2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ゲルググM

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲルググM
外国語表記 Gelgoog Marine
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 MS-14F
頭頂高 19.2 m
本体重量 45.1 t
全備重量 81.3 t
動力 熱核反応炉
ジェネレーター出力 1,440 kw
スラスター推力

20,500 kg×2(背部)
7,000 kg×2(足部裏側)

総推力
55,000 kg
180度姿勢変換 1.6sec
装甲材質 チタン・セラミック複合材
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
地球連邦軍
テンプレートを表示

ゲルググMは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカ。

概要[編集]

ジオン公国軍量産型モビルスーツ。Mは「マリーネ」と読む。

ゲルググJとほぼ同時期に開発された海兵隊仕様のゲルググで、背部にプロペラントタンクを2本装備している。性能はゲルググJの方が上だが、コストパフォーマンスはこちらが優れている。

劇中では宇宙へ上がってきたアルビオンに攻撃を仕掛けたり、コロニー「アイランド・イーズ」を強奪したりしていた。また、最終話では地球連邦軍が接収したと思われる、ザクIIF2型同様のサンドベージュに塗装された機体にチャック・キースが搭乗していた。

シーマ・ガラハウ専用機はゲルググM (シーマ専用)を参照。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
異星人の基地に潜入していたレコアが入手してくる(恐らくTV版『Ζ』本編で乗っていたゲルググの代役)。なお、SFC版はドット絵がシーマのゲルググMの色違いとなっており全然デザインが違う。これは他のゲルググやゲルググJも同じ。さすがに酷い手抜きだったのか、『コンプリートボックス』およびPS版ではきちんとそれぞれ新規に書き起こされている。ただしPS版ではマシンガンのグラフィックがない。SFCではあったのに。
スーパーロボット大戦EX
マサキの章最初のシナリオ「召喚」に敵として登場する。出番はこれっきりの、一機のみで攻略本ではレア敵と言われている。レアキャラというだけなのだろうか。『第3次』と違い、きちんとドット絵をかきおろされている。以降しばらくSRWで姿を見なくなる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
シーマやジオン兵が乗る。ザク・マシンガンからビームライフルが発射される。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
カラーリングがシーマ専用機のそれになった。シーマも乗るためか旧式の割に装甲が厚め。
スーパーロボット大戦α外伝
バザーで購入可能なユニット。最大4機まで手に入る。改造で化ける他の量産機と違い武器攻撃力が異様なほどに低く、その上改造時の上昇率もワンランク下げられているため火力が全然足らず、移動後の射程も1しか無いなどと全く使えない。ただ敵としては一切登場しないため、ロボット大図鑑を埋めるには最低1機は購入して出撃させなければならない。
第2次スーパーロボット大戦α
グラフィックが大幅にリニューアルされ武装も劇中準拠になった。ジオン残党軍が使用しているほか、カリウス・オットーが本来の乗機リック・ドムIIでなく本機に乗っている。ゾンダーメタルの複製やベンメルコレクションとしても登場。
第3次スーパーロボット大戦α
連邦軍に併合されたジオン軍が使用している。ゾンダーメタルの複製や、サブシナリオではバイオネットが破棄したものをゾンダーが再生したり、封印戦争時の連邦軍の機体としても登場する。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
地上ではガトー配下の、宇宙ではシーマ配下のジオン兵が使用。マシンガンではなくP武器のビームライフルを装備。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
主にシーマ配下のジオン兵が使用。シーマがギガノス帝国に裏切った後も取り巻きはこの機体に乗ってくる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

110mm速射砲
両腕に1門ずつ、計2基内蔵されている武装。
ビーム・サーベル
腰部に1本ずつマウントされている。劇中ではこれよりもスパイクシールドを使用して格闘しているシーンが多い。
MMP-80 90mmマシンガン
本機の主兵装。ザクIIF2型と同型の装備で、地球圏に潜伏したジオン残党ではオードソックスな武器。
第2次α』になるまでグラフィックの再現は長い間行われていなかった。が、再現された『第2次α』、『第3次α』では、あろうことか銃口の上にある照準器から発射するミスがある(リック・ドムIIも同様)。
ビーム・ライフル
資料によってはこちらが本来の主兵装とされている場合もあるが設定統一はされておらず、デザイン設定も存在しない。そのため作品によって形状が異なる。シーマの指揮官用機は装備されている。
シュツルムファウスト
対MS用のロケットランチャー。命中精度は低いが無反動で撃てて、かつ広範囲に爆風を起こす牽制用の武装。
スパイクシールド
ザクのL字型シールドを改良した装備。前腕部に装着し、L字形状が丁度よくマニュピレーターと腕を覆うような形となる。スパイクが付いており、打突武器としても使える。
ナックルシールド
スパイクシールドを武器として転用する際の別名。ナックルガードの要領で保持し、スパイク部分でブン殴る豪快な武器。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ゲルググM (シーマ専用)
改修されたシーマ・ガラハウの乗る機体。
ゲルググ
ゲルググ系の大本。
ゲルググJ
機体に共通点が多い。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]