エゥーゴ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

エゥーゴ(A.E.U.G.)とは、『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する組織。

概要と経緯[編集]

地球連邦政府組織。

なお、「エゥーゴ」という組織名は略称で、「Anti Earth Union Group」「Anti Earth United Government」等諸説あるが、どれも「Anti Earth」の部分は共通している。

Ζ[編集]

エゥーゴは「ジオン残党狩り」として組織されたティターンズの横暴と、それを黙認する連邦に対する抵抗として、元地球連邦軍准将ブレックス・フォーラを中心に結成された。地球連邦軍の一部も参加している[1]。また、クワトロ・バジーナシャア・アズナブル)も参加して、その仲介によりアナハイム・エレクトロニクスの支援も受けた。

エゥーゴが歴史の表舞台に立ったのは「ガンダムMk-II強奪事件」以降の事である。それを切っ掛けに起こるグリプス戦役において、エゥーゴ幹部であったクワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)や、カミーユ・ビダンの活躍によって、ティターンズを壊滅に至らしめ、混乱に乗じて介入してきたアクシズ軍も一時的な撤退に追い込むことに成功した。

しかし、グリプス戦役中にエゥーゴの最高指導者であるブレックスが何者かによって暗殺され、彼の跡を継いだクワトロがハマーンとの戦闘後に行方不明となる。また、激戦の中で主力部隊のメンバーの多くが戦死あるいは戦線離脱してしまった上、その他の戦力も激しく損耗してしまっており、再侵攻を画策するアクシズ軍と正面から戦う能力を喪失してしまう。

ΖΖ[編集]

グリプス戦役後、上述した通りエゥーゴの主力部隊は弱体化していたが、シャングリラに寄港した際にジュドー・アーシタらシャングリラ出身の少年少女達を新たにスカウトし、新たにガンダム・チームを結成する事によってエゥーゴの主力部隊は戦力の立て直しを図る。

第1次ネオ・ジオン抗争では、アクシズネオ・ジオン)による地球圏の制圧をエゥーゴ所属に所属するガンダム・チームの抗戦によって防ぐことに成功したのであった。

なお、エゥーゴは第1次ネオ・ジオン抗争以後は解散あるいは地球連邦軍に吸収され、その一部はロンド・ベルに移行していったと思われる。

総評[編集]

エゥーゴは主人公サイドの勢力であり、敵対勢力であるティターンズが非常に悪辣な組織として描かれているため、基本的に「虐げられている宇宙移民の為に活動する高潔な組織」といった印象で見られる事が多い。

ただし、エゥーゴは「地球の人間にも組織の活動をアピールすべし」とするアナハイム・エレクトロニクスの意見によって、ティターンズの本拠地であるグリプスIIを攻める作戦の目標をジャブローに変更させられる等、出資者の意向(クワトロ・バジーナ曰く「無理難題」)に振り回される面もあり、「アナハイム社の私兵」と見られる事もある。

また、グリプス戦役の際にブレックス・フォーラクワトロ・バジーナといった有能な指導者を失って弱体化し、第1次ネオ・ジオン抗争時には、「組織上層部がネオ・ジオンとの戦闘をネェル・アーガマおよびガンダム・チームに押し付け、大勢が決した後にようやく主力を動かす」という腐敗ぶりを見せている[2]

なお、漫画『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』(SRW未参戦)には「ヌーベル・エゥーゴ」という組織が登場するが、こちらは純然たる過激派テロリストに過ぎず、『Ζ』『ΖΖ』のエゥーゴとは関係が無い。

登場作品[編集]

