スーパーガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
スーパーガンダム
外国語表記 Super Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
正式名称 Mk-IIディフェンサー
分類 汎用モビルスーツ
頭頂高 18.5 m
全備重量 96.0 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1,930 kW+α
スラスター推力 81,200 kg+84,800 kg
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
ガンダリウム合金
所属 エゥーゴ
主なパイロット エマ・シーン
テンプレートを表示

スーパーガンダムは『機動戦士Ζガンダム』の登場メカ

概要[編集]

エゥーゴの試作型モビルスーツ

ガンダムMk-IIGディフェンサー合体した形態で、正式名称は「Mk-IIディフェンサー」。

正確には合体した直後の状態はGフライヤーと呼ばれ、そこからGディフェンサーのコアファイターが離脱し、変形する事でスーパーガンダムとなる。主に機動性と火力、防御力が強化される。一説にはΖガンダムと同性能を誇ったとも言われている。

劇中ではスーパーガンダムに合体できる状態でもガンダムMk-IIとGディフェンサーを別々に運用することが多く、出番はそれほど多くなかった。

グリプス戦役で投入され、高い戦果を挙げたが、第1次ネオ・ジオン抗争の際にはアーガマにGディフェンサーが配備されなかったため、本形態も登場しなかった。

Gフライヤー[編集]

合体した直後の巡航形態。Ζガンダムのウェイブライダーと同レベルの機動性を持つ。

構成機体[編集]

ガンダムMk-II
本体を構成。
Gディフェンサー
背面を構成。

登場作品と操縦者[編集]

分離と変形を伴う本来の変形機構はSRWのゲームシステムの関係上再現されておらずアレンジとしてMk-IIとGディフェンサー合体で2人乗り、単機一人乗り、Mk-IIに換装パーツを装備で1人乗り、の3つの扱い方がある。携帯機作品は1人乗り、据え置き機作品は2人乗りであることが多い。小隊制の作品は今のところ換装扱いである。Gフライヤーへの変形も再現されているのは一部作品のみで、飛行可能に設定されている場合が大半。

また、作品によってその強さや重要度が大きく異なってくるのが本機の特徴である。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。2機分の出撃枠を食うものの、二人乗りなので育成面では優秀な機体。特にSFC版では低レベル者をMK-IIに、高レベル者をGディフェンサーに乗せておくことで、低レベル者が獲得する経験値がそのまま補正なしで高レベル者にも入るため、MS系パイロットの早期育成に大活躍した。
クワトロを仲間にしないルートに行かないとGディフェンサーが入手できないため、本機も使用不可になるのが難点。
リメイク版では経験値のレベル補正がパイロットごとに個別になったため育成用としてはやや需要が落ちたが、代わりに『F』仕様に倣って飛行可能になった。
第4次スーパーロボット大戦S
Gディフェンサーのパイロットの精神コマンドが使えるようになったのは今回から。2人乗りなのはいいが、火力は低いのが欠点。前作と違い、乗っているパイロットが獲得する経験値が、個別になったため前作ほどの爆発力はないが、幸運をかけた一撃で名有りパイロットが乗る戦艦などを撃墜することにより、成長が遅れがちなMSパイロットの成長には役立つ。前作とは逆に高レベルパイロットをMk-II側に乗せると良い。
何故かMK-IIより適応が向上するため使い勝手は良好で、バルカン・ビームサーベル・ロングライフルを改造して切り込み役として使うのがいい。
スーパーロボット大戦F
2機分の出撃枠を食うが、スーパーガンダムだからか、スーパー系なら序盤から使用可能で味方にまだ強力なMSがいないため貴重な戦力である。リアル系は…後半参入なのが泣ける。ただ、『F』の主力MSジェガンと同等の火力を持ち、射程なら上回るのは魅力的。2人乗りゆえに精神コマンドや経験値効率も優れており、ガンダム系のエースとして活躍できる。本作から飛行可能になった。
スーパーロボット大戦F完結編
ステータス、火力共に本作のインフレの前には完全に役者不足で、育成装置としての優位性も形無しとなってしまう。味方に強力なMSが次々と加入するうえに、2機分の出撃枠を食うので使わなくなる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
合体状態で出撃可能。2人乗りである事に加え、2機分=4つの強化パーツを装備できる為、上手く使えば脅威の高性能機になる。主役MSには劣るがそこそこの火力を持つロングライフルを改造すればそれなりに戦える為、2人乗りという利点を活かしてレギュラーに登用する価値はある。精神コマンド要員を多く出したい人に特にオススメ。
プルのように能力の高いパイロットをガンダムMk-II側に、ファのような能力の低いパイロットをGディフェンサー側に乗せれば無駄がない。
スーパーロボット大戦α外伝
デフォルトではMk-IIにルーGディフェンサーフォウが搭乗。強化パーツスロットが3になったが、武器改造のシステムの変更、地上マップばかりの今回で飛行可能、ロング・ライフルの火力、地形適応射程から、最後まで戦闘用ユニットとしても戦える。援護攻撃を行ったり、2人乗りを生かして育成のために努力要員、その他補助精神要員を乗せるのも良い。
第2次スーパーロボット大戦α
本作から換装扱いになった。移動タイプが空陸で移動力が7でコストも安いという、理想の小隊員機。ガンダムMk-IIが2機あるのに対しGディフェンサーが1つしか無いのが難点。また、機体自体は長射程なのに小隊攻撃の射程がそれほどでもなく、射程1に穴があるのも残念なところ。とはいえ、ロング・ライフルの威力、射程、弾数を考えると優秀な援護攻撃用の機体でもあることは間違いない。今回はエマとエルの2人がいるが、脱力を覚えるエルの方を乗せるのが有用か。
第3次スーパーロボット大戦α
前作とほぼ同じ。前作と同じくGディフェンサーが1つしか無いのが難点。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
ガンダムMk-IIΖガンダムに改造を引き継ぐため、本機も自然と強化されていることが多い。最大のウリは最強武器のロングライフルがPLA属性であること。小隊攻撃で5000以上のダメージを与えることができる。パイロットはエマのままであることが多いだろう。単独飛行が可能になったため「フライングアーマー突撃」は使用できなくなった。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
本作から一人乗り。 登場時は既に5段階改造済みのため、2回全滅プレイをすると……!?
武器が遠近に対応してるうえにビーム・実弾を使い分けできるため、ファンネル搭載機ほどではないが結構強い。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
一人乗りだが、変形はせずそのままで飛行可能。但し空B。カミーユの能力ではすぐに限界を超えるので、パーツか改造で補おう。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
ステージ選択順により、Mk-II(黒)が強化され入手する。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
宇宙で手に入れたはずの1機は何故かいなくなる。地上組ゆえ無改造なので攻撃力はMk-IIに抜かれている。
スーパーロボット大戦IMPACT
空陸A、宇宙Sになった。初登場時のみ一人乗り、それ以降は2人必要。出撃枠を食うのが悩みだが、パーツスロットが増えてV-UPユニットの効果が上がる利点がある。MSパイロットの育成に最適であり、第1部では重要な戦力。分離→攻撃→合体→攻撃で擬似2回行動ができるが、次PPになってもGディフェンサーは行動終了状態のままであることに注意。
スーパーロボット大戦COMPACT3
一人乗りだが、変形はせずそのままで飛行可能。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
一人乗り。Gフライヤーに変形可能だが、MS形態では飛行できなくなった。各MAPにおいて、1回だけなら撃墜されてもガンダムMK-Ⅱになるだけで修理費は0。地上不可の地形を飛行している場合はその限りでなく一発退場であるが。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
スーパーロボット大戦R
一人乗り。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
二人乗りだが、合体状態で出撃できない。15段階改造可能なロングライフルはMS系でトップクラスの火力を持つ。
スーパーロボット大戦MX
本作は機動戦士ガンダムΖΖ終了直後の時系列なのだが、エル・ビアンノの乗機はMk-IIではなくスーパーガンダム。換装も分離もできない単機一人乗りである。ロングライフルが弾数とENを両方使う特殊仕様。強さはそこそこ。
スーパーロボット大戦GCXO
一人乗りで変形可能。二機入るガンダムMk-IIのうち一機がこれに強化され、初登場時にはエルが乗る。
スーパーロボット大戦X-Ω
UC・SRのディフェンダーと、R・SRのシューターが登場済み。パイロットはエマのみ。
R以上のアビリティにはGディフェンサーが設定されているが、やはりサブパイロットはいない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ガンダムMk-II[編集]

