イージス計画

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

イージス計画(Project Aegis)とは、『αシリーズ』並びに『OGシリーズ』に登場する計画。

概要[編集]

αシリーズ[編集]

超巨大バリアで衝撃波から地球圏を守る作戦。バルマー戦役(『α』)最終盤の戦闘において太陽系における第十三惑星「雷王星」軌道上で発生した爆発による重力波を防ぐため、『α外伝』の最後に実行される。地球のエネルギーを集結させた上に、スーパーロボット軍団もそのエネルギーを最大限に開放し、供給した。『第2次α』の宇宙勢力の発言より、バリアの規模は地球圏の狭い範囲、直撃・被害を受けたコロニーや惑星植民地も少なからずあったようだ。またこれの実行により、『α外伝』でプリベンターが見てきた未来は変化した(未来世界は抹消されたわけではなく、独立した並行世界として残っている)。

α for Dreamcast』の新規EDルートでは、重力波発生の原因となったヱクセリヲン自沈イベントが起こらないため、イージス計画も発動しなかったと思われる。

第3次α』においても、バリアによってアポカリュプシスの一端である隕石の落下を防いでいる。

OGシリーズ[編集]

ブライアン・ミッドクリッド大統領の東京宣言により、公となった外宇宙からの侵略者に対抗するための、兵器開発から地球圏規模の巨大バリア設置までを含めた計画のこと。凍結処分となったSRX計画ATX計画も再開された。

関連用語[編集]

SRX計画 / ATX計画 / ツェントル・プロジェクト
地球連邦軍が進める新型開発計画。
マイクロウェーブ送信施設
αシリーズにおける巨大バリア発生装置のエネルギー供給元。OGシリーズではこれに該当するものはない。
スヴェル
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』に登場した、地球全体を覆うシールド。イージス計画に類似しているが、その発動に次元力、すなわち人間の意思の力を要するため、時間制限があるという問題がある。