SRWにおいては、主人公が所属するプレイヤー部隊の中核(あるいは、協力者)になる場合が多い。それ故か、で見られた腐敗している部分が描かれる事は少ない。

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
連邦軍を離脱したロンド・ベルに協力。「ダカールの日」の選択肢次第でブレックスの生死が分かれ、死亡した場合はクワトロが原作通りエゥーゴの中心人物となる。また、ギリアム・イェーガーもエゥーゴに参加する。
マップ「ロンデニオン」クリア後には資金3万とファティマALICEサイコフレームアポジモーターをくれる。
マップ「キリマンジャロの嵐」クリア後には資金2万とチョバムアーマーハイブリッドアーマーブースターをくれる。
マップ「ビヨン・ザ・トッド」でも「補給物資を持ってきた」という台詞が出るが、実際には資金もパーツも増えていない。ただし、この補給物資の中にSガンダム用の強化パーツが入っている。
スーパーロボット大戦F
コロニー独立宣言の調査の為、宇宙に上がったロンド・ベルと合流する所で『F』のストーリーは終了する。
スーパーロボット大戦F完結編
後編で本格的に活動する。地球側の抑圧に対して平和的手段によるコロニーの権利拡大を目指しており、その為サンクキングダムの完全平和主義を旗印にコロニーの意思統一を図っているが、DC宇宙軍の活動にやや押されている。なお、今回ブレックスは暗殺されない。
マップ「悲しみのカトル」クリア後に量産型νガンダムラー・カイラムを持ってきてくれる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作と役割は同じ。エンディングでは、協力関係にあるカラバリガ・ミリティアと共に新しく結成されたプリベンターに合流。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
プラントザフト)と同盟を結ぶ。更にその後、宇宙革命軍アクシズと共に「アプリリウス同盟軍」を成立させるが、後にブレックスが暗殺され、クワトロが指導者となった後、「アプリリウス同盟軍」から脱退する事になる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
GEAR等と共にラウンドナイツを結成する。『ΖΖ』設定だからか、作中ではネェル・アーガマ隊を表すような扱いがされている。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ガンダム大陸に存在する国の名前が「エゥーゴ連邦」となっている。また、アムロらが所属する組織が「エゥーゴ軍」という名前になっている。
本作の舞台は地球ではない為、「地球連邦」という組織名が使えなかった為の措置である。
なお、ティターンズはエゥーゴ軍のエリート部隊という設定で、「エゥーゴがティターンズを内包している」という一種奇妙な設定になっている。

主な人物[編集]

ブレックス・フォーラ
エゥーゴの創始者である地球連邦軍の高級将校。地球連邦政府の議会員でもある。連邦議会に参加する為に地球へ降りた際に暗殺されてしまう。
クワトロ・バジーナ
ブレックス亡き後実質的なエゥーゴのトップとなるが、グリプス戦役終了と同時に行方不明になる。後にネオ・ジオンの総帥「シャア・アズナブル」として再び世に現れる。
メッチャー・ムチャ
第1次ネオ・ジオン抗争時のエゥーゴの技術士官にして、同組織の指導者。元々はアナハイム・エレクトロニクス技術者であったが、エゥーゴへ天下っていた。
ブレックスおよびクワトロといった有能な指導者を失って腐敗したエゥーゴ上層部を象徴する人物として描かれている。SRW未登場。
ブライト・ノア
グリプス戦役途中にて参加。アーガマ艦長を務め、その後の第1次ネオ・ジオン抗争においても戦うことになる。
カミーユ・ビダン
ガンダムMk-II強奪事件」の立役者となった民間人の少年。エゥーゴに参加してグリプス戦役を戦い抜いたが、精神を病んで同戦役の終了後に離脱した。
ジュドー・アーシタ
カミーユ離脱後に、エゥーゴに参加したシャングリラ出身の少年。ネオ・ジオンとの決着後にようやく腰を上げたエゥーゴ上層部に対しては、憤りを露わにしている。
エゥーゴ兵
一般兵。

保有兵器[編集]

モビルスーツ[編集]

艦船[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. このため、媒体によって「エゥーゴは地球連邦軍から派生した組織である」と解釈される場合もある。
  2. ただし、漫画『ジオンの幻陽』等でも語られている様に「ハマーン・カーン地球に降下していた時期に、エゥーゴがアクシズへ攻撃を仕掛けるが、ネオ・ジオンの反撃によって壊滅的な被害を受けて撤退した」という設定が『ΖΖ』放映時より存在する。

資料リンク[編集]