プトレマイオス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
プトレマイオス
外国語表記 Ptolemaios
登場作品

ガンダムシリーズ

愛称 トレミー
分類 多目的輸送艦
型式番号 CBS-70
全長 251 m
全高 74 m
全幅 84 m
動力・推進機関 GN粒子貯蔵タンク
エネルギー GN粒子
装甲材質 Eカーボン
所属 ソレスタルビーイング
主な搭乗員
【艦長兼戦術予報士】
スメラギ・李・ノリエガ
【操舵士】
リヒテンダール・ツエーリ
【砲撃士兼予備パイロット】
ラッセ・アイオン
【戦況オペレーター】
フェルト・グレイス
クリスティナ・シエラ
デザイン 海老川兼武
テンプレートを表示

概要[編集]

ソレスタルビーイングが開発した多目的輸送艦。クルー達から「トレミー」の愛称で呼ばれている。一方で、敵軍からは「スペースシップ」と呼称されている。

動力機関を搭載しておらず、ガンダムのGNドライヴからGN粒子を供給して稼動する。故に、ガンダムが全機出撃すると稼働時間が限られてしまう。4機のガンダムを収納したコンテナが船体を軸として90度ごとに配置されており、発進時にはコンテナが回転して発進位置に移動する。

当初は武装が無く、敵に襲撃されるとGNフィールドで防御しつつガンダムで迎撃するしか対策が無かった。物語終盤からは、通常のコンテナに替わって2機の「強襲用コンテナ」[1]を装備する事で戦闘能力を獲得している。国連軍との最終決戦でアルヴァトーレの砲撃により大破、さらに艦橋はGN-Xの直撃を受けて撃沈される。この戦闘で、クルーのクリスティナ・シエラリヒテンダール・ツエーリJB・モレノの3名が死亡している。

艦載機はガンダムエクシアガンダムデュナメスガンダムキュリオスガンダムヴァーチェガンダムナドレ)、GNアームズTYPE-E、GNアームズTYPE-Dである(以上、1st第22話の時点において)。

なお、艦名の由来は古代ローマの天文学者クラウディオス・プトレマイオスから来ている。さらに、愛称の「トレミー」はプトレマイオスの英語読みから来ている。

登場作品と操縦者[編集]

(原作終盤を除き)非武装の宇宙輸送艦である故か、SRWにおける母艦の中でも能力値は低めの傾向にある。ただし、何らかの形での「救済措置」が用意されている場合も有る。
なお、本来ならば大気圏内航行・突入・離脱は不可能だが、SRWでは無視されている。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初参戦作品。自軍母艦の一つであり、ソレスタルビーイングルートを選ばなくとも早期から参入する。
地形適応はBと悪いが、パイロットが5人と最多な上、修理装置レベル上げは簡単。また、防御面ではGNフィールドが有るが、原作再現でENが全母艦どころか、全味方機体中でも最低レベル(なんと、初期ENが100)なので、改造しないとすぐEN切れとなる。
第37話「雄々しく……そして、美しく」から武装追加され、ENと運動性以外の性能が底上げされる。
なお、今回では1stシーズンの最終話まで再現されるが、プトレマイオスの撃沈とクリスリヒティの死亡シーンは再現されてない。しかし…。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
原作の展開(と『破界篇』のクリア予告)通り、前述の1stシーズン未再現分の再現はプロローグまで持ち越し。
しかもこの再現は戦闘前デモであり、スポット参戦としての登場は無い(ただし、ロボット大図鑑には追加される)。一応戦闘データも用意されているが、スメラギの対応台詞は無い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
第28話「「男らしく」でいこう!」にて、強襲用コンテナを装備した状態で自軍部隊であるアークエンジェル隊に合流する。
なお、原作と異なって撃沈されない(当然、クリスとリヒティも生存する)。
スーパーロボット大戦X-Ω
プロローグ「開かれる願望」エピソード3にてプレイヤーが一番最初に入手する事になる戦艦ユニット。レアリティが「UC」である故か、全ての戦艦ユニットの中でも能力値が低い傾向にある。更に、強襲用コンテナを装備していない非武装の状態のままになっている。
しかしながら、このゲームでは母艦自身の攻撃的スペックは無価値な上、評価システムで「母艦が一発も被弾しない」要求も多いので、「チーム編成時のコストが4だけしか掛からない」という利点が存外大きい。コストが高いバトルユニット等を入れたい場合に役立つので、腕に自信のあるプレイヤーならば、重宝できる戦艦ユニットであろう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

なんと、武装が無い。そのため、敵からの攻撃に対しては、ひたすら回避するか防御する事しかできない。

もっとも、原作終盤で強襲用コンテナが追加される事によってやっと武装が使えるようになったが、実はトレミーのブリッジからではなく強襲用コンテナから直接武装を制御する。そのため、SRWでのカットインはスパロボオリジナル演出である。

