ガンダムF90V

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
F90V
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
愛称 ガンダムF90V
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 F90V
頭頂高 14.8 m
本体重量 8.7 t
全備重量 21.5 t
動力 熱核反応炉
ジェネレーター出力 4,420 kw(本体3,160kw)
スラスター推力

13,980 kg×3
7,450 kg×3
5,260 kg×6

総推力
95,850 kg
アポジモーター 66
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発者 ジョブ・ジョン
開発 サナリィ
所属 地球連邦軍
主なパイロット ベルフ・スクレット
ナナ・タチバナ
テンプレートを表示

ガンダムF90Vは『機動戦士ガンダムF90』の登場メカ。

概要[編集]

サナリィが開発した「フォーミュラー計画」の最初のモビルスーツであるガンダムF90の26種類のミッションパックの1つ「Vタイプ」(新型火器ヴェスバー(V.S.B.R)試験用装備)を装着させたもの。

ヴェスバーとビームシールドを搭載しており、バックパックにはサブジェネレーターが内蔵されている。ガンダムF91の原型となった。F90はミッションパックの各装備の混載が可能となっているが本Vタイプ仕様のみ排熱や高ジェネレーター出力を有する装備の為他装備の混載は不可能となっている。

出典は『機動戦士ガンダムF90』となっているが、作中には登場していない。登場したのは『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』が初めてである[1]

F90とは[編集]

当時のモビルスーツは高性能を追求するあまり、大型・複雑化しており、それに比例してコストも高騰化していた。それを苦慮した地球連邦政府サナリィモビルスーツの小型化の指針を提示。さらに地球連邦軍から「小型で高性能なモビルスーツの開発」という要請が提示され、それを受けて開発されたのが「F計画」で開発されたモビルスーツであり、その内の「F9」シリーズから発展したのがこの「F90」である。

小型化にあたり、ムーバブル・フレームの断面や装甲を30%カット。この技術にはヤシマ重工のマイクロハニカム構造と呼ばれる技術が採用されている。主管制コンピュターには当時最新式だった「8000系ニューロコンピュータ」が採用されている。ジェネレーターは当初MS用では無い軌道レース衛星用の物を改修して拵えた物を2基搭載していた。また、本機には「ミッションパック」と呼ばれるハードポイントシステムが採用されており、多種多様な装備を換装できる。また、ミッションパック方式を採用するにあたり、装備の設定は全てハードポイント側のコンピューターに組み込まれており、簡単な設定変更で短時間での換装が可能となっている。2機が開発され、主管制システムのニューロコンピュータには双方とも擬似人格AIともいえるOSを搭載していた。それぞれ「Type-A.R」(1号機)と「Type-C.A」(2号機)という名前で、かつてのシャアの反乱にて行方不明となったパイロットであるアムロ・レイシャア・アズナブルのデータが組み込まれていると言われていた[2]

次期主力モビルスーツ選定のコンペにおいてアナハイム・エレクトロニクス社製の試作型モビルスーツ「MSA-0120」と競合し、その結果、サナリィ製のF90が次期主力機のテストヘッドとして採用されることとなった。

一度火星独立ジオン軍に2号機が強奪されるも、1号機との戦闘の末に双方大破したが奪還。そして1号機は元の仕様のまま修繕されVタイプのミッションパックが開発され装備し実運用下でのテストが行われた。一方の2号機は破損が激しかった事も有りF91建造の際に得られた技術をフィードバックした大幅改修をされ「F90の二号機かつ第二仕様」とも言える「F90Ⅱ」に改修された。「Type-C.A」はF90Ⅱ改修の際搭載主管制コンピューターを試作型バイオコンピュータに変更し8000系ニューロコンピュータ用のAIにバイオコンピュータは対応していない為破棄された。「Type-A.R」は無事だったのかは不明[3]。なお、この時(第一次オールズモビル戦役)はサナリィ所属のデフ・スタリオンがテストパイロットを務めた。第二次オールズモビル戦役ではベルフ・スクレッドが本機のVタイプ仕様を操った。『クライマックスUC』の漫画版においては、ナナ・タチバナも同機のVタイプ仕様に乗っている。

