サラミス改級巡洋艦 (0083)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サラミス改級巡洋艦
外国語表記 Salamis Kai Class
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙巡洋艦
生産形態 量産艦
全長 198m
全高 58m
全幅 75m
満載排水量 12,100t
動力 熱核融合炉
開発 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

サラミス改級巡洋艦は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する軍艦の艦級。

概要[編集]

宇宙世紀0083時に就航している地球連邦軍の主力艦艇。

サラミス級の改修型で、旧型と比較してもメガ粒子砲、ミサイルランチャー、対空砲が大幅に増量されており、近・遠距離戦闘により対処できる様に火力が増強されている。しかしマゼラン改級と同様、モビルスーツ運用能力は皆無。

劇中では、その火力を活かして敵艦を撃沈していた事もあったが、大抵は敵のモビルスーツによって簡単に沈められていた。

同型艦[編集]

ユイリン
ジョン・コーウェンの計らいでアルビオンと合流した艦。しかし、シーマ艦隊の攻撃で撃沈される。
ナッシュビル
ユイリンと共にアルビオンと合流した艦。こちらも沈められている。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
敵として、主にティターンズ残党の艦で連邦軍艦長が指揮して登場する。また、リアル系男主人公ルート序盤ではヤザンが指揮する艦が、リアル系女主人公ルート序盤ではデラーズ・フリート残党が奪って使用する艦が登場する。
なお、ロボット大図鑑では登場作品が『機動戦士Ζガンダム』となっているが、これは誤り。サラミス改級と混同したものと思われる。原作とは違いMS運用能力があるので、見た目は『0083』だが中身は『Ζガンダム』なのかもしれない。
第3次スーパーロボット大戦α
リアル系女主人公1話にて敵として登場するが、撃墜するとゲームオーバーになるため、戦闘の必要は無い。あとはディバリウムマップ兵器ジェネシス等のイベントで撃墜されることが多い。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

連装メガ粒子砲
単装メガ粒子砲
ミサイルランチャー
各所に発射管を装備。
対艦ミサイル
連装機銃

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

関連機体[編集]

サラミス級
マゼラン級と共に建造された地球連邦軍の主力艦艇。汎用性に優れているが、ミノフスキー粒子下での戦闘ではほとんど無力であった。後にモビルスーツの運用が可能な後期型も生産されている(ただし、所詮は応急処置に過ぎないのだが)。
SRW未登場だが『ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦』に「同盟」の母艦として登場。
サラミス改級巡洋艦
機動戦士Ζガンダム』以降に登場した艦。モビルスーツ搭載を前提とした改修艦。