鋼鉄ジーグ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
鋼鉄ジーグ
外国語表記 Steel Jeeg
登場作品
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
パイロット司馬宙を参照)
テンプレートを表示
スペック
全高 10 m
重量 12.5 t
エネルギー 磁流波エネルギー
出力 75万馬力
装甲材質 鋼鉄
内蔵機体 ジーグヘッド司馬宙
開発者 司馬遷次郎
所属 ビルドベース
テンプレートを表示

鋼鉄ジーグは『鋼鉄ジーグ』『鋼鉄神ジーグ』の登場メカ

概要[編集]

司馬遷次郎博士が対邪魔大王国用に開発したマグネロボット。

サイボーグとなった司馬宙が頭部に変形し、専用の支援戦闘機ビッグシューターから射出されたパーツと磁力で合体する(この合体はビルドアップと呼称する)。ビッグシューターとの連携を前提としており、同機から様々なパーツや武装の供給を受けることで、戦闘中でもあらゆる状況に対応できる柔軟性を持つ。

なお、『鋼鉄神ジーグ』に登場した際は頭が宙である事を表現する為か、真ゲッターよろしく瞳が付いている。団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』の後書きで石川賢が描いた真・ジーグと似ている部分もあり(こちらもやはり瞳が付いている。なお、頭しか描かれていない)、元ネタだという意見もあるが、真偽は不明。

先述の通り身長10mと設定されているが、実際の作画では明らかに数十m以上はあるだろう巨体として(ハニワ幻人共々)描かれる事も多かった。

登場作品と操縦者[編集]

SRWでは、スーパー系でありながらまさかのSサイズということでプレイヤー各位から驚かれた。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
初登場作品。「避けるスーパーロボット」という今までにないカテゴリーで、システム的にも僚機のビッグシューターがいないと使えない武器があったり、パーンサロイドモードへの換装方法が特殊だったりと意欲的な試みが取り入れられていた。パーンサロイド以外の形態は未採用。
だが(設定上しょうがないとはいえ)元々の武器の威力が他のスーパーロボットに比べて低いことに加え、よりにもよってダメージのサイズ差補正が初採用された作品で登場となった為、火力の低さで苦戦する事となった。更に運用上ビッグシューターと同じ小隊に導入しなければならないのにパーンサロイド入手までは地形対応がマッチしないこと、小隊長能力が邪魔大王国への攻撃力アップなので、序盤で邪魔大王国との決着がついてしまうと早々と死に技能と化すなどやたらマイナス面ばかりが目立ってしまった。結果、邪魔大王国退場後は倉庫番になるか、良くて加速要員としての小隊員運用だろう。
第3次スーパーロボット大戦α
小隊長能力サイズ差補正無視のおかげで、前作に比べ攻撃力が大幅に高まった。ただし、小隊員に回ってしまうと火力がガタ落ちしてしまう。完全に小隊長向け。今回は任意もしくは撃墜時にジーグヘッド分離できるようになり、1MAPに一度だけ元の鋼鉄ジーグに再合体も可能なので、万が一撃墜されても安心。
ビッグシューターとの地形適応の噛み合わなさは前作から相変わらずで、鋼鉄ジーグが最大火力を出すにはパーンサロイドが不要だが、パーンサロイドが無いと空が飛べない(ビッグシューターは移動タイプが「空」)ので、鋼鉄ジーグを小隊長として使うなら、鋼鉄ジーグにミノフスキークラフトを付けるか、ビッグシューターに防塵装置を付ける必要がある。ただし、鋼鉄ジーグはパーンサロイドを装着すれば空を飛べるので、わざわざ数が少ないミノフスキークラフトを与えるのは勿体無い。余りがちな防塵装置をビッグシューターに付ける方が現実的だろう。これは前作でも同様。

携帯機シリーズ[編集]

鋼鉄神ジーグ』版設定。

スーパーロボット大戦K
『鋼鉄神ジーグ』版設定で初登場。本作では新旧の鋼鉄ジーグが同時に登場する為、宙の旧ジーグは磁偉倶という表記になっている。特殊能力として「銅鐸パワー」が追加された。復活後の旧ジーグが劇中で使用していない武器も使用できる。
スーパーロボット大戦L
『K』と同じく磁偉倶名義で、特殊能力の銅鐸パワーを持つ所も同様。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
序章ワールド1から登場。『第3次α』以来の旧作版設定。攻撃&命中タイプ。
ユニット全体の傾向として必殺技発動可能までの要求アクション数が短く、必殺技の使用回数も多いためどんどん必殺技を使っていけるのが強み。
特にスピンストームとダイナマイトキック(S)を二つ装備した場合射程4~5の必殺技を毎ターン連発可能で、当てるたびにアビリティの効果でジーグが強化されていくのが特徴。特に照準値が強化されていくのでメインシナリオでクロスオーバーが多いデーモンとの戦いで有利に戦うことができる。
欠点は性質上所持SSR数に強さが依存されてしまうことと、防御面は脆いこと。上記の点を踏まえて見ると射程が1のジーグブリーガーはユニットと相性が悪い。
オートで運用するのであれば間合いを詰めてしまうジーグブリーガー、ダイナマイトキック、ナックルボンバーをあえて外し、ダイナマイトキック(S)のアビリティ「磁流波エネルギー全開」で常に射程4から攻撃する遠距離ユニットとしてやるとかなり安定する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体装備[編集]

