セルゲイ・スミルノフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルゲイ・スミルノフ
外国語表記 Sergei Smirnov
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 石塚運昇
デザイン 高河ゆん(原案)
千葉道徳(アニメ版)
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
異名 ロシアの荒熊
種族 地球人
性別
誕生日 1月28日
年齢 43歳(1st)
48歳(2nd)
出身 ロシア
身長 189cm
体重 72kg
血液型 A型
所属 人類革新連盟地球連邦軍
役職 人革連特務部隊「頂武」隊長(1st)
軍階級 中佐(1st)→大佐(2nd)
テンプレートを表示

セルゲイ・スミルノフは『機動戦士ガンダム00』の登場人物。

概要[編集]

1stシーズン[編集]

人類革新連盟に所属する指揮官MSパイロット。過去の戦乱で左目付近に大きな傷痕が残っている。

「ロシアの荒熊」異名を持つ、現実主義で冷静な判断力と優れた戦術眼を持つ歴戦の兵士。セルゲイ本人曰く「自分の目で見たものしか信じない」主義で自らMSで出撃する事もあり、指揮官としてだけでなくパイロットとしても部下から厚い信頼を得ている。その実力を買われ、人革連の対ガンダム特殊部隊「頂武」の隊長に就任。超兵ソーマ・ピーリスを含む精鋭を率い、巧妙な作戦でガンダムを一時的に鹵獲するなど、強敵としてソレスタルビーイングを何度も苦しめた。

ソレスタルビーイングとの最終決戦では、指揮官兼MSパイロットとして作戦に参加。GN-Xに搭乗し、ピーリスと共にアレルヤ・ハプティズムガンダムキュリオスを追い詰めるが、最終的に相討ちとなり、ピーリスとともに辛くも生還した。

2ndシーズン[編集]

数少ない非アロウズの連邦軍人として登場。本編開始時点でピーリスを養子に迎え入れようとしていたが、彼女のアロウズ転属に伴い保留になってしまう。この際疎遠となっていた息子のアンドレイ・スミルノフと再会した。

カタロンの基地から逃げ出した沙慈・クロスロードを事実上アロウズから庇ったり、本来の人格を取り戻したピーリスことマリーを見逃すなど人格者ぶりを見せる一方で、かつて妻ホリーを見殺しにしてしまった事で亀裂の入った親子関係に向き合えておらず、ピーリスを養子にすることを息子に知らせないなど父親としては少なからず難がある。

政治的には中立を貫きながらもアロウズを疑問視するセルゲイの考えは軍内部で少なからず影響を与えており、さらにカタロンメンバーの容疑があった沙慈を勝手に逃がすといった軍法会議ものの行動等によってアロウズから当然の事ながら危険視されていた。そのため「旧友パング・ハーキュリーのクーデターの際、交渉役に任命される」という形で見殺しにされてしまう。

結果的にその実行犯となったのは他ならぬアンドレイであり、激昂した彼への言葉が届かないまま無抵抗で撃墜される。死の間際、自機の爆発にアンドレイを巻き込まないように離れる事が、唯一の直接果たせた思いやりだった。ただし、後にセルゲイの想いは、ピーリス(とトランザムバースト)を介して息子アンドレイへと伝わる事となる。

劇場版[編集]

既に物故者であるため、劇場版には登場しないが、セルゲイのかつての上司であるキム中将が、生前の彼について言及する場面がある。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。ティエレン高機動B指揮官型(ただし、グラフィックは一般兵用)とGN-Xに乗る。指揮官技能を持つので、早めに倒したい。
なお、宇宙ルート・CBルートではスポット参戦する。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
2ndシーズン仕様で登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
死亡イベントがないため、生存。イベント「宇宙を守っていく者達」では息子アンドレイと共闘を果たす。
スーパーロボット大戦X-Ω
シナリオNPC。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド3より登場するエネミーユニット。石塚氏死去後の作品のため、声はライブラリ出演。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

全体的に高いが、MSパイロットとしては特に防御が高い。

精神コマンド[編集]

第2次Z
偵察必中加速信頼鉄壁期待
セルゲイらしい内容だが、ゲーム的には使いづらいか。なお、セルゲイの精神コマンド一覧(最後に覚えるものを除く)は息子のものと同一である。

特殊スキル[編集]

第2次Z
指揮官L4、底力L7、Bセーブ見切りガード
設定通り高い指揮能力を持ち、防御に長けている。なお、底力L7とBセーブは、息子にも受け継がれている。

エースボーナス[編集]

