シャア専用ザク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャア専用ザク
外国語表記 Char's Zaku
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
機種 ザク (指揮官機)
生産形態 専用機(色付け)
型式番号 MS-06S
頭頂高 17.5 m
本体重量 56.2 t
全備重量 74.5 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 976 kW
スラスター推力 51,600 kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 3,200 m
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
パイロット シャア・アズナブル
テンプレートを表示

シャア専用ザクは『機動戦士ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

ジオニック社が開発したジオン公国軍量産型モビルスーツ

シャア・アズナブルの専用機で、機体そのものは指揮官用ザクのカラーリングを赤に変更しただけである。赤色になった理由は「軍学校在籍時、シャアの成績に嫉妬していた教官がわざと彼の乗るザクを赤くするも、シャアは逆に喜んで受領した」とされている。

「通常の3倍の速度」 [編集]

劇中ではシャアのエースパイロットとしての優れた技量と相まって高い機動性を誇っており、その事から「通常の3倍のスピード」と言われ、恐れられた。無論、実際に3倍のスピードで動いていた訳ではなく、その言い伝えについては「小惑星や残骸を蹴っていた」等の諸説有るが、真偽は不明である。

もっともらしい説としては、例えば時速100kmで逃げるMSを時速110kmで追えば「相対速度は時速10km」となるが、時速130kmで追えば「相対速度は時速30km」となり、「追われる側からしてみれば3倍の速度」である[1]。1.3倍増し程度の出力ならば、高級機・カスタム機において実現不可能ではないレベルだろう。

また、シャアの異名である「赤い彗星」の由来も、上記の伝説から来ている。この機体以後、ザクIIの高機動型が幾つも開発されていくが、その高い機動力に通常のパイロットは付いて来れず、エースパイロット向けの機体となった。

登場作品と操縦者[編集]

