2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アークエンジェル隊

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

アークエンジェル隊(Archangel Corps)とは、『機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する部隊。

概要[編集]

地球連合軍戦艦であるアークエンジェル母艦とした部隊。

地球連合軍第8機動艦隊に所属し、ヘリオポリスにおいてのザフトに所属するクルーゼ隊の襲撃で艦長を始め多くのクルーを失いながらも、唯一残ったストライクガンダムのデータをアラスカ基地に渡す任をこなした。

しかし、味方である連合軍が仕掛けたサイクロプスによるアラスカ基地崩壊に巻き込まれそうになった事が切っ掛けで地球連合軍を離脱し、オーブの残存部隊、クライン派と共に三隻同盟を構成した。

正規クルーの多くが戦死して一部民間人をクルーに入れなければならない状況など、『機動戦士ガンダム』のホワイトベース隊と似通った設定であり、『SEED』が21世紀のファーストを標榜している故の一種のオマージュと言える。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
序盤でαナンバーズ所属となり、後は大体原作の流れに沿っている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
『SEED DESTINY』設定。両主人公のルートにて中盤から登場するが、セツコルートでは後半まで第三勢力扱い。
概ね原作と同じ扱いなのだが、その点についてプレイヤーからの賛否が特に激しい事で有名。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
大まかな流れは原作と同じであるが、中盤にてナデシコ特務艦隊を構成する。
スーパーロボット大戦W
ムウは序盤からスポット参戦するが、正式に自軍入りするのは終盤手前。それまでは単独のイベントが多い。
スーパーロボット大戦K
『SEED DESTINY』設定。今回は終始味方として使っていける。
スーパーロボット大戦L
『SEED DESTINY』設定。終盤まで別行動。
よくよく考えると本作のアークエンジェル隊はメナージュ・ゼロのはずなのだが、作中そのような扱いは一切受けていないどころか、LOTUSも積極的に身内にしようとしていた辺り、ヤキン・ドゥーエ戦役での活躍が評価されている模様。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
カイルスとして結成されるまでのプレイヤー部隊の中核。
スーパーロボット大戦X-Ω
本作ではティターンズの傘下にある事が判明。実質的にエゥーゴとは敵対関係にあったが、アラスカ基地での戦いの後に軍を脱走してエゥーゴに付く。本作で長らく未登場だったトノムラとロメロが遂に登場する。

人物[編集]

マリュー・ラミアス
元々は技術士官であったが、正規のクルーが多く戦死したことにより艦長となる。
ナタル・バジルール
副官。アラスカ基地到着時にアークエンジェルから転属命令が下り、後にドミニオンの艦長に任命される。
キラ・ヤマト
民間人であったが、コーディネイターである故にストライクガンダムに搭乗して多大な戦果を挙げた。
ムウ・ラ・フラガ
元々はヘリオポリスに入港した新造の母艦アークエンジェルの護衛としてやって来たが、ザフトの襲撃に遭ったことが切っ掛けでアークエンジェル隊の一員となる。
実は「エンデュミオンの鷹」の異名を持つ地球連合軍エースで、キラと共にアークエンジェル隊の戦力の要となった。
アーノルド・ノイマン
アークエンジェルの操舵手。ある意味でアークエンジェルに最も貢献した人物。
ジャッキー・トノムラ
アークエンジェルのCIC索敵担当。元々は副操舵士として配属されていたが、ザフトの攻撃により減少したクルーの穴を埋めるために現在のポジションに落ち着いた。
ロメロ・パル
アークエンジェルのオペレーター。後にCICに席を移した。
ダリダ・ローラハ・チャンドラII世
アークエンジェルのCIC電子戦担当。
コジロー・マードック
アークエンジェルのメカニック。
サイ・アーガイル
アークエンジェルのCIC担当。
トール・ケーニヒ
アークエンジェルの副操縦士担当。後にスカイグラスパー2号機のパイロットに志願するのだが……。
ミリアリア・ハウ
アークエンジェルのCICモビルスーツ管制官担当。ヘリオポリスの学生組では『SEED DESTINY』でも唯一続投している。
カズイ・バスカーク
アークエンジェルの通信担当。地球連合軍オーブ攻撃を前に、アークエンジェルを降りた。
フレイ・アルスター
アークエンジェルの雑用担当。アラスカ基地到着時にアークエンジェルから転属命令が下り、以降は数奇な運命をたどる。