自軍フェイス開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
第2次Z』。敵パイロット時に取得することは『第2次Z破界篇』においては一度も無く、スポット参戦時において、周回プレイによる撃墜数引継ぎでお目にかかることが出来るボーナス。
撃墜数をあまり稼げないユニットも、これで一応必要気力に届きやすくなると言えるが、そこまでしてAB習得させる意味があるのかと言うと…。

人間関係[編集]

ホリー・スミルノフ
妻。劇中では既に故人。止むを得ない事情があったとはいえ、彼女の戦死がスミルノフ父子の間に暗い影を落とす事になってしまう。
アンドレイ・スミルノフ
息子だが、ホリーの戦死の件の際に積極的な会話を行わなかった事が原因で疎遠になり、次第に母を見殺しにしたと思われてしまい仲が険悪化していた。
ブレイク・ピラー事件の際に彼に討たれる。しかし、後に父セルゲイの想いを知り、父と母の目指した「市民を守る軍人」としての道を歩む。
ソーマ・ピーリス
部下。若い女性である彼女を戦場に駆り出す事を快く思っていない。実の娘同様に接しており、1stシーズンでのソレスタルビーイング掃討作戦後は、彼女を引き取っている。
2ndシーズンでは養子に迎え入れようとした。
キム(SRW未登場)
人連革の司令官でセルゲイの上官。セルゲイの実力を高く評価している。
ミン(SRW未登場)
人連革の中尉で、セルゲイの副官。
カティ・マネキン
国連軍で共闘して以来の戦友。後に、個人でも親しくなる。互いに連邦政府を警戒するが…。
スメラギ・李・ノリエガ
ガンダム鹵獲作戦ではお互いの戦術を読み合い、セルゲイが僅かに競り勝った。
パング・ハーキュリー
士官学校時代からの友人。
アレルヤ・ハプティズム
1st第5話にて、人革連の低軌道ステーションの落下事故を協力して阻止した事がある。2ndシーズンでは直接対面を果たす。
互いに敵対する陣営に所属し交戦しながらも、アレルヤの事を信頼しており、2nd第7話にて彼にピーリス(マリー)を託した。

他作品との人間関係[編集]

ゼロ
CC』では彼によって人革連軍鉄甲龍との合同部隊を率いるセルゲイの高い指揮能力が賞賛されている。

名台詞[編集]

1st[編集]

「ヘリオンだと? AEUめ、無作為に第三国に売りまくるからこう言う事になる」
第1話より、初台詞。人革連所有軌道エレベーター「天柱」の防空圏内にミサイルランチャーを装備したテロリスト仕様のAEUヘリオンが接近している事を知って。
自国の兵器を節操無く売り払っているAEUを毒付いているが、セルゲイが所属する人革連もまた旧型モビルスーツのアンフを売りまくっている結果、同様の事態を招いているのでどっちもどっちなのだが…。
「肉ならくれてやる!」
「その首、もらったあ!」
第3話より。ガンダムエクシアとの対戦時。捨て身の戦法で一時刹那を圧倒する活躍を見せた。
「これが超兵の力…。しかし、彼女はまだ乙女だ…」
第5話より。ピーリスの模擬戦にて、彼女の力を見ての一言。第2次Z破界篇』ではDVEで再現
ちなみに息子もまた、2nd第6話にて父親と同じ様な発言をしている。
「何という性能だ。やはり、この機体…凄い!」
「もはやガンダムなど、恐るに足らず!」
第20話より。GN-Xに乗って思わずもらした一言。普段落ち着いた大人であるセルゲイが言ったため、かなりネタにされた。
…とはいえ、この時点での「ガンダム」がいかに高性能だったかを強調しているとも言える。
「これが勝利の美酒というものだ」
同話。GN-Xでチームトリニティを撃退した際に、ピーリスに向けて放った台詞。

2nd[編集]

