(得物がなかった事もあり)体術だけでサザキのギャンを圧倒した。その戦い方がセイの理想した戦い方だったため、共に大会出場に誘われる。当初はガンプラバトルをただの遊びと考えており、大会出場の理由も自分を圧倒したユウキ・タツヤへのリベンジのためにすぎなかった。

気さくで義理堅い性格だが、一方でケンカっ早く、簡単に相手の挑発に乗ったり、ケンカに発展してしまう事が多い。その正体は「アリアン」という異世界の王子で本人は一切隠していないが、なかなか信じてもらう事は出来ずにいる。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2018年7月のイベント「銀河を創る想像力!」にて参戦。セイと共に二人乗りでパイロット扱い。イベント報酬のパイロットパーツはボイス付きとなっている。担当声優の國立幸氏は本作でスパロボ初参加となる。

パイロットステータスの傾向[編集]

精神コマンド[編集]

X-Ω
集中
「セイ/レイジ」名義。
 パイロットパーツ装備時
+、直感

人間関係[編集]

レイジの関係者[編集]

イオリ・セイ
相棒。当初は謎が多すぎる為疑問を持たれていたが、やがて最も信頼する唯一無二のパートナーとなる。
アイラ・ユルキアイネン
フィンランド代表のファイター。当初は肉まんを巡ってケンカになる。
その後もたびたび会う内に仲良くなっていき、最終的に彼女と結婚し子供を授かる。
イオリ・リン子
セイの母親。滞在中はセイの家に居候しているため、彼女に言われて模型店を手伝った事も。
イオリ・タケシ
セイの父親。彼によってガンプラ作りの楽しさを知る。
コウサカ・チナ
セイのクラスメート。
ラルさん
よくアドバイスを貰う。
少女
『アイランド・ウォーズ』の事件の鍵を握る少女。実はアイラとの間に生まれた娘。
ちなみに『ビルドファイターズトライ』の時系列と彼女の背格好を考える限りアイラはおそらく『ビルドファイターズ』最終回後間もなく妊娠している。…いくらなんでも手が早すぎるのではないだろうか。

ライバル達[編集]

ユウキ・タツヤ / 三代目メイジン・カワグチ
彼に敗北した事で大会出場を決める。
サザキ・ススム
彼の作ったギャンシリーズを圧倒する。
リカルド・フェリーニ
イタリア代表のファイター。修行に付き合ってもらった縁で仲良くなる。
キララ / ミホシ
勝つために手段を選ばない彼女の姿勢を気に入る。

祖国の関係者[編集]

マシタ
自分の世界に住む平民。レイジの正体を知っていたためか保身の為に彼をつけ狙うも全て失敗する。
尚当のレイジはマシタなど眼中になく、最終回までその正体を知らなかった。

名台詞[編集]

「おうよ!」
セイへの返答にして口癖。
「諦めんな! 前に、出ろ!」
第1話より。サザキとのバトルに負けそうになったセイの元に突然現れ、ピンチを救う。
「セイ、約束は守るぜ。お前のかわりに俺が戦う!」
そして、セイに代わってバトルを行う。最初はメチャクチャな動きだったが、すぐにコツを掴んだ。
「そうか、ついにアイツとやり合えんのか…あのユウキ・タツヤと。あの時受けた屈辱、今度こそ晴らしてやる。一族の名誉にかけてな。勝つぞ、セイ!」
第5話より。準々決勝で自分に屈辱を与えたユウキ・タツヤと戦える事を知り、闘争心を燃やす。しかし…。
「アイツは逃げた! 名誉も誇りも捨てて、俺らから逃げたんだ!!」
第6話より。突如、タツヤが出場辞退し、学校からいなくなった事を知り、自暴自棄になってしまう。
「あー、負けた負けた! 言い訳できねーくらいに負けちまったぜ」
その後、レイジの前に現れたタツヤとの私闘に完全敗北を喫するも、その表情は晴れ晴れとしたものだった。
「これが俺たちの!」
セイ「ガンプラだ!!」
第10話より。スタービルドストライクの初陣で、プラフスキーウイングを発動した際の決め台詞。
『GBF』が登場するゲームでは決め台詞として(少々改変して)採用される確率が高く、『X-Ω』でも必殺スキルのセリフとして採用されている。
「勝手なことばっかり言いやがって…!」
最終回にてマシタが自分の保身を案じた感情によってアリスタが暴走、プラフスキー粒子が会場内に充満し、そのことでレイジに泣きついてきた際の悪態。
そりゃあ自分があずかり知らぬところで勝手に被害妄想した末にレイジに刺客を送り自分達の決勝戦を台無しにした張本人が自業自得の事態を起こし泣きついてきたのだからこう言いたくなるのも仕方がない。なんだかんだでレイジも事態収束に協力してはくれるのだが、流石にキレたらしくマシタを直前までボコボコにしていた。

迷台詞[編集]

「気にすることねぇよ!」
海水浴回にて女性組の水着の感想を聞かれた際にチナに言い放った一言。リン子とチナの胸を比べて貧乳のチナに満面の笑みでこう言ったため当然彼女の怒りを買いビンタされた。こんなデリカシーの欠片もない男がよく後にアイラと結婚できたものである。

スパロボシリーズでの名(迷)台詞[編集]

「お前、呆れるくらいのガンダム好きだよな…」
『X-Ω』イベント「銀河を創る想像力!」にて、セイのガンダム馬鹿っぷりを見ての率直な感想。
それを聞いたセイは(むしろ?)のように「そんなに褒めなくても」と喜んだ。

搭乗機体・関連機体[編集]

ビルドストライクガンダム
セイが制作した専用機。
スタービルドストライクガンダム
大破したビルドストライクをセイが世界大会用に改修したガンプラ。
ビルドガンダムMk-II
ビルドストライクの予備機。一時搭乗した。
スターバーニングガンダム
『GMの逆襲』に登場。セイが新たに制作したレイジのためのガンプラ。
ビギニングガンダム
レイジが初めて制作したガンプラ。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]