アッシマー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アッシマー
外国語表記 Asshimar
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用可変モビルアーマー
生産形態 試作機 → 量産機
型式番号 NRX-044
頭頂高 19.6 m
本体重量 41.1 t
全備重量 63.8 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 2,010 kw
スラスター推力

16,800kg×2
17,300kg×2

総推力
68,200 kg
装甲材質 チタン合金
センサー有効半径 10,200m
開発 オークランド研究所
所属 地球連邦軍
ティターンズ
主なパイロット ブラン・ブルターク
テンプレートを表示

アッシマーは『機動戦士Ζガンダム』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍のオークランド研究所が開発した可変モビルアーマー[1]

MA形態では大気圏飛行能力を持ち、この状態での機動力が本機の最大の特徴である。円盤型の特異なフォルムは、空力特性を活かすためのリフティングボディである。

さらに、ガンダムMk-IIのバズーカの散弾を喰らっても問題無く稼働するなど耐弾性にも優れているが、MA形時に胸部のフレームが露出してしまうという欠点もある。

Zの時代の初期に登場したMAなので、ムーバブル・フレームは使っていない。

MS形態[編集]

MS形態に変形した状態。飛行可能なMA形態で高高度まで移動し、その後MS形態に変形し自由落下しながらの戦闘を行う。

可動部にはマグネットコーティングが施されており、僅か0.5秒で変形するほか、ギャプランなどと同様に脚部のみ展開してガウォークのような中間形態になることも可能。

劇中での活躍[編集]

劇中ではブラン・ブルターク少佐の愛機として活躍しており、ロベルトリック・ディアスを撃墜したり、カミーユ・ビダンクワトロ・バジーナを苦戦させるなどしている。その後、ブラン機はアムロ・レイによって撃墜された。

他にもTV版ではダカールの防衛部隊に配備されていたり、『ガンダム新体験-0087-グリーンダイバーズ』にてティターンズカラーの本機が登場したりしている。

登場作品と操縦者[編集]

ブランが搭乗するイメージが強い。MA形態が円盤状なので円盤獣にちなんだネタが多い。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初登場作品。DC所属。ブランが乗り、イベントで変形を披露する。PS版では登場時点では中々の装甲を持ち、序盤のMSでは余り有効打を与えられない。更にHP半減で撤退するのでゲッター3熱血を温存しておくといい。後半ジュピトリスでも再登場するが、その頃にはただの雑魚である。
第3次スーパーロボット大戦
DC所属。同時期に搭乗する敵MSの中では装甲値がけっこう高く倒すのにやや手間取る。MA時のほうが装甲が高い。MS形態では、原作の設定にはないビームサーベルが武装にある。
シナリオ「陽動作戦」においてブランの機体がデュークに攻撃をかけられる時に「でたな、円盤獣!」と言われる。他、ウッダーも乗る。
第4次スーパーロボット大戦S
DCやティターンズの戦力として登場。今作では珍しく、ブラン含めて名前のあるパイロットは乗ってこない。
中堅どころの敵MSの装甲基本値が200前後~300未満程度の中で、装甲300以上と他の中堅どころのMSと比べて固い。MA時のほうが装甲が高い。MS形態では、原作の設定にはないビームサーベルが武装にある。また主力の大型ビームライフルは弾数12と他のビームライフルに比べて多いが、攻撃力はマラサイのビームライフル以下で1000にも満たない。
スーパーロボット大戦F
DCの戦力として登場。前作までの様な、他の敵MSに比べて分厚い装甲ではなくなってしまった。大型ビームライフルの射程が標準的なビームライフルより少し射程が長く、MA時のほうが装甲が高い。相変わらずMS形態では、何故かビームサーベルを装備。更にどういうわけか、今作と完結編では宇宙マップでも普通に出撃している[2](宇宙適応もAである)[3]
スーパーロボット大戦F完結編
ティターンズ、連邦軍、DCの戦力として登場。原作では地上専用なのだが、前述の通り宇宙にも登場する。一般兵が乗る通常のものと、ブラン専用の強化型の2種類が登場。
一般兵用の物は登場時期が序盤からというのもありMS全体では中の下程度の性能だが、ティターンズではホンコンから宇宙へ逃げ延びた後まで長く運用されている。
ブラン専用の強化型は、一般機に比べHP・装甲が倍以上、運動性も大幅アップ。特にそこらのMSとは思えない程分厚い装甲のせいで、必殺武器ファンネルくらいの高火力武器で無いとまともにダメージが入らない。武器性能は一般機と同様だが、改造段階が高く当たるとかなり痛い。異様に強化されている分、獲得資金も9000へと大幅に増えている。雑魚から手に入る資金が少ない時期での登場なので、幸運を使って倒しておきたい。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
殆どがMA形態で登場。MS形態はティターンズがネルフ本部を襲撃してくる時(アスカ覚醒)のみに見れる。
スーパーロボット大戦α外伝
作中ではブランの他にティターンズ兵もMS・MA双方に乗ってくるが、ブラン搭乗機以外は雑魚。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
今回はモビルスーツ形態が演出のみとなった。ブランが乗ってくる他、一般兵も搭乗。特にブラン機は序盤、かなりの脅威となる。また、今回もバザーで購入可能。小隊制のおかげで優秀な小隊員機として活躍できる。しかし、宇宙の適応はCなので、宇宙で使う際は強化パーツが必須。
なお、内部に残っている没データにはアムロカミーユも「アッシマーが!」と叫んでいるセリフも収録されている。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
第1部でMA形態のみ登場。敵の守りが堅牢な本作では比較的撃墜しやすい方。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
変形できない。ブランも出てこず、ザコのみ。性能はそこそこ高いが…MA形態ならまだしもMS形態のみのアッシマー2度目。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
劇場版仕様。今作ではちゃんとMA形態で登場する。常に飛び回って動きが速い上に装甲も高く、しかも雑魚なので何体も出てくるというかなりの強敵となっている。格闘も射撃も当てにくいので、必殺技を使わないと撃破するのは大変。ちなみにブランの「アッシマーが!」はデモ中の台詞のため残念ながらボイス無し。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
ブランが乗り、イベントで変形を披露する…のだが、実際の戦闘では変形できない。イベント中の台詞で「MSに変形をした」と言っているが、アイコンは最初からMS形態で変形の効果音が鳴るだけである。アッシマーに限らず、64に登場する全ての敵専用の可変機は変形できずMS形態のみなのだが、MA形態ならまだしもMS形態のみのアッシマー1度目。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
アッシマーの本来の格闘戦は徒手空拳。
『Scramble Commanderシリーズ』での接近戦ではパンチやタックルで攻撃する。