SRWでは本人が搭乗した機体と、ザク改に色を塗っただけの機体の2種類が登場する。シャアが後者の機体に搭乗した事は設定上はなく、機体グラフィックの使いまわしに因るものである。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初登場作品。DC所属。原作通りシャアが乗る。
第2次スーパーロボット大戦G
シャアが乗り、中ボスとして登場。
第3次スーパーロボット大戦
DC所属。SFC版は量産型ザクの色違いグラフィックで登場したせいで角が無い。単なるグラフィックの都合というだけでなく、後述の『電視大百科』により本当に角が無いという公式設定になってしまった
後年のSLGゲーム『ギレンの野望シリーズ』や安彦良和氏の漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、士官に出世する前のシャアが本当に「角の無い赤色のザクに乗っている」という偶然の一致を見ている。
スーパーロボット大戦F完結編
隠しユニット。本作では「シャア専用ザクII」名義。
バーニィが入手条件に関わっているせいか、単純にザクのデータが無いためか、実際はザク改に角をつけたモノ。とはいえ本作ではそのザク改のグラフィック自体ザクそのものなのだが。
ちなみに移動力は本当にザク改の3倍である(ザク改4:本機12)。ついでに運動性もおよそ3倍弱で、なんとガンダムF91より高い。
入手時のクワトロ曰く「私がロンド・ベルと戦っていた時に乗っていた機体」らしいが、その割には性能差が大きすぎるような……。シャアのDC離脱後に改造されたのだろうか?
機体性能自体は終盤でも通用する程高い……が武装はザク改と全く同じで貧弱なのが難点。しかし終盤のマップでは規定ターン以内に目的地を目指したり、あるいは救助対象がいるために囮役が必要になったりなど、本機の活躍の場は意外と多い。
全スーパーロボット大戦電視大百科
『第3次』と『F完結編』のシャア専用ザクがそれぞれ別の項目で紹介されている。「『第3次』の方は角が無い事、『第3次』と『F完結編』では性能差が大きすぎる事により別機体の可能性がある」という設定。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
『第2次』版と『第3次』版が登場。名義が「ザクII」に変更されている(「シャア専用ザクII」ではない)。
『F完』版とは異なる新規のグラフィックが用意され、『第3次』版にもちゃんとアンテナがある。ただしロボット大図鑑の解説ではザク改の色違い扱い。
この他DISK2のバーチャルスタジアム用チーム「ZAKU」にも所属している。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
隠しユニット。こちらもザク改を赤く塗って角を付けたもの。条件を満たすとジュドーが搭乗する(条件を満たさなかった場合はドーベン・ウルフ)。
この時、クワトロはアクシズで監禁されていたので、アムロがものすごく動揺する。また、ジュドー本人はシャアが乗っていたS型ではなくザク改と同じFZ型の事をネタにしており、「レプリカかジョニー・ライデン機(SRW未登場)ではないだろうか?」と思っていた。
旧式なだけに攻撃力は低いが、運動性が非常に高く、全ての武器を移動後に使用可能である為、中々使いやすい。何故か地形適応が異常に優秀で海A。移動適応が無いとはいえ、今回登場しない別の専用機の立場があったものではない。
ちなみにザク改よりENが3倍、運動性が2倍、装甲値が1.5倍高い。しかしHPは2100とザク改に毛が生えた程度なので、一発でも攻撃を喰らえば致命傷、あるいは撃墜も見える。
OPムービーにも登場しガンダムとつばぜり合いをしているが、こちらは頭部の形状からS型である事が確認できる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
HPが増えたが装甲が低下、240ミリバズーカの攻撃力が増したが、移動後使用不可になりその他武器の攻撃力も低下…と微妙な調整がなされている。
逆にドーベン・ウルフが敵補正でとんでもない性能になっているため、ザクを選ぶ価値はかなり低くなったと言わざるをえない。PS版とは異なりS型扱いでジュドーにも本物扱いされている。ロボット大図鑑の解説が新規のものになっている。
スーパーロボット大戦α外伝
ユニットとして登場しないが、黒歴史の映像で一年戦争時のガンダムとの対決が流された。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シーン1でボスとして登場するシャアの愛機。アムロでシャアを説得すると入手可能。ショルダーアタックが命中率が高く使いやすい。ザクバズーカも強い。敵時の場合はバズーカの射程の穴を狙いたいが、マシンガンなども序盤のABやMSに大ダメージを与えてくる。アムロやショウで早めに撃墜しよう。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
基本的にはモノクロ版同様だが、入手できなくなった。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
ベンメルコレクションとして登場。しかし、手に入らない。バーニィで撃墜すると、第2部で高機動型ザクに改造されて自軍に配備される。
スーパーロボット大戦IMPACT
地上編の「裏切りのコレクター」において、コマンダー・ベンメルを10EPまで生かしておくと敵としてG-3ガンダムと共に出現。これをバーニィで撃墜すると、そのシーンが終わるインターミッションで入手。同時に手に入るG-3と比較して継戦力で劣るが、MSが絶対的に不足する第1部では重要な機体である。アムロカミーユ・ビダンを乗せておきたい。
改造次第で第3部でも使っていけるので、モビルスーツに恵まれていないバーニィやノリス・パッカードを乗せても良い(もっとも、格闘が高い彼等はシャアザクよりもG-3ガンダム向きなのだが)。運動性と武器の改造を重点に置き、強化パーツで底上げしておけば、まさに鬼の如き強さになる。
ちなみに機体と武器のグラフィックは『α』からの流用でザク改に指揮官用のツノ(アンテナ)をつけ機体色を赤にしたものである。ザク改にはない武器やショルダータックルのアニメのみ新規。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
ボスユニットとして第7話に登場。シャア(グラフィックはクワトロ時の素顔)の乗機で、序盤に登場する割には結構強いので要注意。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
勿論シャアが乗るのだが、クワトロが仲間になった際に他のシャア専用機と共にホワイトベースの格納庫に何故か転がっている。…正体隠す気があるのだろうか?
機体性能としてはほとんどの点でザクよりも優秀で、何故か地形適応も宇宙がSになっている(大概は片方がA止まり)。武装にもEN・弾薬無消費で射程のあるショルダーアタックが追加されており、改造次第では十分戦力になる。
スーパーロボット大戦Operation Extend
序章から早速シャアが乗って登場。シャアの持つ二連撃とヒートホークのファイヤ特性のため火力が意外に高く、まだニュータイプ覚醒する前のアムロという条件も重なり、原作もかくやのプレッシャーを味わう事になる。以降も第2章までシャアが乗ってくる。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
シャアの戦闘時における姿で、冒頭のイベントバトルにて敵として登場。「シャアザク」名義。角は無い。
リアルロボット戦線
名称表記は「ザクII 赤」。自軍が最初から所有しているが、より強力な機体も揃っているため、わざわざ使う必要は無い。なお敵としては登場しない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

キック
文字通り「脚部で蹴りつける」攻撃手段。後の作品においてもオマージュされている程、視聴者の印象に残る攻撃手段である。
実は劇中でこの攻撃が直撃したのは、ガンダムとの初遭遇の時だけである。それでもなお、さほどのダメージを受けた様子の無いガンダムにシャアは驚愕していた。
ショルダーアタック
武装ではなく、スパイクの付いた左のショルダーアーマーで体当たりを行う技。作品によっては「体当たり+原作でガンダム相手に使用した飛び蹴り」のコンボをお見舞いする演出も。

基本装備[編集]

