ブレックス・フォーラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブレックス・フォーラ
外国語表記 Blex Forer
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 藤堂貴也(TV版)
石井康嗣(劇場版)
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 サポートユニット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
生年 宇宙世紀0029年
年齢 58歳
没年月日 宇宙世紀0087年8月17日
所属 地球連邦軍
エゥーゴ
軍階級 准将
テンプレートを表示

ブレックス・フォーラは『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。

概要[編集]

エゥーゴの指導者。地球連邦軍の准将であり、地球連邦政府議会員の資格を持つ。

ジャミトフ・ハイマンにより創設され、30バンチ事件を始めとしたスペースノイドに対する弾圧を行うティターンズに対抗して、アナハイム・エレクトロニクス月面都市スペースコロニーの支持を受けてエゥーゴを創設した。

作中では地球連邦議会にて演説をする予定であったが、滞在中のホテルでバスクの放ったティターンズの刺客により暗殺され、その最期を看取ったクワトロに後を託す(正体がシャアであることに気づいていた)。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
初登場作品。選択肢によって生死が決まる。死亡条件は『主人公が護衛を引き受け、かつノーヒントの方向選択を誤った場合』と言うもので、主人公が護衛しなければ代わりにショウが護衛する事で確実に生き残る。主人公の立場は……。
生存した場合、原作とは異なりブレックスがダカール演説を行うが、原作通りに死亡してしまうと、彼の後を継ぐためにクワトロがプレイヤー部隊から離脱してしまう。
また、サザビーも手に入らないが、代わりにガンダム試作2号機ガトービギナ・ギナセシリーが加入する。アトミック・バズーカはリアル系限定の隠し要素なので、リアル系では殺してスーパー系では生き残らせた方が得か。
スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
序盤のみ登場。本作では暗殺されなかったが、以降のシリーズには未登場。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
ザフトと協力関係を結ぶが、何者かに暗殺され謎の死を遂げる。犯人は不明だが、タイミングから考えてザフトの可能性が高い。なお、原作ではジャミトフより先に死亡するが、こちらではジャミトフの方が先にクーデターで死亡している。また、原作と違いクワトロはブレックスの最期を看取ることができず、悲報はカイを通じて届けられることとなった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
本人は登場せずクワトロの台詞中などに名前が出るのみだが、ジャミトフがコロニー住民を虐殺しようとしている事を察知し、クワトロら特務隊に阻止させて彼を失脚させている。
その後も特務隊(原作と違って反連邦ではないため、エゥーゴではなくこのような呼称なのだと思われる)は活動を続け、コネクト・フォースとの共同作戦を機にクワトロとカミーユを合流させている。
スーパーロボット大戦X-Ω
SRサポートユニット。

ステータス[編集]

サポートアビリティ[編集]

地球連邦軍准将
SR。戦艦搭載中、味方全体の攻撃力アップ。

人間関係[編集]

エゥーゴ[編集]

シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ
彼の素性に気付いており、死の間際、彼にエゥーゴを託すことになる。
カミーユ・ビダン
TV版では「アムロ・レイの再来」と評したが、劇場版では逆の事を言っている。
ヘンケン・ベッケナー
部下。
エマ・シーン
第3話で、中身を知らずに彼女が持ってきた親書に目を通して、その内容に後述の台詞で激怒した。
その後、正義の違いから彼女がティターンズを裏切りビダン父子を連れて、ガンダムMk-II3機を手土産に自分達の下に身を投じたため彼女を仲間に迎えた。

ティターンズ[編集]

ジャミトフ・ハイマン
政敵。
バスク・オム
ジャミトフ同様に互いに敵視し、その残虐なやり口を激しく嫌った。
パプテマス・シロッコ
原作では絡みはない。
『機動戦士ΖガンダムDefine』では、輸送艦の臨検を受ける際に応対する。シロッコの才能に「彼が我々の敵に回らない事を祈るばかり」とさえ評した。

他作品との人間関係[編集]

ジョン・コーウェン
原作の宇宙世紀における関係は不明であるが、SRWでは反ティターンズ側の人物として関わる。
ショウ・ザマチャム・ファウ
第4次S)ではダカールにおける連邦議会での演説の際、選択次第では連邦兵に射殺されそうになったところを、同行した二人の息の合ったコンビネーションで命拾いする事に。
ギリアム・イェーガー
旧シリーズでは部下。

名台詞[編集]

「なんと破廉恥な! 中尉はこの手紙の内容を知っているのか!?」
エマ「いえ」
「だからそんな涼しい顔をしていられる!」
第3話より、当時ティターンズ所属であったエマエゥーゴにもたらした命令書を見ての怒りの一言。
その命令書の内容は「カミーユの母親を人質にして、Mk-IIの奪回とカミーユの投降を誘う(要約するとガンダムMk-IIを返却しなければヒルダ・ビダンを殺害する)」という軍人とは思えない、もはやテロリストの手口とも言うべき卑劣なものであったので、ブレックスが怒るのも無理もない。
「地球でのほほんとしている連中は、宇宙で何が起きても全く他人事だッ!」
第24話より、ダカールの地球連邦議会に出席し、宿泊しているホテルに戻った際にぶちまけた不満。
地球連邦政府が連邦軍の指揮権をティターンズに明け渡す方に傾いている事に関する不満だが、この台詞によりティターンズが連邦議会で支持されているのは政治家の宇宙に対する無関心から起因している事が窺える。
ちなみに次回作の主人公もブレックスと似たような台詞で地球連邦の政治家に対する不満をぶちまけていた。
「宇宙酔いが怖いのだとさ」
第24話より、クワトロの「政治家達を宇宙に上げる方法は無いものでしょうか?」という問いに対して。
事実なのかは不明だが、連邦政府が宇宙への移転を本気で考えていないことを窺わせる。駄目元で翌日の議会では緊急動議で政治家の宇宙移民を提案する旨を話しているが、結局は通らなかったと思われる。
ちなみに宇宙酔いは乗り物酔いの様な症状が数日間続くという中々に過酷な物であり、乗り物酔いの薬も効果はなく、乗り物酔いになりやすいかも関係が無い。原因は不明で一説は無重力状態で内耳の三半規管がバランス感覚を取れなくなるためだとされる。動物やカエルの実験でも確認できるため、宇宙世紀でもあまり克服できていないのかも知れない。
「君が…君がエゥーゴの指揮を取れ…シャア・アズナブル…。ジオン・ダイクンの息子ならそれができる……」
第24話より、自身の死の前にクワトロ(シャア)に対して、時代を生きる一人として後継者とした。
もっとも後年、彼が正真正銘の「人類の敵」に堕ちてしまった事は皮肉としか言いようが無い。

資料リンク[編集]