ゲッターロボ牌

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲッターロボ牌
読み ゲッターロボはい
原作 永井豪・石川賢(原作)
森橋ビンゴ(脚本)
作画 ドリル汁
掲載誌 近代麻雀
出版社 竹書房
レーベル 近代麻雀コミックス
発表期間 2017年1月15日号 -
巻数 全3巻
シリーズ ゲッターロボシリーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

ゲッターロボ牌』は、脚本:森橋ビンゴ・作画:ドリル汁による漫画作品。

概要[編集]

ゲッターロボシリーズ」の一作である漫画作品。ゲッターロボと麻雀を組み合わせた異色の作品。

ストーリー[編集]

2020年、大西洋の海底から現れた半魚人生物「アトランティス帝国」は地上征服を宣言。ゲッター線シールドによりあらゆる攻撃を受け付けない「メカビースト」によって世界は瞬く間に征服されていく。

ゲッター線の研究を行っていた四風館博士は、そのゲッター線シールドを破る方法を発見し、そのための人型兵器・ゲッターロボを開発する。なんとその方法とは、麻雀であった……。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

四風館研究所[編集]

紅丸バン子
ゲッター紅虎のメインパイロット。一流麻雀打ちを父に持つ麻雀バカ。
緑川タケヲ
ゲッター緑鳳のメインパイロット。女子供を食い物にする男性を100人殺した死刑囚。
白夜行ツツノ
ゲッター白龍のメインパイロット。軍需企業ARCのCEOであり、四風館研究所のスポンサー。全身を改造したサイボーグ
四風館博士
ゲッターロボの開発者だが、実態は早乙女研究所及び神隼人の隠蔽していた資料を盗み出し、それを基に開発していた。

アトランティス帝国[編集]

牌帝
アトランティス帝国のトップで、容姿がバン子の父親である紅丸アザナに酷似している。
タイルズ
牌帝の側近で通称「ドクター」。実質的なアトランティス帝国の支配者。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ゲッターロボ[編集]

ゲッター紅虎
陸上用形態。
ゲッター緑鳳
空中用形態。
ゲッター白龍
水中用形態。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初登場作品。2020年8月のイベント「三匹の黒き流人」 & 「麻雀HIGH!!」期間限定参戦。

商品情報[編集]