シールド
右肩に固定装備されている実体盾。強度はさほどでもなく、流れ弾対策程度のもの。劇中では、ガンダムのバルカン砲を受けただけで機体ごと反動で弾かれている
ヒート・ホーク
接近戦用の斧。刃の部分から高温を発し、敵機の装甲を焼き切る。対モビルスーツ戦を意識して、キシリア・ザビが提案した事がきっかけで装備される事となった。横腰部にマウント可能。
120mmマシンガン
通称「ザク・マシンガン」。本機の主兵装で、上部にドラムマガジンを固定しそこから給弾する。実は、口径だけならばガンタンクの主砲と同スケールという、機関砲系武装としては破格の大口径である。
しかし、ガンダムの装甲に対してはかすり傷一つ負わす事ができなかったため、初対決以降シャアはガンダムとの戦闘が予想される状況ではザクバズーカを装備して出撃している。
SRWではザク改のグラフィック流用版の場合、こちらもMMP-80マシンガンの外見になっている。
280mmバズーカ
通称「ザク・バズーカ」。元々は核弾頭発射用に開発されていたが、南極条約締結後は通常の弾頭が使用されている。
通常弾頭でもガンダムのシールド(ガンダムの装甲と同じ材質で三重構造)をあっさり破壊する程の威力が有り、アムロもこの武装に対しては警戒を怠らなかった。後腰部にマウント可能。

オプション装備[編集]

シュツルムファウスト
使い捨ての無誘導ロケット推進弾。OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO』(SRW未参戦)で使用。
IMPACT』では、射程7のP武器で装弾数も6と優秀な武器になっている。切り払いに弱い事が難点。
クラッカー
炸裂弾式の手榴弾。腰部にマウントしており、マニピュレーターで投げて使う。主に陸戦で使用される。
劇中ではシャアがこれを使用した事はなかったが、一部のゲームで装備している事がある。
マゼラトップ砲
マゼラトップの主砲を取り外し、モビルスーツ用の携行兵装に改良したもの。こちらも劇中では使用した事は無いが、一部のゲームで装備している事がある。
ハンドグレネード
ザク改が使用するものと同じタイプの手榴弾。
SRWではグラフィック流用の関係上装備している事がある。
流用ではないPS版『第2次』『第3次』でも使用するが、有射程P武器のため注意。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

Mまたは3(OE)

機体BGM[編集]

「砂煙の彼方に」
OE』で採用された「颯爽たるシャア」っぽいオリジナル曲
「『OE』の版権契約では「颯爽たるシャア」を使用できなかったためにオリジナル曲になったのではないか?」とも噂されているが、真相は不明。

対決・名場面[編集]

ガンダム
TV版・劇場版共に、幾度と無く激闘を繰り広げた相手であるが、シャアの卓越した技量故に(初戦闘で奇襲的に撃たれたバルカン砲をシールドで防いだ事を除いて)ザク本体は一度も被弾していない(逆に、ガンダムの方は被弾はするが傷が付かなかった)。
ガンタンク
岡崎優氏の冒険王で連載された漫画版では、背後を取ってから投げ飛ばし、ダウンさせた。

余談[編集]

  • シャア専用ザクが赤いカラーリングになった理由は、「『機動戦士ガンダム』制作当時のサンライズに赤い絵の具が大量に余っていたから」という裏話がある。
    • その為に『1st』の色合いは赤いものが多いが、『機動戦士Ζガンダム』の頃にも余っていたらしく、それ故に「赤の特別性が薄くなった事が百式の金色設定に繋がった」とされている。
    • また、コンピュータゲームプラモデルでは「渋い色調の赤にカラーリングされている」事も多いが、原作ではピンク色に近い赤色である。
    • 漫画作品『SDガンダムフルカラー劇場』では、「赤ではなく、ピンクと茶色のタラコ色ザク」呼ばわりされた。
  • シャア専用ザクは、アムロ搭乗のガンダムの攻撃も含めて一度も被弾した事が無い。そのため、「シャア専用ザクに搭乗していた頃のシャアが一番強かった」等とネタで言われる事が有る。
  • 旧作のロボット大図鑑では厳密にはザク改のカスタム機でシャアが乗っていないため、「ザク改改(笑)」(原文ママ)とも解説された事もある。
  • 一部ゲームでは、戦争初期は「角の無い赤いザク」に乗っていたという設定にされた事があったが、あくまでもゲーム内の独自設定であり、OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO』(SRW未参戦)で戦争初期に「角の有る赤いザク」が登場した。

脚注[編集]

  1. 実際、「通常の3倍の速度」発言をするのは、シャアに攻撃を仕掛けられている側である

商品情報[編集]

プラモデル[編集]

  • 1/144、1/100

  • その他

フィギュア等[編集]

資料リンク[編集]