GNミサイル
GN粒子を内蔵した実弾を発射する。GNビームキャノンと比較して攻撃力では劣るが、使用できる回数はそれを上回る。
GNビームキャノン
ビーム兵器でGNミサイルよりも攻撃力がある。だが、プトレマイオスは初期ENが全味方機体中でも最低レベルなので、「GNビームキャノンの連発をしていたら、気が付いたらガス欠」なんてことも…。そうならないように、ENを改造するか、場合によってはGNミサイルと使い分けた方が良いだろう。
余談だが、『第2次Z破界篇』では、GNビームキャノンの使用時に、クリスおよびフェルトのオペレーター二人と艦長であるスメラギカットインが入る。ついでに、よく見ると彼女達だけでなくリヒティラッセも一瞬だけ映っている[2]
GNフィールド
GN粒子を用いたバリア。

特殊能力[編集]

修理装置
武装が無いとゲーム的に育成がほぼ出来なくなる為に、設定されたものと思われる。イアンハロやカレル達が修理しているのだろうか。
カスタムボーナスおよびスメラギが所持する修理スキルと相まって、回復役としては非常に優秀。
GNフィールド
2000以下の全属性ダメージを無効化。EN10消費。初期状態では10回しか耐えられない計算なので、ENは積極的に改造しておきたい。
フル改造でEN消費を無くした上で、スメラギに対して援護防御養成をしておけば、序盤でもかなり役に立つであろう。

移動タイプ[編集]

大気圏内であっても飛行可能。ただし、原作では宇宙空間専用である。

サイズ[編集]

2L

カスタムボーナス[編集]

修理によるHP回復量が2倍
ユニットの回復要員として非常に役に立つカスタムボーナス。スメラギが所持する修理スキルと最も相性が良いカスタムボーナスである。

機体BGM[編集]

「DAYBREAK'S BELL」
1stシーズン一期OP主題歌。

対決・名場面[編集]

対「頂武」戦
1st第9話および1st第10話より。ソレスタルビーイング母艦プトレマイオスを待ち伏せていた人類革新連盟の特務部隊「頂武」を迎撃するべく、スメラギは「エクシアデュナメスを非武装のプトレマイオスの守備に就かせて正面から来る敵機を迎撃させ、その隙にキュリオスヴァーチェで二手に分かれて敵軍の背後を突かせる」という作戦を立てる。
しかし、「頂武」の指揮官であるセルゲイはスメラギの作戦を読み、多数のティエレン宇宙型をキュリオスとヴァーチェに向かわせて牽制させた。そして、キュリオスとヴァーチェの鹵獲を試みるが、秘匿されていた機能を現した両機体によって思わぬ反撃に遭ってしまう。
こうして大損害を被った「頂武」は撤退するが、一方のアレルヤティエリアそしてスメラギは、己自身の至らなさに悔し涙を流すのであった。
国連軍
1st第24話より。強襲用コンテナを装備したプトレマイオスは、ソレスタルビーイングのガンダム各機と共に国連軍GN-X部隊との最終決戦に臨む。
両軍が戦力を消耗させる中、MAアルヴァトーレが国連軍に加勢。プトレマイオスはアルヴァトーレからの砲撃を受けて、JB・モレノは戦死し、艦もGNフィールドが再展開不能に陥ってしまう。
その後、接近してきた一機のGN-Xによって艦橋を撃たれて、プトレマイオスは撃沈。スメラギフェルトイアンハロ達は、大破中のガンダムデュナメスのGNドライヴで稼動している強襲用コンテナで活動していた為に難を逃れたが、ブリッジで活動していたクリスリヒティは戦死した。

関連機体[編集]

プトレマイオス2
プトレマイオスの後継艦。愛称は同じく「トレミー」。

余談[編集]

  • 実は『機動戦士ガンダムSEED』においても地球連合軍所属の同名の艦船、ネルソン級宇宙戦艦プトレマイオス(SRW未登場)が存在している。
    • ちなみに、ネルソン級宇宙戦艦プトレマイオスは『SEED』第13話にて、デュエルによって撃沈された。奇遇にも『00』のプトレマイオスと同じく、ガンダムタイプの機体によって撃沈されている。

脚注[編集]

  1. プトレマイオスの回転式砲台というべき強襲用コンテナは、分離して脱出艇としても使用できる。また、強襲用コンテナは、単機で大気圏への突入および大気圏からの離脱が可能な船でもある。
  2. GNビームキャノン使用時のカットインの出典は、おそらく『機動戦士ガンダム00』1stシーズン一期OP映像のワンシーンからであると思われる。

資料リンク[編集]