武装[編集]

大型ビームライフル
アッシマーが持つ唯一の武器。空力特性を考慮された設計なので、『大型』といっても威力は並より少し高い程度。MA形態時は機体下部に装着される。
小さな四角をたくさん繋げたような独特のビームが特徴で、劇場版でもしっかり継承されている。
Z』では単独版、全体攻撃の連射版、TRI攻撃版が存在。

オプション装備[編集]

ビームサーベル
元々はカミーユのガンダムMk-IIから奪ったもので、何故か『α』など一部作品ではMS形態の標準装備になっている。
ビームライフル
ハイザックマラサイと同タイプ。1話だけ大型と併用して使用した。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。上記の通り、本当はビームサーベルは装備していない。
変形
MA形態から、MS形態へと変形する。

移動タイプ[編集]

本来は大気圏内用の機体なので両形態共宇宙適応は低いが、『旧シリーズ』など例外もある。

MS形態。
MA形態。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

リック・ディアス
ロベルトのリック・ディアスを撃破。味方の名前有りパイロットでは初の戦死者だった。
アジス・アジバ(ダカール戦)
アッシマーといえばブランの戦いぶりばかりが有名だが、クワトロのダカール演説も見逃せないところ。アッシマーはさほど活躍していないが、ティターンズにも話の分かる人間がいるという珍しいエピソードである。本作ではやたらとマッシヴな作画にされており、筋肉ムキムキの男性を思わせる、ゴツいデザインのアッシマーを見ることが出来る。

関連機体[編集]

ギャプランバウンド・ドック
共に同じ研究所で開発された可変型機体。
アンクシャ
機動戦士ガンダムUC』に登場する後継機。アッシマーをベースにしているが、機体分類がMAからMSへと変更されている。
アッシマック
漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』(SRW未参戦)に登場した、特殊部隊キュクロープスが使用するアッシマーの再設計機。
MA形態では下半身も円盤状に変形するようになった他、宇宙空間でも運用出来る。また、カメラアイはキュクロープス特有の不気味な大型モノアイとなっている。

余談[編集]

  • 漫画『サイドストーリー オブ ガンダムΖ』ではエゥーゴ所属の機体になっており[4]カミーユが搭乗、後のリゼル等と同様変形可能なサブフライトシステムとしても使用されていた。

脚注[編集]

  1. 分類上は「MS形態に変形可能なMA」とされている。
  2. 機動戦士ガンダムZZの終盤、グレミー軍カラーのグレーになった本機が宇宙にいるカットが一瞬だけ存在する。しかし各種メディアでは一切触れられないので、設定の混乱もしくは作画ミスの可能性がある。
  3. 余談だが、後年になって漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』(SRW未参戦)において、宇宙で運用できるようになったアッシマーの後継機『アッシマック』が登場した。また、ガンプラアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』(SRW未参戦)では「ビームサーベルを装備して宇宙空間で戦う」SRW仕様のような本機のガンプラが登場している。
  4. 型式番号もTMA-10Xとなっている他に同作での初の可変式MAになっている

商品情報[編集]

資料リンク[編集]