ナックルボンバー
「必殺パンチ」。組んだ両拳を敵目掛けて撃ち出す。ハニワ原人の手足を簡単に吹き飛ばす威力を持っており、連射もできる。その際は次弾が手首から生えてきている。なお『ゲッターロボ號』に登場するゲッター號も全く同じ武装を装備している。
『L』では非採用。『DD』ではR必殺技として採用。メインアビリティは「ガッツI」で、HPが25%減少する毎に、攻撃力が増加する。サブアビリティは「攻撃力・照準値アップI」。
ダイナマイトパンチ
ナックルボンバーが「拳」を飛ばすのに対して、こちらは前腕部までを含めた「パンチ」を飛ばす。
「αシリーズ」ではパーンサロイド形態時で使用。『K』『L』ではナックルボンバーが無くこちらだけ採用されている。新ジーグが採用しているナックルボンバーに比べてわずかに威力が高いだけでほぼ同じだが、ナックルボンバーが弾数制の武器なのに対しダイナマイトパンチはEN消費武器と言う違いがある。『L』では殆どの場合PUを組むであろうビッグシューターがEN+のボーナスを持つ上に補給装置持ちなので、実質的に無制限に撃てる。
ジーグビーム
目から発射する光線、頭部だけになっても使用可能。
「αシリーズ」ではPLA武器。『DD』では通常攻撃に使用。照射されている光線の原理が不明のため特殊属性と思いきや名前からかビーム属性である。
スピンストーム
「ひみつの兵器」。腹部から放つ光線。
「αシリーズ」では全体攻撃だが、命中補正が低いのが難点。また、移動後に使えず射程もそれほど長くない上、攻撃力も低め。燃費も悪くビッグシューターのフォローがあっても厳しい。この武装の性能のせいで、ザコ戦には向かない機体になっている。
ただそれでもジーグ単体で使える武器の中では射程が最も長く、反撃時にはあると便利な武器ではある。
『DD』ではSSR必殺技として採用。メインアビリティは「マグネットパワー」で、攻撃力が増加する。さらに必殺技命中時、2アクションの間、照準値が増加する。サブアビリティは「必殺技威力アップIII(特殊)」。
ジーグブリーカー
「マグネットパワー・オン!」の掛け声と共に磁力を発して敵と自身を引き付け、ベアハッグ(鯖折り)の要領で両腕と磁力の引き合う力で敵を締め付け粉砕する。マグネットロープ(SRW未採用)で拘束してから使うバリエーションもある。
10mでありながらもはるかに巨体な宇宙怪獣や戦艦であろうとも絞め殺すのはSDサイズのスパロボならではである。Scramble CommanderシリーズやACEシリーズでは無理だろう。戦闘アニメ中に「この野郎っ!ジーグブリーカー!死ねぇっ!!」と叫ぶ事があり(ハニワ幻人や邪魔大王国の機体に対して使った場合)、強烈なインパクトを残す。
第2次α』ではマッハドリル追加までの最強武器ではあるのだが、スピンストームに次いで燃費が悪く、ジーグ・パーンサロイドでは本武装と同威力の無消費武器・ジーグランサーが加わるため、後半では使用機会が無くなってしまうだろう。『K』『L』ではダイナマイトキックから膝蹴り、拳の連打と繋いだ後使用し、トドメ演出で「次の相手はどいつだ」と文字が出る。ちなみにこの連携は、IMPACTバイカンフーのゴッドハンドスマッシュと同じ組み合わせである。
『DD』ではSSR必殺技として採用。メインアビリティは「磁流波エネルギー」で、攻撃力と照準値が増加する。サブアビリティは「攻撃力・照準値アップIII」。

オプション装備[編集]

