高機動型ザク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
高機動型ザク
外国語表記 Zaku High Mobility Type
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 高機動型ザクII 後期型
分類 宇宙モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 MS-06R-2
頭頂高 17.5 m
本体重量 49.5 t
全備重量 75.0 t
動力 核融合炉
出力 1,340 kW
推力 55,000 kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 5,600 m
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
テンプレートを表示

高機動型ザクは『機動戦士ガンダム MSV』の登場メカ

概要[編集]

ジオニック社が開発したジオン公国軍の試作型モビルスーツ

ザクIIを宇宙用に再設計しており、見た目は脚部と背部が変更されただけのようにも見えるが、実際には内部構造が全面的に異なっているため、全くの別機体である。改良された脚部と背部にはバーニアが装備され、機動性が向上している。その分、推進剤の消費量も増加しているため、プロペラントタンクも追加された。

R-2型と呼ばれる機種はさらなる改良を加えており、性能も非常に高く、それ以前に開発されていたR-1型やR-1A型などとはもはや一線を画す機体となっていると言っても過言ではなかった。その事から、R-2型は「ザクの皮を被ったゲルググ」と言われている。本来はビーム兵器の搭載を前提にしていたが、ジェネレーターの出力に問題があったために実弾兵器を装備した同機が開発される事となった。

また、R-2型はコンペティションにてリック・ドムと次期主力機の座を争ったが、生産性の低さから不採用となった。のちに4機が製造され、その内の3機はジョニー・ライデン(SRW未登場)を初めとするエースパイロットに配備、残りの1機はゲルググの開発のために使用される事となった。

登場作品と操縦者[編集]

現在はR-2型のみで、ジョニー・ライデンなど本機のパイロットや他のバリエーションは未登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
第1部にてバーナード・ワイズマンベンメルコレクションシャア専用ザクを撃墜していると入手。回収されたシャア専用ザクをアナハイム・エレクトロニクス社が改造したという設定。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第2部のデータを引き継いでいると引き続き使用可能。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

シールド
右肩に固定装備されている実体盾。
ヒートホーク
接近戦用の斧。刃の部分から高温を発し、敵機の装甲を焼き切る。横腰部にマウント可能。
120mmマシンガン
通称「ザク・マシンガン」。上部にドラムマガジンを装備し、そこから給弾する。
ジャイアント・バズ
口径360mmの実弾兵器。ドムの物と同型。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

主な関連機体[編集]

ザクII
F型をベースに開発されたが、F型である程度あった陸戦能力は完全にオミットされた。
宇宙用高機動試験型ザク
リック・ドムの脚部の試験機。上半身は高機動型ザクが使われているらしい。
リック・ドム
コンペの競争相手だったが、生産性の低さから高機動型ザクが敗北。
ゲルググ
高機動型ザクのデータが開発に使われた。

商品情報[編集]

※R-2型ジョニー・ライデン機のみ記載。

  • プラモデル

  • フィギュア