ビギナ・ギナ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビギナ・ギナ
外国語表記 Vigna Ghina
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 指揮官専用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 XM-07
頭頂高 15.8 m
本体重量 8.9 t
全備重量 22.5 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,790 kW
スラスター推力

22,950 kg×2
8,950 kg×2
4,490 kg×8

総推力
99,720 kg
アポジモーター 87
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発 ブッホ・エアロダイナミックス社
所属 クロスボーン・バンガード地球連邦軍
パイロット セシリー・フェアチャイルド
テンプレートを表示

ビギナ・ギナは『機動戦士ガンダムF91』の登場メカ

概要[編集]

ブッホ・エアロダイナミックス社が開発したクロスボーン・バンガードの試作型モビルスーツ

ダギ・イルスをベースに指揮官用の高機動型として開発されており、背部にシェルフ・ノズルの発展型であるフィン・ノズルを装備。これによって、高い機動性を獲得している。

劇中での様相[編集]

ロナ家の一員に戻ったセシリー・フェアチャイルドことベラ・ロナに与えられ、シーブック・アノーガンダムF91と交戦している。しかし、その戦闘で相手がシーブックであると気づいたセシリーは投降し、額部のクロスボーンの紋章を消してスペースアークの戦力として運用される事となった。

その後、機体コードを変更せずに出撃して敵を欺き、ガル・ブラウを撃沈したが、その直後にカロッゾ・ロナラフレシアと交戦して大破し、セシリーも機体から投げ出されてしまう。残った残骸は隙を作るためにF91のビームランチャーで破壊され、ラフレシアを損傷させている。

初めてモビルスーツに乗ったセシリーは、本機を「やわらかい乗り物」と評している。言うまでもないが、装甲の厚さの話ではなく、本機の優美なデザイン等から受ける感覚的なものだろう。ニュータイプのセシリーならではの第一声といえる。

機動戦士クロスボーン・ガンダム』では上記の通り、既に破壊されているがベラの回想に登場している。

登場作品と操縦者[編集]

敵機として登場することもあるが、セシリーを説得することで入手することができる味方機としての印象が強い。UCガンダム系の後期MSということもあり機体性能は良好だが、ややパンチ力に欠ける。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
隠し要素でセシリーを説得すればNPCとしてそのMAPのみ使えるが、正直火力不足。しかし、ザコユニットを勝手に倒す飛影行動もしてしまうため、経験値&資金が惜しいプレイヤーは説得するタイミングを慎重にすること。F91と同じく盾による防御が発動する。『第2次G』では登場せず。プレイステーション版では最終話でも使える。
自軍加入すると原作同様ビームランチャーを装備したグラフィックになる。
初登場のマップでは説得後攻撃してこなくなる(自軍加入はしない)。すばやさが高いため、一部ユニットは再攻撃を受けることも。さっさと説得してしまうのがベター。
第3次スーパーロボット大戦
隠し要素で後半にセシリーを説得したら味方になる。性能自体は悪くないが、ビーム耐性のある敵の機が多数登場する上、ファンネルやMAP兵器持ちのMSが主力となってくるこの時期ではあまり活躍できない。しかも次のシナリオで丁度プルとキュベレイmkIIが加入してしまう。
第4次スーパーロボット大戦
クワトロが演説を行ったルートで、隠し要素ガトーと共に味方になるセシリーが搭乗してくる。登場は遅いが、火力も高くF91と違い地形適応も悪くないために使いやすい。
第4次スーパーロボット大戦S
密かに装甲値がSFC版より20ポイント上がっているが、終盤のインフレした火力の前では殆ど意味がない。
スーパーロボット大戦F完結編
最大攻撃力こそΖガンダムと同じだが、それ以外の武器性能・機体性能は大きく上回っており、改造すれば最後まで第一線で戦える機体。敵の切り払いが猛威を振るう本作において、最強武器がビーム兵器である事は有利にも働く。
地上に降りてしばらくしたあたりから、Ζガンダムの性能が徐々に心もとなくなってくるので、大半のプレイヤーはカミーユの乗せる事になると思われる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
中盤に敵として登場し、説得すればセシリーの加入と共に入手する。隠し要素の条件上ガンダムF90Vと2択になるが、条件が緩い分性能も控え目。さらに別ルートを通るほうが強力なMSを入手できるため、それらも諦めなければならないのが厳しいところ。
地味な隠しユニットながらインターミッションの壁紙やEDムービーで登場している。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
F90VとF91との合体攻撃があるので、こちらを選ぶ可能性はまずない。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シーン5の「光る風の中」で、セシリーの乗機として自動入手。変形こそしないもののZガンダムの上位互換といえる性能で、非ニュータイブ勢を多く活躍させたいのであれば、1軍候補に入るか。量産されており、敵機としても登場する。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
セシリーは登場しないが、なんとザビーネ・シャル機が終盤に登場する。モノクロだが明らかに黒の部隊の彼には似合っていない。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
終盤中の終盤、シーン6「悠久なる風」からF91共々使えるように。その前にシーン5Bルートでザビーネの機体が顔見せで登場する。なぜか水中適応がA。F91より火力と運動性で劣り、耐久力で勝る。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
シーン1、5、6、7しか使えない。さすがに後半では力不足か。
スーパーロボット大戦IMPACT
性能は他のエース級MSに一歩譲り、参入が遅いのが弱点。グラフィックは『α』からの流用で、ビームランチャーのエフェクトが新しくなった程度であとはそのまま。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
第9話でガンダムF91と共に参戦する。原作に合わせて頭部の紋章が排除された物になっている。
攻撃力こそ低いものの、シリーズ主人公機に見劣りしない性能に加えて、優秀なカスタムボーナスのおかげで支援機として極めて優秀。更にメインパイロットのセシリーのエースボーナスとも相性は良好と非常に使い勝手が良い機体。
今作ではユニバーサル・スタンダード規格設定のため、『ガンダム Gのレコンギスタ』の一部パイロットも搭乗可能。エースボーナスを習得するまで、搭乗機であるG-アルケイン フルドレスが使いにくいアイーダを乗せるのも手である。彼女の突撃も活かせるだろう。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
敵として1機のみ出現する。ステータスは高いが射程1の武装[1]しか持っておらず、説得しても使いにくい。ビームランチャーを持っていないのは、本作の製作時期が原因だろうか[2]
スーパーロボット大戦64
リンクバトラーとのリンクで参戦。『F完結編』同様の能力値。F91に運動性、破壊力の点で劣るがHP、装甲の点で勝る。序盤に入手した場合は非常に強力なユニット。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビームシールド
左腕に発生器を固定装備。
ビーム・サーベル
後腰部に2本マウント。
ビーム・ライフル
本機の携行射撃武装。

