ゲッター號

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲッター號
読み ゲッターごう
登場作品

ゲッターロボシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ゲッターロボ
エネルギー プラズマボムス(TV版ではゲッターエネルギー)
装甲材質 G鉱石
別形態 ゲッター翔
ゲッター剴
開発者 橘博士
所属 早乙女研究所
乗員人数 3名
主なパイロット
【メイン】
一文字號
【サブ】
橘翔
大道剴
テンプレートを表示

ゲッター號は『ゲッターロボ號』の登場メカであり、同作の主役メカ。

概要[編集]

TV版[編集]

橘博士が開発した宇宙用ロボットのゲッターロボを戦闘用に改造した機体。メインパイロットは一文字號。

当初は一体型のロボットとして運用されていたが、大破したことを機に全面改修された。

改修前同様に地上戦を主体としており、この形態になる際にゲットマシン1号機が2つのパーツに一度分離して変形・再合体をし、他のゲットマシンと合体するというプロセスをとる。また、この形態は必ずゲットマシンが3機必要というわけではないようで、背負う形で合体しているゲットマシン2号機がナルキスの攻撃を受け吹き飛んでも、残ったゲットマシンが合体を維持したまま人型ロボットとして戦闘を続行している。

號に共に戦う友人のように親しみを込め「ゲッター」と呼ばれ、最終決戦で全身が破損してボロボロになりゲットマシン2号機も欠け、エネルギーも尽きてしまった絶体絶命の状態で號の声に応え奇跡の再起動を遂げる。

すべての戦いが終わったあとに完全に機能停止し、3人の若者達に感謝の言葉を投げかけられゲッターロボ號の長い戦いに終止符が打たれるのだった。

漫画版[編集]

神隼人が造った試作型[1]をベースに開発された地上戦闘用ゲッターロボ。TV版同様にメインパイロットは一文字號だが、最初の戦闘時には隼人が操縦している他、アラスカに到着直後の戦闘で橘翔が射撃の為に、後述のオーバーオール後に大道剴が一度ずつ操縦している。

最初から分離、合体を行うことができるがTV版の武装が全く採用されておらず(ナックルボンバーのみ一度だけ使用しているも、最後の足掻きのような物だった)、序盤で2回使ったエネルギー剣以外は携帯火器を装備していた。 またTV版と異なりソーサーが合体時にバックパックに折り畳まれて収納される。また劇中はゲッター1と呼ばれており、ゲッター號とは一度も呼ばれたり、書かれたことが無い[2]

日本からアラスカに転戦した際の戦闘でオーバーホールを余儀なくされる程の損傷を負っている。後に戦線復帰した際、腕部カノン砲が追加され頭部に「目玉」や「牙」といった意匠のペイントを施されるようになった[3]

その後地上戦艦ドラゴンタートル内で翔の兄である橘信一の操縦するガローンZ54との死闘並びに地上戦艦テキサスのゼロ距離ドーヴァー砲の余波に巻き込まれたことにより大破[4]、し、作中での役目を終えた。その後修復のために日本に運ばれるものの、浅間山に向かう自爆メカを止めるために早乙女研究所の廃墟に向かったことを契機に、物語の焦点は真のゲッターに移っていくことになる。

ゲッターロボ大決戦!版[編集]

橘博士が開発した地上戦闘用のゲッターロボとして加入。デザインや動力は漫画版だが武装名はTV版となっている。

他のゲッターロボと比べ火力がやや低めに設定されているが、GE(ゲッターエネルギー)を使用していないためパイロットの能力の補給などでENを回復させることができる。この為MAP兵器のマグフォースサンダーを連発できるので非常に使い勝手が良いのが特徴。隠し要素のGアームライザーを入手できればスーパーゲッター號になり、武装にソードトマホークが追加され火力面での問題も解消する。移動適応が低く、大抵の地形で鈍足になってしまうのが難点。移動系の能力を持ったパイロットを乗せるなどで補助したい。

小説『スーパーロボット大戦』[編集]

TV版マジンガーゲッターシリーズの後日談を描いた小説『スーパーロボット大戦』(著:団龍彦)では現代から1万年後の未来世界にてパリアッチョの手により、後に隼人が開発する事になるゲッターロボ[5]としてゲッターロボGと激突。既に隼人もラフ案は早乙女博士に提出していたため、自分が思い描いた通りのロボットが現れた事に激しく動揺する事になった。[6]

なお、本作においては明確に「ゲッターロボ號」という名称だとパリアッチョが発言している。そのため、弁慶がこの形態を「ゲッター號1」と発言したが、隼人は「俺がそんな名前にするはずはない」と指摘しており「ゲッター號という名前に心当たりがない」とも発言している。

