鋼鉄ジーグ (新)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
鋼鉄ジーグ
外国語表記 Steel Jeeg
登場作品 鋼鉄神ジーグ
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 スーパーロボット
開発者 司馬遷次郎
パイロット 草薙剣児
テンプレートを表示

鋼鉄ジーグは『鋼鉄神ジーグ』の登場メカであり、同作の主役メカ。

概要[編集 | ソースを編集]

ビルドベースが作り上げた新たな鋼鉄ジーグ。

旧ジーグはサイボーグである司馬宙がそのまま磁偉倶頭部になるのに対し、新ジーグはバイクの雷鋼馬が変形しジーグのコックピットとなりそれが頭部に装着される。つまりごく普通のパイロット搭乗型のスーパーロボットである。

この機体にも頭部に銅鐸が埋め込まれており、銅鐸パワーを使うことが出来る。

各形態[編集 | ソースを編集]

マリンジーグ
列車砲ギガシューターから発射されるマリンパーツを装着した海上・中戦用形態。マグネットストーム、マリンミサイルなどを使う。SRW未実装。
スカイジーグ
列車砲ギガシューターから発射されるスカイパーツを装着した高速戦用形態。鋭い翼で斬りつけたり、ミサイルで攻撃する。SRW未実装。
アースジーグ
列車砲ギガシューターから発射されるアースパーツを装着した地中戦用形態。ジーグ自体を巨大なドリルタンクにして敵を体内から突き破る。SRW未実装。
バルバジーグ
ジーグの上半身と破瑠覇が合体し、ゴーゴン大公のような外観となる。
鋼鉄神ジーグ
最終回で新ジーグに旧ジーグの銅鐸とバルバが合体した姿。怒りで銅鐸の力を暴走させ、悪鬼と化した剣児が宙の銅鐸を受け取り、つばきの声に答えて変貌した。高速で飛ぶ際は背中から後光を発する。遷次郎曰く「まさしく鋼の神」。SRWでは合体攻撃で再現。

なお劇中では通常形態は単に「鋼鉄ジーグ」と呼ばれているため本ページでもその呼称となっているが、公式サイトでは通常形態の名前も「鋼鉄神ジーグ」となっており、フィギュアなどの関連商品でも同様である。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。序盤で仲間になるがストーリーが進むに連れ新武装が追加されていくため、火力不足に陥ることは無い。それどころか最終的には本作唯一のカンスト武器を得て、銅鐸パワーと剣児の魂も合わさり、6桁台のダメージを易々と叩き出す超強力ユニットと化す。支援パーツを発射できるビッグシューターとPUを組むのが妥当な編成か。宇宙戦が苦手な機体が多い本作で宇宙Aなのも重要な点である。
スーパーロボット大戦L
前作に引き続き登場。今回はバルバとの対決やマッハドリルの習得がイベントとして再現され、ストーリ上はかなり扱いが良くなった。性能はKとほぼ変わらず。最強武装の攻撃力が若干弱体化し、額面上の最大攻撃力はラインバレル mode-Cに譲ってしまったが、魂と銅鐸パワーを併せた一発の威力は最高を誇る。銅鐸パワーに命中率アップの効果が追加されたため、命中率が改善された。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スパロボ学園
スーパーロボット大戦Card Chronicle
スーパーロボット大戦DD
2章Part2より追加参戦。回避特化タイプ。鋼鉄ジーグとの区別のため、シナリオ中と略称表記では「ジーグ」と表記される(図鑑のみ正式名称が記載)。
回避特化型でありながら攻撃・命中タイプの鋼鉄ジーグを上回る攻撃力を持ち、パイロット・機体共に弱点属性で攻撃を行うと与ダメージ増加のアビリティを所持しているので適切に運用すれば実質攻撃・回避タイプのような運用が可能。
他に戦闘回数や気力120以上で運動性が増加するアビリティを多く持つが、逆に言うと最初から全力を出すことができない。攻撃力はあるので迎撃戦など長期戦で輝くユニットと言えるだろう。
パイロットの剣児が最初から不屈を覚えているので事故も1回は防げるのも心強い。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

雷鋼馬が頭部に変形し、ビッグシューターから腕や胴体などのパーツを射出。それを磁力で繋げる事によりビルドアップ(合体)が完了する。ジョイント部分も旧ジーグと共通しており、戦況に応じてビッグシューターより支援パーツを換装することが可能。

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

ダイナマイトキック
飛び蹴り。

武装[編集 | ソースを編集]

