2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

サラミス改級巡洋艦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
サラミス改級から転送)
移動先: 案内検索
サラミス改級巡洋艦
外国語表記 Salamis Kai Class
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 宇宙巡洋艦
生産形態 量産艦
全長 228 m
全幅 62.2 m
動力 核融合炉
開発 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

サラミス改級巡洋艦は『ガンダムシリーズ』に登場する軍艦の艦級。

概要[編集]

地球連邦軍が建造した宇宙巡洋艦。

一年戦争時の主力艦艇であったサラミスを改修したもので、モビルスーツデッキやカタパルトが増設され、メガ粒子砲などの武装も追加。また、重量増加による機動力の低下を防ぐためにメインスラスターの左右にサブスラスターを一門ずつ追加している。

地球連邦、ティターンズエゥーゴで運用され、それから約70年後の宇宙世紀0150年代でも現役で運用されているという、ある意味で驚異的な戦艦である。『機動戦士Vガンダム』の時代においては流石に戦力として心もとない旧式兵器であるが、軍内では日陰者扱いのムバラク艦隊にとっては貴重な艦艇であり最終決戦にも参加した。一方で近代化改修によってミノフスキークラフト(とおそらく大気圏突入用のビームシールド)を搭載しており、地球上での運用のほか友軍艦が重力圏から離脱するためのタグボートとして活用することも可能だった。劇中ではリーンホースが本級に引っ張られる形で宇宙に上がっている。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』でもサラミス改が登場しているが、こちらは本艦とは別物(サラミス改級 (0083)を参照)。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
単なる雑魚。お金持ちなので、幸運などをかけて撃墜すること推奨。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
リード(パイロットは連邦士官)やワッケインなどが連邦の一般艦として乗る。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

連装メガ粒子砲
艦艇真横に2連装式を設置。
単装メガ粒子砲
艦首に6門設置。
2連装大型ミサイル発射管
連装対空砲
単装対空砲

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

関連機体[編集]

サラミス級
原型艦。一年戦争以前は精密な長距離砲撃を得意とする強力な艦艇だったが、ミノフスキー粒子の登場でその長所を完全に潰されてしまった。
サラミス改級 (0083)