ネオゲッター1

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネオゲッター1
外国語表記 Neo Getter 1
登場作品 真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ゲッターロボ
機種 ネオゲッターロボ
全高 42 m
動力 プラズマ駆動エンジン
別形態 ネオゲッター2
ネオゲッター3
開発者 神隼人
所属 ネーサー
パイロット
【メイン】
一文字號
【サブ】
橘翔
大道剴
テンプレートを表示

ネオゲッター1は『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』の登場メカであり、前半の主役メカの一形態。

概要[編集]

ネオゲッターロボ地上形態。ゲッター1系と違って陸戦型となっている。

デザイン面では『ゲッターロボ號』のゲッター號をベースにゲッタードラゴンの要素を付け加えたような外見。1形態が陸戦型となっている点もゲッター號と同様である。

構成機体[編集]

ネオイーグル号
肩から上を構成。
ネオジャガー号
胸部から腹部を構成。
ネオベアー号
下半身を構成。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。真ゲッター改造が引き継がれる。プラズマサンダーはスーパー系の必殺技というには物足りない威力だが、燃費が割と良好。通常武器に関しても短射程P武器のチェーンナックルが削りや対雑魚戦に威力を発揮するが、そっちの役目は空が飛べるネオゲッター2に劣る。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
真ゲッターへの乗り換え前提のためか攻撃力が低めで、その上プラズマサンダーが3のプラズマブレイクよりも攻撃力が劣る。武器の宇宙適応はこっちの方が上ではあるが。活かしたかったらミノフスキークラフトやスラスターモジュールは付けないでおくべき。
スーパーロボット大戦XO
プラズマサンダーの攻撃力が底上げされ、プラズマブレイクよりも高くなった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ショルダーミサイル
ミサイルを肩から発射する、内蔵のミサイルをゲッター1の形態で使うのはネオだけ。
チェーンナックル
手首から先を飛ばし、チェーンを使って軌道を変える。
プラズマサンダー
両手の間にプラズマエネルギーを高めて頭上に掲げ、敵にぶつける。Rではグラフィックの一部変更とカットインで再現されたが、GCではCGモデルの関係上こぶしを開くことが出来ず、違和感のある動作になってしまっていたが、XOでは改善されている。

オプション装備[編集]

ガトリングガン
敷島博士の作った武器で、アニメでは使用していない。Rのみ採用。
ゲッタービーム
小説版でのみ使用。追加装備としてゲッタービームキャリアが腕部に装着、大気中のゲッター線を吸収・収縮して放つ。しかし、ゲッター線で動く真ゲッターロボのそれとは威力が劣る。また、形態に関係なく装着、使用が可能で劇中ネオゲッター2でも使用している。SRW未登場。
マシンガン
リボルテックヤマグチの玩具に付属する手持ち式のマシンガン。
ナイフ
リボルテックヤマグチの玩具に付属するナイフ。後腰部にマウント可能。

特殊能力[編集]

変形
ネオゲッター2ネオゲッター3に変形可能。
オープンゲット
Rでのみ実装。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「STORM」
OP曲。

関連機体[編集]

ゲッター1
ゲッタードラゴン
真・ゲッター1

商品情報[編集]