封印戦争

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

封印戦争(The Sealing War)とは、『第2次スーパーロボット大戦α』での一連の戦い、及び修羅の乱からしばらく経った時期に勃発した戦争。

第2次スーパーロボット大戦α[編集]

以上の出来事が起こり、ガンエデンの破壊をもって終結した。

後に『地球という星を封印しようとした者』(ネオ・ジオン木星帝国)、『過去に地球に封印された者』(闇の帝王オルファン)、『人類を地球に封印しようとした者』(ガンエデン)という『封印』がキーワードであったため『封印戦争』と呼ばれるようになった。

第2次スーパーロボット大戦OG / スーパーロボット大戦OG ダークプリズン[編集]

以上の出来事が起こり、ガンエデン或いはアダマトロンの破壊をもって終結した(より正確には直後に枢密院艦隊とそれに協力したシュウ・シラカワ一行とチーム・ジェルバが戦争商人ゴライクンルとの「知られざる決戦」を行っている)。ダイジェストでは次回作以降に『封印戦争』と呼称されることが予告されている。

なお、『封印戦争』はノーマルルート最終話(第2次OG)のサブタイトルにも用いられている。