ゲルググM (シーマ専用)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゲルググM (シーマ専用)
外国語表記 Cima's Gelgoog Marine
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 指揮官用モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 MS-14Fs
頭頂高 19.2 m
本体重量 40.5 t
全備重量 80.0 t
動力 熱核反応炉
ジェネレーター出力 1,490 kw
スラスター推力

20,500 kg×3(背部)
7,000 kg×2(脚部後側)
7,000 kg×2(足部裏側)

総推力
89,500 kg
180度姿勢変換 1.5sec
装甲材質 チタン・セラミック複合材
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍デラーズ・フリート
主なパイロット シーマ・ガラハウ
テンプレートを表示

ゲルググM (シーマ専用)は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカ

概要[編集]

ジオン公国軍指揮官モビルスーツ。愛称は「マリーネ・ライター」。

ゲルググMの改修型であり、スラスターやプロペラントタンクの追加によって機動性が向上している。また、頭部には指揮官機を示すブレードアンテナも設置している。

劇中ではシーマ・ガラハウが搭乗し、コウ・ウラキが乗る地上用装備のままのガンダム試作1号機と交戦して大破させた。

OVA本編ではシーマは後に本機からガーベラ・テトラへと乗り換えているが、小説版『0083』では最期まで本機に乗り続けている。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
序盤はシーマの搭乗機として、また第24話「夢色の追跡者」or「バーニング・ハート」ではシーマ以外の機体が複数登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

40mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。
110mm速射砲
両腕に1門ずつ、計2基内蔵。
ビーム・サーベル
腰部に1本ずつ、計2基マウント。
MRB-110 ビームライフル
専用の大型ビームライフル。本機の主兵装。一部のガンダムゲームでは何故かビームマシンガン扱いされていることがある。
シールド
防御用の実体盾。覗き穴も付いている。専用シールド。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

ガンダム試作1号機

商品情報[編集]

資料リンク[編集]