リード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
リード
外国語表記 Reed
登場作品 機動戦士ガンダム
声優 玄田哲章(TV版)
石森達幸(劇場版・ギレンの野望)
岸野一彦(特別版)
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 地球連邦軍
軍階級 中尉
テンプレートを表示

リードは『機動戦士ガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ルナツー所属のサラミス級巡洋艦の艦長。ジャブローに向かうホワイトベースを護衛する任務を担い、サラミスのカプセルでホワイトベースと共に大気圏に突入するが、ジオン軍の攻撃を受けカプセルは損傷。ホワイトベースに収容され、共に北米に降下してしまう。

ホワイトベース艦長のブライト・ノアは当時士官候補生だったため、ホワイトベースの艦長席に座り指揮するが、その方針を巡りブライトと対立する場面もあった。その後、ホワイトベースがマチルダ・アジャンの補給部隊と合流した際に、他のサラミスのクルーと共に引き取られる。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
初登場作品。原作通りホワイトベースに収容され、マチルダの補給部隊と共に去っていく。最初サラミス改に乗って登場するが、同じ声のサンダーススレッガーも出ているのにパイロットは連邦士官である。

人間関係[編集]

ブライト・ノア
ホワイトベースの指揮を巡り対立する。ただし、明確に対立したのはマチルダ隊がやってくる直前ぐらいで、劇中ではブライトの進言を素直に受け入れている場面が多い。

名台詞[編集]

「現場を知らんのだよ、戦場を!」
ようやくジャブローと連絡が付くも、ホワイトベースには敵の防衛線を突破しろという無常な命令のみ。この事にブライトが「将軍たちは、何を考えているんだ」と不満を漏らすと同調してこの台詞を叫ぶ。
TV版では軍人としての威厳を保つ為の見栄と虚勢を張っていたが、『THE ORIGN』では人前で泣き叫ぶなど、見栄すら張れないヘタレになっている。

余談[編集]

  • 『ギレンの野望シリーズ』では地球連邦軍の中では全体的に能力が低く、『THE ORIGN』で感情的に騒ぐだけの無能な人物として描かれている為に無能なイメージが強いが、原作本編ではそこまで無能には描かれてはいない。

資料リンク[編集]