地球連邦軍 (00)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

地球連邦平和維持軍(Earth Federation Force)とは、『機動戦士ガンダム00』世界における地球連邦軍

概要[編集]

正式な名称は「地球連邦平和維持軍」と言う。1stシーズンエピローグから登場。

世界統一と平和維持を目的として、西暦2312年に地球連邦政府によって結成された。国連軍が母体となっているため、所属兵もユニオン人類革新連盟AEUといった旧三大国家群の出身者が多い。

2ndシーズンでは独立治安維持部隊アロウズの台頭により、「連邦軍」「正規軍」などと呼ばれることとなる。しかし、アロウズ指揮下で動く事が多く、権限も彼らよりも下の扱いであった。中盤では不満を持つパング・ハーキュリー率いる一部の連邦軍がクーデターを起こすが失敗し、ブレイクピラー事件以後は完全にアロウズの指揮下に入る事となり、事実上アロウズに吸収された形となる。その後、アロウズを離脱したカティ・マネキン率いる新生クーデター派がソレスタルビーイングカタロンに共闘し、アロウズの主力軍を壊滅させる。こうして、アロウズは解体し、新政権が樹立されることとなった。

劇場版では、新政権の宥和路線のもとで軍縮が進められている。だが、その為に、対ELS戦では限られた戦力しか使えず苦戦を強いられた(もっとも仮に軍拡が進められていたとしても、ELS相手では焼け石に水だったかもしれないが)。なお、ELS防衛作戦において地球連邦軍は、防衛艦隊の70%を喪失するという大損害を被る結果になった。また、本作戦の前線司令部となった外宇宙航行艦ソレスタルビーイング号は、ELSの侵食を受けて、陥落寸前にまで追いつめられている。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
劇場版が初参戦。
スーパーロボット大戦BX
劇場版だが、宇宙世紀の連邦軍に設定が統一されている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
第5章「理性なき戦争」エピローグ(通常エピソード第28話から第30話までの間の時期)にて、地球連合軍への参加国(三大国家も含む)328カ国の賛同を得て各国の軍隊を解体および一元化。新たに、地球連邦平和維持軍として発足することが宣言される。
また、地球連邦政府が先で地球連邦軍が後に出来た原作と異なり、本作品では地球連邦軍が先で地球連邦政府が後に出来ている。
スーパーロボット大戦V
西暦世界の世界観からの兼ね合いで地球連合軍の立ち位置も担っている。本編前にロゴスアロウズが打倒されているため、健全な組織となっている。

人物[編集]

セルゲイ・スミルノフ
人類革新連盟出身の正規軍大佐。良識派の軍人故に、アロウズから警戒されていた。
パング・ハーキュリー
旧人類革新連盟出身の正規軍大佐で、セルゲイの旧友。アロウズの暴挙に憤った同志と共にクーデターを起こす。
キム
正規軍の中将で、旧人類革新連盟時代からのセルゲイの上司。自己保身の為に、アロウズへの鞍替えを図る。劇場版では、自らの希望で、危険な最前線へと赴いた。
カティ・マネキン
AEU出身。アロウズに所属していたが、ブレイク・ピラー事件を機に離反し、クーデター派に合流する。アロウズ打倒後は、正規軍に復帰し、准将に昇進した。劇場版では、対ELS防衛軍の作戦指揮官となる。
パトリック・コーラサワー
AEU出身。始終カティと行動を共にし、正規軍への復帰後は彼女と結婚した。劇場版時には、本人曰く「結婚生活が幸せすぎて、働かなかった」為に准尉に降格されている。とはいえ、隊長用のGN-X IVを支給されているあたり、彼の実力は本物である。
グラハム・エーカー
ユニオン出身。アロウズに所属していたが、劇場版では正規軍の少佐になる。また、ソルブレイヴス隊の隊長も務めている。
アンドレイ・スミルノフ
旧人類革新連盟出身で、セルゲイの息子。アロウズに所属していた為、一時的に中東の復興支援任務に回されていたが、功績を立てたことによって大尉に昇進。劇場版時にはGN-X IV小隊を率いている。
アッシュ
ハーキュリーの副官。ハーキュリーの没後、カティにつき従った。
デカルト・シャーマン
劇場版に登場。元アロウズ所属の軍人。アロウズ解体後、純粋種のイノベイターに覚醒したことが原因で、軍の研究対象にされてしまう。後にカティの働きかけによって、地球連邦軍の大尉として待遇を改善されるが……