その他装備[編集]

ビーム・ランチャー
携行式の高出力ビーム砲。本機の正式装備ではなく、地球連邦軍の装備だが、規格が同一なため問題なく使用できる。
ガンダムF90(厳密にはSRW未参戦のF90Aタイプ)が装備していた物と形状が似ている。ライフルとランチャーの連続射撃でラフレシアに攻撃するが、Iフィールドで防がれて無傷だった。
ゲームではヴェスバーに一歩譲る程度の性能。「X」ではライフルとランチャーの連続射撃が採用されている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

最終命中率+20%、最終回避率+20%、特殊能力「補給装置」を得る。
『X』で採用。メインパイロットのセシリーがニュータイプ技能とエースボーナスで回避率に補正が掛かるので相乗効果で非常に強力。集中を持たないことを差し引いても優秀なカスタムボーナス。

機体BGM[編集]

「翔べ!ガンダム」
初代、『第2次』にて。
「颯爽たるシャア」
第3次』、『第4次』にて。
「君を見つめて -The time I'm seeing you-」
歌は『Ζ』の主題歌「水の星へ愛をこめて」の森口博子氏。本編ではなくPVやCMで使われたイメージ曲だが、非常に人気が高い。
「F91ガンダム出撃」
『F完結編』『α』『X』にて。

対決・名場面[編集]

ガンダムF91
ラフレシア
戦場での再会
セシリーは、死別したと思っていたシーブックとの再会は戦場だった。互いに何も知らないまま戦闘を行うが、その懐かしい息遣いにセシリーは相手がシーブックだと気づく。

関連機体[編集]

ダギ・イルス
本機の開発ベースとなった機体。
クロスボーン・ガンダム
フィン・ノズルの技術が転用されている。
また、本機の一つであるX-0の機体カラーが銀色なのは、想定されていたパイロットがこの機体と同じであるため。

脚注 [編集]

  1. ビームサーベル&ビームライフルのみ。本作ではビームライフルは全て射程1。
  2. 『初代』の発売は『ガンダムF91』公開の3ヶ月後。開発が始まった時点では恐らく公開前であり、情報不足だったものと思われる。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]