「私は軍人であっても、人の親ではなかったということだ」
第5話でのピーリスとの通信会話より。アンドレイにとって「良き父親」になれなかった事を自嘲気味に語る。
ただし、ピーリスに息子の息災を尋ねる等、セルゲイなりに父親としての気遣いも見せていた。
「誰がアロウズに報告しろと言った!?」
兵士「ですが……! それが我々の任務です!」
セルゲイ「判断するのは私だッ!」
同話より。沙慈がカタロン構成員として拘束され、兵士からの乱暴の取り調べを止め、誠実な対応で彼の信頼を勝ち得て、ソレスタルビーイングカタロンの情報を得る事に成功したのだが、部下が勝手にアロウズへ報告し、殴り飛ばしながら問い詰めた際に。
セルゲイ自身は沙慈の様子からテロリズムに関わるタイプの人間ではないと見做して、彼の嫌疑を解くように尽力するつもりだったが、部下の勝手な行動で全てご破算となってしまった[1]
アロウズは超法規的な存在であるため、このままでは沙慈の命が危ないと判断し、すぐにこの場から逃走させる。
「たった今、ソーマ・ピーリス中尉は名誉の戦死を遂げた」
第7話より。自らの記憶を思い出したマリーを守るべく、銃を天に撃った際の台詞。彼は軍人としての責務を果たすよりも、「娘」である彼女の幸せを願った。
「そういえば、礼を言ってなかったな。5年前、軌道エレベーターの一件…感謝する」
1st第5話における人革連の低軌道ステーションの事故に巻き込まれた市民の命を救うために協力したアレルヤへの礼。
「そうか…その言葉だけで十分だ。生きてくれ、生き続けてくれ。彼と一緒にな…」
マリーをアレルヤへ引き渡し、「あなたの娘になりたかった」とピーリスの真意を伝えられた際の台詞。娘を嫁に出す父親の心境だったのかもしれない。
そして、離別することになった二人は人革連時代の敬礼(掌を相手に見せる敬礼)を行い、彼女は想い人と共に生きていく事になった。
「最終防衛ラインを死守しなければ、軌道エレベーターを造る多くの技術者と、その家族に危険が及ぶ。彼らを守るのが、軍人である我々の務めだ」
ハーキュリー「だが、第4小隊にはホリーが…!」
「あれも軍人だ。覚悟は出来ている…!」
第17話冒頭における過去の回想場面より。妻ホリーがいる部隊の救助に向かわせようとしたハーキュリーに対して。固く結ばれたセルゲイの口元には、苦しみがあった。
そして、この決断が息子アンドレイとの確執およびこのエピソードで起きる悲劇へと繋がってしまう…。
ハーキュリー「私は本作戦の指揮官だ。最後まで見届けさせて貰う。これから起こる事…その事実を、後の世に伝えてくれ」
「そんな事で罪を償う事は出来ん! 貴様は軍人だ! 軍人なら市民を守れ! 一人でも多くの市民を救い、その上で死ね!」
第17話より。絶体絶命の窮地を前に死ぬ覚悟を決めたハーキュリーを叱咤するセルゲイ。彼の誠実さ、そして芯の強さが伺える。
「アンドレイ、すまなかった…。心を閉ざしたお前に、どう接すればいいか、努力を怠っていた…」
不器用な父親・セルゲイの息子への詫びの言葉。もっと早く、お互いが歩み寄れていたならば…。
「は…離れるんだ…」
「ホリー、すまない…」
セルゲイの最期。息子アンドレイを自機の爆発に巻き込ませないよう、命のある限り父親として息子の事を思いやる。
そして、亡き妻ホリーに対し、息子アンドレイの良き父親になれなかったことを詫びながら、生涯を終えるのであった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「筋は良いようだが、動きに若さがあるな」(中略)
 「ああ、久しぶりに共に戦わせてもらう。行くぞ、アンドレイ!」
CC』イベント「宇宙を守っていく者達」より。アンチスパイラルヒトマキナとの戦いの中でピンチに陥っていたダリーを救ったのは、歴戦のエースであるセルゲイであった。そして、彼は息子アンドレイと共に戦場を駆ける。
原作において息子との和解ができずに悲しい結末を迎えただけに、スミルノフ父子の共闘場面はスパロボ補正の好例の一つと言えよう。

搭乗機体[編集]

ティエレン高機動型(SRW未登場)
ガンダムエクシアとの対決で搭乗。性能を見極めるため、接近戦を挑む。
ティエレン宇宙指揮官型
ガンダム鹵獲作戦時など、宇宙戦にて搭乗。
ティエレン高機動B指揮官型
タクラマカン砂漠の作戦時にて搭乗。
GN-X
1stシーズン終盤に搭乗。
GN-X III
2ndシーズンにて連邦軍カラーに搭乗。
ティエレン全領域対応型
2ndシーズン後半にて搭乗。最後の乗機。
ギアナ級地上戦艦
2ndシーズンにて搭乗。艦長を務める。

SRWでの搭乗機体[編集]

ティエレン高機動B型
第2次Z破界篇』にて搭乗。
正確には、原作でセルゲイが搭乗した「高機動B指揮官型」になるべきグラフィックを一般兵用の「高機動B型」のものと取り違えている。

脚注[編集]

  1. 特に小説版では沙慈の情報を基に作戦行動を実行させ、真偽が正しければ「司法取引」という形で彼の嫌疑を晴らすつもりだったとされているため、セルゲイが激怒するのも無理はない。

資料リンク[編集]