F91』作中ではF90のことは一切語られず、MSとしては非常に関係が深いが、ストーリーとしては関係は皆無に等しい。しかし、『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』にてIタイプ装備でF91、そしてF97と共闘することになる。

登場作品と操縦者[編集]

現在の所、『α』にのみ参戦している。F91と同等の性能を持つ高性能機だが、Vタイプ以外へのオプション仕様への換装機能は再現されていない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
Vタイプ装備の1号機が登場。隠し要素ビギナ・ギナとの2択で入手できる(ただし、別ルートだとΖIIサザビーが手に入るうえ、νガンダムνガンダムHWS装備型にパワーアップするので、MSを主力にするなら旨みは薄い)。性能はガンダムF91とほぼ同等で、最後まで十分に使える性能。ちなみに、F90Vが手に入るルートだと、サイバスターの『乱舞の太刀』取得フラグや、トールギスIII入手フラグがある。ゲームではF91同様分身を持つが、本来の設定では不可能である(バイオ・コンピュータを搭載していないため)。本機のOSであるType-A.Rは再現されていない。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
ガンダムF91との合体攻撃が追加された。本作でもビギナ・ギナとの2択だが、合体攻撃を持つため本機が選ばれることが多い。合体攻撃セシリーにしか扱えないため、実質セシリー専用機となった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対二基内蔵された近接防御用の武装。
メガガトリングガン
右腕部ハードポイントに取り付けられる補助実弾火器。
V.S.B.R(ヴェスバー)
新機軸のビームライフルの強化派生武装。Vタイプ用バックパックに左右一対二基装備されている。本機の運用結果がF91に受け継がれる。
ビームシールド
左腕部ハードポイントに装備しており、右腰部ハードポイントに予備発生器を1つ装着している。シールドビームの形成が不安定で以後の課題とされた。
ビームサーベル
基本状態ではバックパック装備だが、Vタイプではバックパックが換装されているため左腰部ハードポイントにビームサーベルラックを装備し2本マウントされる。性能自体は基本状態と変わりはない。
ビームライフル
通常時の基本武装。なおF90基本状態のビームライフルではなくVタイプ用に収束率を上げて性能向上された専用の物が採用されている。

合体攻撃[編集]

ダブルヴェスバー
ガンダムF91との合体攻撃。『α for DC』にて実装。本機にセシリー、F91にシーブックが搭乗した際に使用可能。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
分身
本来の設定では不可能なのだが、『α』では分身可能。もしかするとYタイプ(コア・ブースター)を装備した3号機が元ネタかもしれない[4]

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

主な関連機体[編集]

ガンダムF91
本機で得たノウハウを注ぎ込んだ最新鋭機。またF91完成後にF90の3号機が造られており、ノウハウの逆輸入もあった模様。
Gキャノン
F71。F90の長距離支援仕様ミッションパック「Sタイプ」の系列に属する。

脚注[編集]

  1. なおGジェネレーションシリーズでも、『フォーミュラー戦記0122』初登場の機体の出典が全て『F90』になっている。
  2. ただしあくまでMSの操縦傾向に関する内容を模しただけであり本人達の人間としての人格などを再現した物ではない
  3. 雑誌ガンダムパーフェクトファイルでは、F91が頭部にバイオ・コンピュータを搭載していたので、本機もType-A.Rを頭部に搭載していた可能性を提示している。この説だと1号機は頭部を破壊されてしまったので、Type-A.Rは失われた事になる。
  4. ボンボン増刊号に掲載された漫画に登場し、残像を伴って攻撃を回避している。なおこの漫画の作者は同時期に『ボンボン』本誌で漫画版『Vガンダム』を連載しており、ノリはほぼ同じ。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]