最後は新たにパリアッチョがけしかけた真ゲッターと共にゲッターGを追い詰めるはずだったが、真ゲッターからは邪魔者と見なされて先に破壊される末路を迎えた。

ちなみに、本作でパリアッチョがけしかけたゲッターロボの中で唯一パイロットが不明。隼人達は「ハチュウ人類か武蔵のクローンが乗っているのでは」と推測していたが、號達のクローンが乗っていた可能性も否めない。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
本編中には登場しないが、EDにて地球への照射量が減り始めたゲッター線を銀河の果てまで追う決意を固めた竜馬のために隼人が「ゲッター線を使わないロボット」の開発を行う事を発言している。テストパイロットは弁慶が立候補している。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年5月のイベント「呼応する力」の報酬ユニット、SR・SSRディフェンダー。
2018年1月にはニューカマーで大器型SSRアタッカーが実装。
2018年6月にレアリティ覚醒でSSRディフェンダーが追加。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

TV版[編集]

ナックルボンバー
拳を発射する、いわゆるロケットパンチ。修理が終わらない拳を射出したことを切欠に搭載された。
大決戦版では無消費武器の中では攻撃力が高め。
ダブルナックルボンバー
両拳を同時に発射する技。ボクシングの試合からヒントを得て開発。
マグフォースサンダー
ローター部から放射される電撃。TVでは相手にショックを与える程度の威力だが、ゲーム「ゲッターロボ大決戦」ではゲッタービーム同様決め技扱いだった。
大決戦版では漫画版のデザインのため、後のネオゲッター1のプラズマサンダーのように、両腕に帯電させたあとに発射する。海適応が非常に高く、陸以上の攻撃力になるのも特徴。
ブーメランソーサー
ローター部を投げつけるカッター。後期OPにて決め技として使われていた事が印象的。
大決戦版では非採用。
レッグブレード
脚部から展開されるカッター。
トマホークブーメラン
形成したG鉱石製の斧を投擲する技。エネルギーが足りないため本来の形に形成されていない。

漫画版[編集]

エネルギー剣
両拳を胸の前でぶつけ、拳の間にできたエネルギーの塊を伸ばして剣の形状にして使用する。形状はTV版のソードトマホークに似ている。
腕部カノン砲
漫画版でオーバーホール時に追加された武装。名称はREVOLTECHシリーズより。手持ちの火器と組み合わせて使用していた。
ゲッターロボ大決戦!ではTV版に登場したゲッターロボ(プロトタイプ)が使用していた手持ち武器のハンディミサイルキャノンの名前が使われていた。

関連機体[編集]

ゲッターロボ(プロトタイプ)
改良前の惑星開発用ロボット。最初は一切の武器はなかったが、ナックルボンバー、ハンディミサイルキャノンなど武装追加・強化がされていく。その後大改造されゲッター號となる。
ゲッター翔
本機の別形態。空戦タイプの女性型ゲッターロボ。腕のドリルとオッパイミサイルのブレストボンバーが武器。漫画版だと終始ドリルで戦闘を行い、ゲッター號の次に出番があった。
ゲッター凱
本機の別形態。下半身がドリルタンクになっており海・地中戦を得意とする。漫画版では1回だけしか登場していない。
Gアームライザー
4番目のゲットマシンともいうべき戦闘機。エネルギー強化プロテクターをゲッターに運ぶ。漫画版には登場しない。
オリジナルのゲッターロボ
ゲッター號を開発に当たって、参考にしたロボット博物館に展示されているロボット。詳細不明。
スーパーゲッター號
TV版のみ登場。Gアームライザーが運んだエネルギー強化プロテクターを装着した形態。形状の都合上ゲッター號の状態でしか装着できないが、エネルギーを強化することにより磁鋼剣ソードトマホークを形成することができるようになる。
性能が向上するがゲッター最大の特徴である柔軟な変形合体が使えなくなってしまうという欠点があり、作中ソードトマホークを失ってしまった際に號は「ソードトマホークを失ってしまったんだ、もう用はない!」とあえてプロテクターを全パージしていた。
ネオゲッター1
本機をベースにゲッタードラゴンの要素を組み合わせた機体。

脚注[編集]

  1. 真ゲッターロボ (原作漫画版)に登場している
  2. 単行本3、4巻の機体、パイロット紹介にてゲッターロボ號と書かれたことはある。
  3. 他形態でも目が出現する
  4. 輸送の最中に號と古田の会話で修理に半年かかる上に完全修復に至らないと判明している。
  5. 本作の隼人は前述の通りTVアニメ版準拠だが、『ゲッターロボ號』や『真ゲッターロボ』関連の設定は原作漫画版準拠になっている。
  6. さすがに武装についてはまだ考えてなかったようで、「武器は分かるのか」と聞かれて否定している。