2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ロボット大図鑑

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

第4次スーパーロボット大戦』から採用されたスーパーロボット大戦を100%面白くするギャラリー。基本的にキャラクター事典とセットで実装されている。

シナリオで登場するロボットを登場させ、インターミッションのデータセーブや、シナリオのクイックセーブで登録される。登録したロボットの詳細(グラフィック、解説、全長、重量)が記録され、閲覧できる。

実装当初は資料に乏しかったため、正確性や記載量が少なめであり、余談などでお茶を濁すような記載まである始末であった。しかし、『スーパーロボット大戦α』以降は著作者からの資料の提供および70~80年代作品のDVDリリースもあって内容がより正確なものとなり、記載量も増えていった。

基本的に据え置き機作品で採用されている。達成率を100%にするのはプレイヤーのプレイ目標達成の一つであるが、隠し要素の関係上、キャラクター事典よりも難易度は高い。

図鑑に登録されても一度もクリアしていない場合は簡潔な記載になっている場合が多く、クリア後に記載が大幅に増える。ただし隠し要素で入手できる機体は条件によっては、クリア後に周回プレイした場合に入手する事が多いため未クリア時の記載を見た事がないプレイヤーも多い。

作品別トピックス[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
初出作品。ただし、ヒュッケバイングルンガストハイパー化した敵オーラバトラー、「スペイザー合体したグレンダイザー」3形態は登録されない。
また、GP-03ステイメンデンドロビウムにしてから変形するか撃墜されるかしないと、登録されない。更に、Sガンダムをマップ上で変形させずにEx-Sガンダムにパワーアップさせると、Gクルーザーを登録できなくなる。
第4次スーパーロボット大戦S
登録されるユニットはSFC版と同じだが、シナリオ「トータル・バランス」でガラバがマップ上に登場しても図鑑登録されない。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
同作よりステータス画面からダイレクトに図鑑へ移れるようになった(キャラクター事典も同様)。
第3次スーパーロボット大戦α
バグによりドミニオンが図鑑登録されない(ただし、ステータス画面から確認する事は可能)。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z / 第3次スーパーロボット大戦Z
原作ストーリーが『第2次Z破界篇』および『第3次Z時獄篇』の時点で完結していない参戦作品は、解説がそこ止まりとなっている。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
「ユニットデータ」名義。グラフィックはユニットアイコンが表示されるのみで、ロボットの全身像は表示されない。
新スーパーロボット大戦スペシャルディスク
』本編とは違って最初から全ユニットが登録されている。本編では没となったユニットも載っている。
スーパーロボット大戦GCスーパーロボット大戦XO) / NEO / OE
機体の3Dモデルを回転・拡大して閲覧が可能(『GC』は拡大不可)。
『OE』では味方機の最大算出ダメージが記録されるが、スポット参戦の機体には記録されず、正式加入直後もそのミッションを終えた時の形態のものしか記録されない。敵機体はドロップパーツのテーブル閲覧も可能。
スーパーロボット大戦X-Ω
所持しているユニットに関してはステータス画面でキャラクターとロボット両方の解説文が閲覧できる。
Ver.2.4から「ユニット図鑑」モードが追加。ロボット大図鑑とキャラクター事典が事実上一体化している他、ユニットのステータス画面がそのまま図鑑として登録される。自分が所持しているユニットのみ図鑑に登録されるが、1度登録されればユニットを手放しても図鑑に情報は残る仕様となっている。
期間限定参戦のユニットは図鑑には登録されないが、上記の通りステータス画面が図鑑とほぼ同じ役割を果たす為、ユニットを所持している限りは正式参戦ユニットと同じように情報を閲覧出来る。
なお、ユニットの登録数に応じて、Ωクリスタルを報酬として入手できる。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
ある機体が登録される事で、発生する隠しシナリオが存在する。