アンクシャ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アンクシャ
外国語表記 Anksha
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 可変モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 RAS-96
全高 22.3 m
本体重量 28.3 t
全備重量 43.9 t
出力 2,200 kW
推力 79,600 kgf
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 14,200 m
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

アンクシャは『機動戦士ガンダムUC』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍量産型可変モビルスーツ

アッシマーを再設計した後継機。ジェガン等量産型MSとの共有規格部品を使用しており、MA時は他MSのサブフライトシステムとして機能するなど、地上版のリゼルとでも言うべき機体。

頭部はゴーグルアイを装備した連邦系のものとなっている。腕部にはギャプランと類似したムーバブル・シールド・バインダーが追加され、脚部にはビームサーベルをマウント。分類も可変モビルアーマーから可変モビルスーツに変更されている。

MA形態[編集]

基本はアッシマーのMA形態と同じく円盤型だが、ギャプランと同じくバインダーが左右に設置される。

上部にはグリップが設置されており、他MSのサブフライトシステムとなる。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。ブラン・ブルタークGハウンドの隊員が搭乗する。MA形態が基本形態で、MS形態は武装演出や撃破時のみ。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門装備。
ムーバブル・シールド・バインダー
両腕に装備されているバインダー。
ビームライフル
両腕のバインダーに1門ずつ内蔵。ジェネレーター直結で出力が高い。
ビームサーベル
両脚部にマウント。アッシマーには無かった接近戦用装備。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

アッシマー
原型機。
ジェガン
一部規格が共通。

資料リンク[編集]