ジーグビーム
目からビームを発射する。
『DD』ではビーム属性の通常攻撃に採用。
ナックルボンバー
両手を組んで手のみを打ち出す。
『DD』では打撃属性のR必殺技に採用。メインアビリティは「高機動I」で、気力120以上の時に運動性が増加する。サブアビリティは「運動性アップI」。
マグネットロープ
胸部から発射する6本の光線。ロープのように使うことが出来、敵を拘束する。SRW未実装。
ジーグクラッシャー
片腕を丸ごと使ったメイス。使用時には肩上部の突起が展開する。
『K』『L』ではジーグブリーカーの演出に組み込まれている。
『DD』では打撃属性のSR必殺技に採用。左腕を外して投げ飛ばし、ヒットした所で腕を回収してメイスとして振るう。メインアビリティは「高機動II」で、気力120以上の時に運動性が増加する。サブアビリティは「照準値・運動性アップII」。
スピンストーム
腹部より発射する磁流波エネルギー。

必殺技[編集 | ソースを編集]

地獄ビンタ
手の平からトゲが飛び出し、手の甲に展開したファンからのジェット噴射を利用して平手打ちを加える。別名ジーグおかんビンタ。
猛烈地獄張り手
地獄ビンタを張り手に応用し連発する。
『DD』では打撃属性のSSR必殺技に採用。ダイナマイトキック→猛烈地獄張り手→地獄ビンタのコンボ。メインアビリティは「銅鐸パワー(ジーグ)」で、戦闘回数に応じて運動性が増加する。気力120以上の時に攻撃力・運動性が増加する。ジーグ装備時、敵ユニットの弱点属性で攻撃時、全ての攻撃の与ダメージが増加する。ビーム・打撃属性の全ての攻撃のブレイクゲージ減少量が増加する。サブアビリティは「攻撃力・運動性アップIII」。
ジーグブリーカー
ダイナマイトキック→ジーグクラッシャー→猛烈地獄張り手(トドメ演出時のみ)→地獄ビンタのコンボの後、磁力で敵を吸い寄せ、相手を両腕で挟み潰し、真っ二つにする。
旧ジーグとは異なる点として胸部を展開し、内部のトゲを敵に押し付けるさらにエグい技になっている。
マグネットプレッシャー
胸部を展開し、磁力エネルギーで2体の敵を捕らえて空中で圧し潰す技。単体相手でも使えそうだが、SRW未実装。
バルバジーグ
バルバとのイベント後追加される武器。バルバ両肩の手が保持していた大型双剣で切り付け、ジーグの腹部とバルバの口から同時にスピンストームを放つ必殺技「バルバストーム」を繰り出す。

合体攻撃[編集 | ソースを編集]

ジーグバズーカ
ビッグシューターから発射されるバズーカを片腕と付け替え、無反動の巨大バズーカ砲を放つ。ジーグ側からでしか使えない特殊合体攻撃。
マッハドリル
ビッグシューターから発射されるドリルを両腕と付け替え(旧ジーグと異なり肩部まで外す)、相手を堀りまくる。最初に使用したときは剣児が不慣れだったため、ドリルをおっぱいに見立てて鷲掴みにし、腕を破壊しながら換装した。戦闘時の台詞でのみこのイベントが再現されている。『L』ではこれがイベントとして実装され、イベント戦闘中の台詞にも反映された。ジーグ側からでしか使えない特殊合体攻撃
ダブルスピンストーム
旧ジーグとの合体技。二機同時にスピンストームを放つ。
鋼鉄神ジーグ
『K』『L』での旧ジーグとの合体技。全く別の外見の機体に変化しているのだが、攻撃中の演出扱いになっている。合体して格闘攻撃を連続で叩き込んで相手を吹っ飛ばした後、胸に隠されたバルバの口と両肩から放つ「トリプルストーム」を繰り出す。この一連の攻撃は原作再現。新ジーグ側からでしか使えない特殊合体攻撃。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

銅鐸パワー
気力130以上で与ダメージ・被ダメージに25%の補正。Lではさらに命中率も上がる。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

サイズ[編集 | ソースを編集]

S

機体ボーナス[編集 | ソースを編集]

L
  • 初期:運動性+5 格闘武器+100
  • 5段階:運動性+15 格闘武器+200
  • 10段階:運動性+25 格闘武器+300 移動力+1

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「STORMBRINGER」
主題歌。
「Dead or Alive」
「ダブルスピンストーム」と「バルバジーグ」、「鋼鉄神ジーグ」の使用時に流れる。

関連機体[編集 | ソースを編集]

磁偉倶
がビルドアップするジーグ。

商品情報[編集 | ソースを編集]