30バンチ事件

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

30バンチ事件(30-Banchi Incident)とは、『機動戦士Ζガンダム』においてティターンズが引き起こした過去の事件。

概要[編集]

ティターンズ宇宙世紀0085年7月31日に、反地球連邦政府デモの鎮圧を名目にバスク・オム大佐の指揮で、当時使用が禁止されていたG3ガスをサイド1の30バンチコロニーの内部に注入して、コロニーに住んでいた1500万人の住民を虐殺した事件で、ティターンズの圧力による報道規制により事実は伏せられており、ティターンズ所属だったエマ・シーンでさえも知らなかった。さらに、実際には事後の情報統制だけでなく当時作戦の後方支援を担当した部隊の指揮官にすら作戦の真の内容は知らされていなかった旨が『ティターンズの旗の下に』で語られている。ティターンズのスペースノイドに対する暴虐を象徴した事件で、これを機にブレックス・フォーラはティターンズに対してエゥーゴを結成することになる。

TV版『機動戦士Ζガンダム』では未だミイラ化した死体が漂う30バンチをエゥーゴのメンバーが実際に訪れているが、劇場版ではノートパソコンの映像のみ。

SRWでは過去の事件として語られるぐらいで、TV版同様に30バンチに行くことはないが、『第3次』では、DC所属のバスクがコロニーにG3ガスを注入するのを防ぐシナリオがある。『F完結編』でもDCがコロニーにG3ガスを注入するのを防ぐシナリオがある。『OE』ではシリーズで初めて30バンチ事件を題材とするシナリオが登場した。

登場作品[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
『α』年表通りにティターンズが引き起こしている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
DLCシナリオ「30バンチ事件」で毒ガス注入作戦を巡る攻防が描かれる。ジャミトフ・ハイマンを筆頭とする連邦軍の過激派が決行しようとするが、作戦を察知したブレックス・フォーラの指示により派遣された特務隊のクワトロ・バジーナカミーユ・ビダン、そしてコロニー勢力の刹那・F・セイエイによって阻止される。ジャミトフは逮捕され、ティターンズは結成前に解散、『Zガンダム』の原作展開は始まる前に終了してしまった。作戦にあたってジオン軍パイロットスーツとジオンMSで偽装したパイロットを配置し、責任をジオンに擦り付けようとしていた。

関連人物[編集]

バスク・オム
事件の実行責任者。

資料リンク[編集]