カラバ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

カラバ(Karaba)とは、『機動戦士Ζガンダム』及び『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する組織。

概要[編集]

地上におけるエゥーゴの支援組織的な存在。グリプス戦役ではティターンズを相手に、第1次ネオ・ジオン抗争ではネオ・ジオンを相手に抵抗運動を展開した。

その実態は地上における複数の反連邦組織が、勢力を拡大していくティターンズの脅威に対抗すべく築き上げた連合組織のような存在で、各地を担当する構成組織がネットワークで繋がり、互いに連携することで統制を執り合っている。このため、完全に組織化されたエゥーゴとは違って最高指導者や本拠地と言ったものは存在せず、小規模で散発的なゲリラ活動に終始することが主ではあるものの、その実態を掴ませない秘匿性でティターンズやネオ・ジオンを梃子摺らせた。

幹部としてハヤト・コバヤシが参加。 途中でアムロ・レイも参加することになる。

なお、クワトロ・バジーナは「秘密結社の名前のよう」として「好きではない」と発言している。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
初登場作品だが、「エゥーゴの支援組織」ではなく「エゥーゴの母体となった組織」となっている。
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作と同じ設定。リガ・ミリティアと連携し、『α外伝』ではプリベンターに合流。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
原作と同じ設定。トレゾア技研に協力していた。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
地球解放戦線機構を支援する。破嵐万丈アラン・イゴールが立ち上げた組織であり、原作とは名前以外に共通点はない。スーパーロボットの開発も行っているなどポジションは『第4次』や『F』の破嵐財閥に近く、本作ではグレートマジンガーゴッドガンダムまでカラバにより開発されたことになっている。

人物[編集]

ハヤト・コバヤシ
リーダーの一人。エゥーゴとの折衝で代表を務めたり、最重要戦力であるアウドムラを指揮するなど、カラバ全体の実質的な中心人物だった。
アムロ・レイ
メンバー。グリプス戦役中に所属し、ディジェやゼータプラスなどを駆って活躍した。
ベルトーチカ・イルマ
メンバー。養父がカラバの支援者だった縁から参加した。

保有兵器[編集]

カラバ仕様のものはグリーンに塗装。
小説版ZZでのアムロ搭乗機。
ジャブロー脱出時に連邦軍から鹵獲したガルダ級超大型輸送機。その性能は構成組織間の相互支援・連携の円滑化、主力部隊の常時運用を可能にせしめ、カラバの最重要戦力となった。
第1次ネオ・ジオン抗争にてエゥーゴから譲渡された戦力。

関連用語[編集]

エゥーゴ
カラバが地上を担当する反連邦組織なら、こちらは宇宙を担当する反連邦組織と言える存在。
アマルガム
フルメタル・パニック!の敵組織。「本拠地や最高指導者が存在しない」という点で似ているが、ネットワーク組織としてはこちらの方が遥かに高度な体制を築き上げている。またカラバは既存の政治体制に対する反抗組織だが、アマルガムは実質的に世界を支配している組織であるため、その点は真逆といえる。

資料リンク[編集]