ジーグバズーカ
片腕を切り離し、ビッグシューターから射出されたバズーカを装着して射撃する。あまり知られていないが、バズーカを主役ロボットの武器としたのは鋼鉄ジーグが最初である。
主に反撃で手数を出す時に使用する。鋼鉄神では使用シーンが無いためか、そちらで参戦した場合は未採用。
マッハドリル
腕をビッグシューターから射出された2つのドリルに換装し、敵めがけて突進・貫通する。パーンサロイドモードでは使用できない。
本機の最強武装であり、対ボス戦の切り札でもある。『第2次α』では数値上の攻撃力自体は上位ガンダムタイプの必殺技にも匹敵するのだが、小サイズによるマイナス修正が大きく対ボス要員には向かなかった。『第3次α』では小隊長能力による補正との追加で火力が大きく向上し、更にバリア貫通能力も追加された。『K』と『L』では特殊合体攻撃扱いで相棒を必要とし、しかもジーグ単体で使える「ジーグ・パーンサロイド」に威力が劣る。ただしこちらは弾数制でENを消費しないと言う特徴がある。また、パートナーユニットシステムが採用されており雑魚にも援護防御で粘られる事が多いこの2作では「合体攻撃に対しては援護防御が発動しない」と言う仕様により合体攻撃である事がメリットになる事もあり、単純に攻撃力を見てパーンサロイドを使うよりも有効な場面は多い。
本武装で倒すと『第2次α』以外の作品ではトドメ演出が挿入される。『鋼鉄神ジーグ』版での参戦である『K』『L』のトドメ演出では宙と美和のカットインが挿入され、若かったころの美和が見れる。

換装攻撃[編集]

ジーグ・パーンサロイド
何処からともなく飛んできたパーツを用いてジーグ・パーンサロイドに換装してジーグランサーで攻撃する。
武装としては『K』、『L』で使用。『鋼鉄神』本編では回想シーンのみの存在だった。『K』や『L』では換装がないための仕様だが、ビッグシューターは不要で、磁偉倶単体の必殺武器扱い。
ジーグバックラー / スカイパーツ換装(スカイジーグ) / アースパーツ換装(アースジーグ) / マリンパーツ換装(マリンジーグ)
いずれもSRW未採用。

必殺技[編集]

ダイナマイトキック
いわゆる飛び蹴り。基本的にはジーグブリーカーなどの技演出に組み込まれて使用する。
単体武器としては「αシリーズ」と『DD』にて採用。『DD』ではSR必殺技。メインアビリティは「必殺技威力・照準値アップII」で、気力120以上の時、必殺技威力と照準値が増加する。サブアビリティは「必殺技威力アップII(打撃)」。
ダイナマイトキック(S)
『DD』でのSSR必殺技。打撃属性。ナックルボンバー3連射からダイナマイトキックに繋ぐ連続攻撃。
メインアビリティは「磁流波エネルギー全開」で、攻撃&命中タイプのMAP兵器以外の最大射程が1増加する。気力130以上のとき、命中率、全ての攻撃の与ダメージが増加する。ダイナマイトキック(S)命中時、攻撃力・照準値が増加する強化効果を自分に付与する。サブアビリティは「攻撃力・照準値アップIII」。

合体攻撃[編集]

ダブルスピンストーム
新ジーグとのスピンストーム同時攻撃。『K』で採用されたが『L』ではオミット。

特殊能力[編集]

換装
第2次α』『第3次α』で採用。ジーグ・パーンサロイドに換装する。通常の換装と違い、マップ上でビッグシューターが同一小隊にいるか、別小隊で一定距離以内にいないと行えない。実質的に変形扱い。
K』『L』では換装がシステム的に廃止されたため、ジーグ・パーンサロイドはただの武器扱いに変更された。
銅鐸パワー
K』『L』の磁偉倶で採用。気力が130以上になると最終与ダメージが25%アップし、最終被ダメージを25%軽減。さらに、命中率・回避率がそれぞれ+10%される。
分離
ジーグヘッドに分離する。採用されているのは『第3次α』のみ。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

L
  • 初期:照準値+5 格闘武器+100
  • 5段階:照準値+15 格闘武器+200
  • 10段階:照準値+25 格闘武器+300 移動力+1

機体BGM[編集]

鋼鉄ジーグ[編集]

「鋼鉄ジーグのうた」
「ひろしのテーマ」

鋼鉄神ジーグ[編集]

「STORMBRINGER」
「Dead or Alive」

関連機体[編集]

ジーグ・パーンサロイド
ビッグシューター
鋼鉄ジーグ専用のパーツを射出する支援戦闘機。
鋼鉄ジーグ (新)
鋼鉄神ジーグ』に登場。同作主人公草薙剣児がビルドアップする。
真・ジーグ
団龍彦の小説『スーパーロボット大戦』で、挿絵を担当した石川賢が「どうせならジーグやグロイザーにも出てほしかった」とコメントし、後書きで書いた機体。描かれたのは頭部のみ。

余談[編集]

  • 放送当時にリリースされた玩具は、関節部に実際の磁石を採用することにより高い可動性と分離合体を再現していたが、基本的に家屋の中で遊ぶ事が内々で推奨されていた。その理由は「砂(正確には砂鉄)とくっついてしまうから」である。迂闊に砂場に持ち込んだ子供達はエラい目に遭っていた。

商品情報[編集]