VCU-505EX-Gry/Ver.009 バルカンポッド
オプション化し、外装式にしたバルカン砲。頭部に取り付ける。砲門は左側に2門備えられ、右側はマガジンになっている。
Z』では照準値低下の特殊効果を持つ。
XB-G-1048L ビームサーベル
バックパックに左右2本マウントされている。グリップの形状が四角になっている。
作中でGフライヤー形態で使用した事があるのだが、構造上振ることができず横に出したまますれ違うように当てていた。
BAUVA・XBR-M-8C2 ビームライフル
本機の主兵装。エネルギーパック方式を採用し、本体からのエネルギー供給なしで使用可能。横腰部にマウント可能。
Baz-85-Gry/Ver.045 ハイパーバズーカ
通常弾と散弾を発射可能な実弾兵器。後腰部にマウント可能。
拡散バズーカ
散弾を発射する場合のハイパーバズーカ。

Gディフェンサー[編集]

Gフライヤー形態がある作品の場合、変形中はこちらの武装しか使用できないことが多い。

14連装ミサイルポッド
左右に装備しているミサイルポッド。シールドの代わりにもなる。
αシリーズ』や『Z』では全体攻撃武器だが火力はあまり高くない。
大型バルカン砲
ミサイルポッド先端に左右計4門装備。ただしスーパーガンダム形態では銃口が真上を向いているためか劇中未使用であり、SRWでも未実装。
ロングライフル
Gディフェンサーの主砲。Ζガンダムのハイパー・メガ・ランチャーに匹敵する威力がある。「ロング・ライフル」と表記される事もある。
MX』では弾数とENを両方消費する特殊な武器。『Z』では最強のPLA属性武器である。ガンダムZZのエル・ビアンノのロングライフル使用台詞がある。『A』では、序盤においてディストーションフィールドを破れる可能性がある貴重な武器。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動する。
変形
Gフライヤーへと変形する。
分離
ガンダムMk-IIGディフェンサーへと分離する。一人乗りの場合はガンダムMk-IIになる(COMPACTシリーズでは例外)。
換装
ガンダムMk-IIに換装する。

移動タイプ[編集]

/ 陸
MS形態時。飛行可能。ただし、Gフライヤーへ変形できる場合には飛行できないことが多い。
Gフライヤー形態時。飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

全武器を切り払い無効にする
A PORTABLE』で採用。

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第3次』にて。
「モビルスーツ戦~交戦」
第4次』、『α』、『α外伝』、『R』にて。
「艦隊戦」
第2次α』、『第3次α』にて。
「水の星へ愛をこめて」
A』にて。

関連機体[編集]

他作品の関連機体[編集]

バーサル騎士ガンダム
SDガンダム外伝』に登場したキャラ。モチーフの一つが本機。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]