ギャプラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャプラン
外国語表記 Gaplant
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 永野護
初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用可変モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 ORX-005
全長 20.3 m(MA時)
頭頂高 19.8 m
全高 25.2 m
本体重量 50.7 t
全備重量 94.2 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 3,040 kw
スラスター推力

22,000 kg×1(背部)
12,000 kg×3(背部)
12,000 kg×4(ムーバブルシールド)
11,000 kg×1(後腰部)
11,000 kg×6(脚部)

総出力
183,000 kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 13,000 m
開発 オークランド研究所
設計 オーガスタニュータイプ研究所
所属 地球連邦軍
主なパイロット ロザミア・バダム
ヤザン・ゲーブル
テンプレートを表示

ギャプランは『機動戦士Ζガンダム』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍ニュータイプ研究施設であるオークランド研究所で超高々度迎撃用に開発された試作汎用可変モビルアーマー

機体概要[編集]

基本設計はオーガスタ研究所が行っている。

自由度の高い両肩のアクティブスラスターユニットと変形機構により圧倒的な機動性を誇り、機体の方向を変えず急上昇・急降下攻撃ができる。リフティングボディや熱核ジェットを持たないため燃費は悪いが、アッシマー同様、単独での飛行能力を持ち、またブースターを追加装備することで単独での大気圏離脱や大気圏内での航続距離の延長も可能。しかし、加速した時にかかるGが強烈でパイロットに多大な負担をかけるため、実質的には強化人間専用の機体となっていた。後に改良された後期生産型は一般兵でも搭乗可能。

ちなみに、ヤザン・ゲーブルが搭乗した機は一般兵士用に調整された機体だが、急遽設計されたために全天周囲モニターに欠陥があり、機体の下部に死角があるという弱点が存在した。

MS形態[編集]

モビルスーツ形態となることで格闘戦にも対応可能。ただしモビルアーマー形態での一撃離脱が基本戦術であるため、万一の時の自衛用という意味合いが強い。

さらに脚部だけを展開してガウォークのような中間形態での変形維持も可能。

劇中での活躍[編集]

地球では強化人間であるロザミア・バダムが、宇宙ではヤザン・ゲーブルが搭乗した。

ヤザン機は前述の弱点をサラ・ザビアロフカミーユ・ビダンに密告したために撤退に追い込まれている。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。シナリオ「うわさの破嵐万丈」ではジェリドカクリコンがMS形態に搭乗する。MA形態も登場するが、どちらにせよ射程6のメガ粒子砲が脅威となるので長射程の武器等で対抗したいところ。
スーパーロボット大戦F完結編
終盤戦にティターンズの戦力として登場。ネームドパイロットこそ乗らないが、あのバイアランを更に一回り強めた性能を持つ。しかし獲得資金額は1機につき7000と、バイアランの1400に対して妙に跳ね上がっている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
シナリオ(リアル系第一話)「バニシング・トルーパー」でMS形態にヤザンが乗ってくる。クワトロを狙ってくる。また、シナリオ「アムロ再び」の敵増援としてMA形態が登場し、パイロットはロザミア。こちらはカミーユを狙ってくる。その後はSRWお約束の展開で多数量産されている。なおMS形態はリアル系第1話しか登場しない。
スーパーロボット大戦α外伝
第3話でヤザンが搭乗。その後もティターンズ兵がMA形態で搭乗し、未来世界でも登場する。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
今回は本来のモビルアーマー形態のみで登場。モビルスーツ形態は攻撃時のみ。原作通りロザミアとヤザンが乗り込む。セツコルートではイベントをこなすとフォウが味方となってこの機体に乗り込んで参戦。盾持ちであるうえ、移動後攻撃可能なトライチャージ武器が強力で、改造すれば優秀な機体。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
ロザミアが搭乗し、彼女を説得することで自軍ユニットとして使用可能。本作では地上か空中のどちらかの適応がBになっている機体が殆どなため、変形することでどちらの地形もAに出来るギャプランは相手を選ばず援護攻撃が行えて便利。何故か武装のメガ粒子砲が右と左の二つに分かれており改造も別々になっているが、戦闘グラフィック以外に違いはない。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第1部で入手したデータを引き継ぐと、自軍ユニットとして登場する。
スーパーロボット大戦IMPACT
ロザミアが搭乗する。ロザミアを仲間にするとこの機体も自軍でも使用可能になる。なお、仲間にしたステージのみHPが敵時と同じで一万を超えている。P武器がビームサーベルしかなく、メガ粒子砲の燃費も悪いため使い辛い。一応地上編中盤の分岐ではザク改と共に地上に残留する数少ないMSであり、改造しまくれば使えないことも無いが他のユニットを優先した方が賢明。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
敵としてはMS形態のみ登場。MA形態は説得して仲間にした上で、変形させないと見られない。やや打たれ弱いが、飛行形態に変形可能で移動力も高いのでアイテム回収役として使える。
ちなみに本作では女性である。尤もハンブラビがヤザンのキャラになっているので妥当なところとは言える。
スーパーロボット大戦64

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
シロッコ専用機で、中ボスとして登場する。
彼が途中で死亡するポセイダルルートのみ、自軍が入手して使用できる。HPが極めて高く、変形も可能だが武装が2種類しかない上、EN消費も激しい。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本装備[編集]

ムーバブル・シールド・バインダー
両腕に装備されているシールド兼用のバインダー。バインダーの方向を固定したまま飛行し、MS部分をぐるりと宙返りさせて変形するなどトリッキーな動きを可能にする。
ビームライフル
「メガ粒子砲」と表記される事もある。両腕のバインダーに1門ずつ内蔵されており、出力や連射性能に優れている。
ビームサーベル
腰部に2本マウントされている。
ブースター
本機の追加装備。本体にドッキングし、航続距離や加速力を強化する。
ロザミアが前回の出撃でブースターを使ってしまい、使用できない際には可変MSでありながらベースジャバーに搭乗し、航続距離を伸ばしていた。

オプション装備[編集]

ビームナギナタ
元々はゲルググの武装。TV版でヤザン機が放棄されていたゲルググのものを拾って一度だけ使った事がある。もっとも、競り合った相手がゼータのビームサーベルだったため、圧倒的な出力差から一瞬にして押し負け破壊されてしまったが…。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
変形
MA形態からMS形態へと変形する。

移動タイプ[編集]

MS形態。
MA形態。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

アッシマー
同じ研究所で開発された機体。
バウンド・ドック
同じ研究所で開発された機体。
ギャプランTR-5
「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」に登場したギャプランの改修機。頭部をガンダムタイプにするなど多数の改修点があるが、一般兵でも扱えるようにムーバブル・シールド・バインダーがシールドブースターに換装されているのが最大の特徴。敵拠点への音速侵攻を目的とした[ファイバー]、両腕にシールドブースターを設置し、オプション兵装を装備した状態である[フライルー]など様々なバリエーションが存在する。
ギャプラン改
ダカール演説によりティターンズを見限ったオークランド研究所がカラバ向けに開発した機体。成層圏からの一撃離脱戦法をコンセプトに設計された結果、MA形態に特化。つまり脚部が廃されており外観はもはや戦闘機に近い。武装は収束・拡散の切り替えが可能なメガ粒子砲、機首に設置されたバルカン砲、12連装ミサイルランチャーと重装化がなされており高高度からの空母迎撃や降下中の敵機強襲などに大きな期待が寄せられたが、カラバは通常のギャプランやΖプラスを採用したため大規模な配備はされなかった。「Gジェネ」に登場。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]