2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ホワイトベース隊

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ホワイトベース隊(White Base Corps)とは、『機動戦士ガンダム』に登場する部隊。

概要[編集]

強襲揚陸艦ホワイトベースと同艦に搭載されたガンダムをはじめとした「V作戦」の機動兵器を中核とした地球連邦軍の別働隊。

ジオン公国軍サイド7への攻撃によって多くの正規軍人であるクルーが死亡したことで、士官候補生や民間人を中心とした異例の部隊となっており、一年戦争終結までに各地を転戦して驚異的な戦果を挙げた。一部では、ニュータイプ部隊」とも呼ばれている。

当初は地球連邦軍内での所属が決まっていなかったが、地球連邦軍の本部であるジャブロー到着後に第13独立部隊所属となった。(小説版では最初からアムロ達も軍属になっている。)

一方で、ホワイトベース隊は地球連邦軍において良くも悪くも目立つ存在である故に、敵であるジオン公国軍から狙われる事が多かった。それはジャブローにいた時にも変わらず、地球連邦軍の高官の一人であるゴップ(SRW未登場)からは「永遠に厄介者」と煙たがられている。

ジオン公国軍を欺くための危険な任務を背負わされた「地球連邦軍の囮専門部隊」と評すべきホワイトベース隊であったが、彼等の存在があったからこそ「地球連邦軍の主力部隊がジオン公国軍への大反抗作戦である『星一号作戦』の準備を整えて実行させる余裕が生まれた」事には間違い無い。

一年戦争終結後、ホワイトベース隊は地球連邦軍の伝説的な存在となったが、アムロ・レイが幽閉同然の扱いを受けたのをはじめ、連邦軍内では冷遇された。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
プレイヤー部隊の名称。ただし、原作の面子はブライトアムロフラウのみ。母艦アーガマラー・カイラムに替わっても「ホワイトベース隊」である。
第2次スーパーロボット大戦G
『第2次』と同様だが、最後の母艦はリーンホースJr.になる。
第3次スーパーロボット大戦
途中でロンド・ベルとなるまでのプレイヤー部隊の名称。今作では原作の面子も初期メンバーに多く名を連ねている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
序盤の第3話「連邦軍機動兵器、始動!」以降(母艦がガンドールである第21話~第27話を除く)のプレイヤー部隊の名称。原作の面子は、ほぼ全員揃っている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
一年戦争が再現されており、ホワイトベースが母艦となるステージも多数存在する都合上、出番は多い。
一方、『機動戦士ガンダム』原作で死亡したリュウ・ホセイスレッガー・ロウマチルダ・アジャンは登場しない。
サブミッションなどで第08MS小隊と共に行動することが多く、共にコネクト・フォースへ出向となり、自軍へ正式加入となる。後には実質的にクリスチーナ・マッケンジーカミーユ・ビダン達も含められている模様。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
第39話「新たなる宇宙」にて登場し、自軍部隊であるカイルスに参加する。

人物[編集]

ホワイトベースクルー[編集]

SRW未登場のクルーが多数存在するため、ここではSRWに登場済みの人物を列挙する。

パオロ・カシアス
本来予定されていたホワイトベースの艦長。しかし、ジオン公国軍の強襲で重傷を負ってしまい、艦長の任務をブライトに託した。
ブライト・ノア
士官候補生だったが、パオロの負傷後にホワイトベースの艦長の任を引き継ぎ、ホワイトベース隊の指揮官となる。
アムロ・レイ
主人公民間人だったが、成り行きでガンダムを動かした事によって徴用され、そのパイロットとなる。
カイ・シデン
民間人だったが、ホワイトベースに避難した事が切っ掛けでガンキャノンのパイロットになる。
ハヤト・コバヤシ
民間人だったが、ホワイトベースに避難した事が切っ掛けでガンタンクのパイロットになる(なお、劇場版第3部では、ガンキャノンに乗り換えている)。
リュウ・ホセイ
モビルスーツのパイロット候補生で、コアファイターやガンキャノンを操縦している。
セイラ・マス
民間人だったが、ホワイトベースに避難した事が切っ掛けでホワイトベースの通信士になる。後に、Gファイター(劇場版ではコアブースター)のパイロットへと転属した。
スレッガー・ロウ
ジャブローから宇宙に上がる際に補充された地球連邦軍の軍人。Gファイター(劇場版ではコアブースター)のパイロットになるが、ソロモン攻略戦で戦死した。
ミライ・ヤシマ
民間人だったが、ホワイトベースに避難した事が切っ掛けでホワイトベースの操舵手になる。
フラウ・ボゥ
民間人だったが、ホワイトベースに避難する。パイロットに転属したセイラの後を受けて通信士になる。
オスカ・ダブリンマーカー・クラン
ホワイトベースのオペレーター。
カツレツキッカ
避難民としてホワイトベースに収容された戦災孤児達。

関連人物[編集]

レビル将軍
地球連邦軍の対ジオン反抗作戦「V作戦」の主導者。個人的に、ホワイトベース隊を援助している。階級は大将。
マチルダ・アジャン
地球連邦軍補給部隊の隊長。ホワイトベース隊に何度も補給物資を輸送している。なお、アムロ達ホワイトベース隊の男性クルーにとっては、憧れの女性であった模様。階級は中尉。
リード
地球連邦軍巡洋艦サラミスの艦長だったが、艦を撃墜されホワイトベース隊に保護された際には一時期、ブライトに代わって隊の指揮を執っていた事がある。階級は中尉。

関連用語[編集]

V作戦
ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクの三種の最新鋭のモビルスーツおよび母艦ホワイトベースの開発計画。
アークエンジェル隊
機動戦士ガンダムSEED』における主人公が所属する部隊。正規軍人の戦死にともなって現地において民間人でクルーを補充する等、ホワイトベース隊をオマージュしている。