グライエン・グラスマン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グライエン・グラスマン
外国語表記 Graien Grassman
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 金光宣明
初登場SRW スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 中年
所属 地球連邦政府
役職 安全保障委員会委員長→大統領
テンプレートを表示

グライエン・グラスマンは「OGシリーズ」の登場人物。

概要[編集 | ソースを編集]

政界で「ウィザード」と呼ばれるタカ派の重鎮政治家。

タカ派という事で悪い印象に見られがちであるが、私利私欲では行動せず、地球圏の防衛に対する信念も嘘偽りの無い本物である。また、政治的手腕も優れており、地球圏防衛という最大の目的の為には、ケネス・ギャレットの様にクセのある軍人や、戦争商人であるミツコ・イスルギもうまく利用していこうとする等、柔軟な思考も持ち合わせている。鋼龍戦隊に関しても、その特異性というよりも彼等が対立関係にある者達の庇護下にあるという「状況」から危険視しているに過ぎず、DC戦争の頃より数多くの戦果を挙げて地球圏を守り抜いてきたその功績自体は高く評価している。

DC戦争開戦以前は、ビアン・ゾルダークマイヤー・V・ブランシュタインと同じく、異星人の対策に関して徹底抗戦の主張をしていたのだが、政敵でありEOT特別審議会の議長でもあるカール・シュトレーゼマンの影響力が原因で思う様にいかず、結果的にDC戦争の勃発やL5戦役における地球側の多大な被害へと繋がってしまう事になっている。

シュトレーゼマンが死亡したL5戦役後は影響力を強めていく事になり、ミッドクリッド大統領に対して政治的工作を行い、彼の東京宣言で、異星人の存在を公にさせている。しかし、イージス計画では軍備増強を進めつつも、ブライアンの方針は「異星人との戦いを可能な限り回避する」という、ある種の現実の見えていない理想主義に傾倒したものとなっており、既に異星人の侵略で地球側が深刻な被害を受けていた事実を重く受け止めていたグラスマンからしてみれば、弱腰な姿勢にしか映らなかった。その結果、地球圏の防衛を目指した本格的な軍事政権を樹立するべく、インスペクター事件の中期にて、クーデター「ミッション・ハルパー」を起こし、ブライアンを追い落とす形で自ら大統領に就任。ギリアム・イェーガーが指摘した通り、ビアンやマイヤーの(表向きの)主張が、皮肉な形で達成されたことになる。

修羅の乱後、ニブハル・ムブハルの提案を受けて、大統領直属の特殊作戦部隊「ガイアセイバーズ」を設立。彼らによって地球に襲撃を仕掛けてきたゲスト軍が撃退された後、「地球を護る新たな剣」として喧伝する。その一方で鋼龍戦隊の能力を再評価しており、保険という形で存続させる事を決断しているのだが、ルイーナが出現した直後にアルテウル・シュタインベックの謀略によって鋼龍戦隊が本気で抵抗している偽の映像を見せられた上に、無人のレイディバードで戦場へと放り込まれてしまい、最後は彼等に罪を被せる形で暗殺されてしまう事になった。

後にアルテウルの正体がL5戦役の黒幕である異星人ユーゼス・ゴッツォであり、連邦政府の中枢に異星人の介入を許し、ガイアセイバーズが地球戦力でありながら倒すべき筈の侵略者の尖兵として利用されていたという衝撃の事実が判明。生存しているガイアセイバーズの関係者は全員逮捕され、グライエンに協力していたケネスも失脚し、彼の樹立した政権はあまりにも皮肉な形で倒壊してしまった。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

OGシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
ケネスやミツコと共に「ミッション・ハルパー」を起こしてミッドクリッドを大統領から引き摺り下ろす。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
上記と同じ。
スーパーロボット大戦OG外伝
エンディングでニブハルの提案を受けて、大統領直属の特殊作戦部隊設立の検討に入る。
第2次スーパーロボット大戦OG
立ち位置的に直属部隊ティターンズ、グライエン=ジャミトフ・ハイマンというポジションだと考えられており、事実間違っていなかったのだが、敵対する前にシロッコのポジションに当たるアルテウルに暗殺されてしまった。

人間関係[編集 | ソースを編集]

カール・シュトレーゼマン
政敵。地球をエアロゲイターに売り渡そうとしていた彼を中心とするEOT特別審議会による工作が原因で、異星人に対する徹底抗戦の主張が通らずにいた。
ビアン・ゾルダークマイヤー・V・ブランシュタイン
彼等と同じく、異星人との徹底抗戦を目指していたので、シュトレーゼマン達からの妨害さえなければ、連邦とDC、コロニー政府の関係性だけでなく、L5戦役における地球の被害状況は、大きく変わっていたかもしれない。
後のインスペクター事件にて、図らずも彼等の目指していた地球圏の方針を自らの手で実現させる事になる。
ブライアン・ミッドクリッド
OG2登場時は大統領。だが、実態はグライエンの傀儡に近く、後に引きずり下ろされる。グライエンの軍事政権を「死神に魅入られている」とし、長くは無いと評しており、それは現実のものとなる。
ニブハル・ムブハル
後にグライエンのクーデターに協力し、彼の大統領補佐官となる。
レイカー・ランドルフ
ブライアンのシンパとされており、グライエンは嫌っていた。クーデターで指揮権を剥奪される。
ミツコ・イスルギ
グライエンのクーデターに協力。しかし、グライエンは内心、ミツコのことを「戦争商人」と呼んで軽蔑していた。
ケネス・ギャレット
クーデターの際、飴と鞭の手法でケネスを協力させた。
アルテウル・シュタインベック
ガイアセイバーズの司令官。ルイーナが出現した後、彼の策謀で暗殺されてしまう。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 鋼龍戦隊の庇護者達を失脚させるなどの行動は取っているものの、ケネスの様に横暴というわけでもなく、鋼龍戦隊の能力も評価しており、軍事政権も一定の成果を上げていたのは事実である[1]ため、ケネスやミツコのスポンサーという立ち位置ながら、そこまで悪印象はなかったと評価するプレイヤーも多い。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 少なくともOG2時点ではブライアンの路線でインスペクターと交渉出来たかは怪しく、またシュトレーゼマンのように自発的に異星人に地球を売るような真似もしていない。