修羅の乱

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

修羅の乱とは、『スーパーロボット大戦OG外伝』における出来事。

概要[編集]

『OG外伝』の中盤から終盤までの出来事が該当する。

新西暦188年の夏、『バルトール事件』の直後に発生した騒乱の呼称。『バルトール事件』の黒幕であるデュミナス一派と地球圏近海ヘルゲート宙域に転移してきた謎の構造物「ソーディアン」を根城に侵略を繰り返す異界の武装勢力修羅との攻防が描かれた。

主な出来事は

最終的にこの事件は、シュウ・シラカワの駆るネオ・グランゾン鋼龍戦隊が撃破し、修羅ソーディアンで別の次元へ去った事で幕を下ろすが、地球に異世界の存在を立て続けに呼び寄せた原因の正体や自殺同然の戦いを仕掛けたシュウの真意。そして正体不明の妖機人の暗躍とイェッツト等の未知の兵器群を産み出した「ツェントル・プロジェクト」の詳細と言った未解決の謎が多々あり、これが後のラ・ギアス事件封印戦争へと続いていく火種となる。

関連用語[編集]

ダークブレイン
バンプレストオリジナル最古の悪役の一人。
ヴォルクルス
地球内部の空洞世界ラ・ギアスで崇められている破壊神。ネオ・グランゾンとシュウを呪縛していた超常的存在。
修羅
ラディ・エス・ラディウス4
ソーディアンの真名。ダークブレインの襲撃を受けた異世界の住人達が開発した逃走用の宇宙船。