ジーグ・パーンサロイド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジーグ・パーンサロイド
外国語表記 Jeeg Pantheroid
登場作品
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
内蔵機体 ジーグヘッド司馬宙
開発者 司馬遷次郎
所属 ビルドベース
テンプレートを表示

ジーグ・パーンサロイドは『鋼鉄ジーグ』『鋼鉄神ジーグ』の登場メカ

概要[編集]

鋼鉄ジーグが、ビルドベースから射出される白馬型の大型パーツ・パーンサロイドと合体した形態で、「パーンサロイド、スルー・イン!」のコールと共に合体を遂げる。

その姿は、ギリシア神話に出てくるケンタウロスを彷彿させる。

登場作品と操縦者[編集]

原作ではパーツが巨大すぎる為、ビッグシューターから発射する事は不可能だが、SRWに於いては設定的にアレンジが施されている。また、独立した戦闘行動をとる事も可能だが、あくまで強化パーツ扱いである為この設定は再現されていない。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
中盤を過ぎた頃に入手。移動タイプにが追加され、移動力が上がるので、火力に難がある鋼鉄ジーグは常時この形態のままで良い。武装面でもこちらの方が使い勝手に優れる。
第3次スーパーロボット大戦α
前作よりは早く入手可能。鋼鉄ジーグの火力が底上げされたので、対ボス戦ではパーンサロイドを外すという使い分けが重要。小隊長として使用しないなら、常時パーンサロイドで問題無い。一部の武装も射程が伸び、使い勝手がより向上した。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
「磁偉倶」の技の演出として登場。
スーパーロボット大戦L
Lと同様。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

鋼鉄ジーグと共用する武装も多いが、ジーグブリーカーやマッハドリルなど一部の武装は使用できなくなる。

本体装備[編集]

ナックルボンバー
組んだ両拳を敵目掛けて撃ち出す。
ダイナマイトパンチ
ナックルボンバーが『拳』を飛ばすのに対して、こちらは前腕部までを含めた『パンチ』を飛ばす。
αシリーズではパーンサロイド形態でのみ使用。ナックルボンバーより移動後射程が長いため使い勝手が良くなる。
ジーグビーム
目から発射する光線。
パーンサロイド・ミサイル
パーンサロイド胴体から突き出た2つのパーツに搭載されたミサイル。
射程や総弾数などでジーグバズーカを上回っている。
スピンストーム
腹部から放つ光線。
パーンサロイド形態での最強武器。換装前よりも若干威力は上がっているが、マッハドリルには及ばない。
ジーグブリーカー
パーンサロイド形態でも使用可能。SRW未採用。
ジーグランサー
手持ちの槍。
槍を取り出して敵に駆け寄り、突き刺した上に投げつける。無消費武器だが威力はジーグブリーカーと同等。

オプション装備[編集]

ジーグバズーカ
ビッグシューターから射出されたバズーカを発射する。

特殊能力[編集]

変形
分離

移動タイプ[編集]

飛行可能。αシリーズでは空Sになるため空中戦の方が得意。

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「鋼鉄ジーグのうた」
「ひろしのテーマ」

関連機体[編集]

鋼鉄ジーグ / 磁偉倶
ビッグシューター
鋼鉄ジーグ専用のパーツを射出する支援戦闘機。
ギャオ
パーンサロイド形態での初陣相手であるハニワ幻人

余談[編集]

  • 当初は白馬型ではなく、ジーグヘッドに酷似したフェイスを具える真紅の猛獣型メカとしてデザインされ、『テレビマガジン』誌上でもイラストが公開されている。なお、猛獣型支援メカとの合体という発想は後年の『鋼鉄神ジーグ』において、新ジーグのバルバジーグ形態で採用された。
  • ロボットガールズZではパーンサロイドが独自のキャラクターとして登場した。