ドーベン・ウルフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ドーベン・ウルフ
外国語表記 Dooben-Wolf
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 AMX-014
頭頂高 22.0 m
本体重量 36.8 t
全備重量 74.5 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 5,250 kW
スラスター推力

21,700 kg×1(背部中央)
32,800 kg×2(背部外側)

総出力
87,300 kg
アポジモーター 17
装甲材質 ガンダリウム・コンポジット
センサー有効半径 12,000 m
開発 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット ラカン・ダカラン
メカニックデザイン 小林誠
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発した量産型モビルスーツ

ベースは地球連邦軍が開発したガンダムMk-Vであり、武装などはサイコガンダムMk-IIを参考にしている。火力重視の設計で、全身にビーム系、実弾系多数の武装を備え、また準サイコミュであるインコムも装備されている。スラスターを多数搭載しているため、その重量とは裏腹に機動力も非常に高い。しかしその設計故に操縦系統が複雑化しており、パイロット技量が要求される機体となっている。

本機はラカン・ダカラン率いるスペース・ウルフ隊に配備され、マシュマー・セロザクIII改を撃破し、キャラ・スーンゲーマルクを圧倒するなど高い戦果を挙げている。しかし、スペース・ウルフ隊はラカン機を残して全滅し、ラカン機もジュドー・アーシタフルアーマーΖΖガンダムによって撃破されている。

漫画機動戦士ガンダムUC バンデシネ』ではネオ・ジオン軍残党「袖付き」に所属していた機体が登場。両腕と胸部に袖のマークが施された他、青色を基調としたカラーリングに変更されている。

登場作品と操縦者[編集]

番組本編では完全な敵機だったがスパロボでは自軍に配備される機会も多く、非ニュータイプが乗り回して並以上には役立ってくれる良機。

ゲーム中でも機体性能は高く、ヤクト・ドーガと並ぶジオン系の終盤量産機という位置付けが多い。原作のラカン以外にも非常に多彩な顔ぶれが搭乗してこちらを苦しめる。ジオン系以外のパイロットが乗り回している作品さえある。

設定上では本機の武装はかなり多いが、その全てを再現した事のあるゲームは未だに現れていない。原作でも殆どが未使用なので当然と言えば当然か。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。量産され、ラカンやDC兵士が乗ってくる。射程5のインコムに高めの耐久力と、ザコキャラとして出てくる敵の中ではかなり強い。そのぶん経験値は美味しい。
第2次スーパーロボット大戦G
DCの戦力として登場。なぜかラカンは乗らない。
第3次スーパーロボット大戦
DCの戦力として登場。シナリオ「コンスコン強襲」で、原作通りラカンが乗ってくる。以後のシナリオでもラカン以外のΖΖ関連の敵キャラや一般兵が搭乗し、長射程のインコムの威力も相まって後半においても強力な敵MSの一角を担う。
スーパーロボット大戦EX
隠し要素でリューネの章シナリオ「ヴォルクルスの影」クリア後にケーラが生き残っていると入手できる。また、シュウの章シナリオ「闇のささやき」を7ターン以内にクリアすれば、サザビーと一緒に手に入る。前者はともかく、後者はシュウの章ではサザビーと同じくらい貴重な戦力なのでかなり重要。
第4次スーパーロボット大戦S
中盤から登場。終盤の難シナリオの一つである「栄光の落日」ではティターンズのネームドパイロットの多くがこれに搭乗、2回行動やインコムの長射程で自軍を苦しめる。熱血を使用した攻撃で一気に倒したい。
スーパーロボット大戦F
攻撃力と耐久力が強く侮れないユニット。メガランチャーのグラフィックが、肩部のメガ粒子砲から発射される演出になっている。
スーパーロボット大戦F完結編
ラカンが乗ってくる。『F』の時より耐久力が約2倍は跳ね上がっている。メガランチャーのグラフィックが修正されている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ラカンランバ・ラルの他、一般ネオ・ジオン兵が搭乗。ルートによっては隠し要素ジュドーが盗んでくる。だが、条件により同タイミングで性能で勝るシャア専用ザクが入手できるため、こちらはハズレ扱いされることが多い。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
シャアザクと立場が逆転。スーパーロボットに匹敵する耐久力の高さと長射程高威力の武装を所持する強力なユニットへと変貌した。当然敵として出てくる際には強敵と化す。
スーパーロボット大戦α外伝
ムーンレィス兵が使用する。バザーで購入する事で最大2機まで入手可能。MSでは珍しく重装甲だが武器の燃費と地形適応にやや難あり。
第2次スーパーロボット大戦α
隠し要素ハマーン・カーンと休戦するルートを選ぶと入手できる。
飛行不可で運動性も並だが、装甲値がスーパー系に匹敵する上にパーツスロットが4つあり、武装面も充実している。無論オールドタイプでも扱えるので、パイロットを選ばない点も強み。自軍に配備されるドーベン・ウルフとしては、間違いなくシリーズ中最強。
ちなみに、ラカンが率いる小隊名がちゃんと「スペースウルフ隊」になっている。
第3次スーパーロボット大戦α
隠し要素の条件次第でゲーマルクと2択で入手。小隊長機としてはもう一歩及ばぬものの、小隊員機としてはかなり強力な部類。全体攻撃武器や小隊攻撃武器はゲーマルクに分があり、移動力運動性地形適応、オールドタイプでも使えるという点では本機に分があるので、好みで選ぶと良い。敵としては、リアル系序盤のテロリスト搭乗機や連邦軍モビルドール扱いで登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
ラカンや一般兵が乗る。性能面で突出したものはない。
しかし今作からインコムの仕様が「ファンネル準拠の長射程」から「中射程P属性」に変わったため、「接近してインコムで削る→次ターンにメガランチャーでトドメ」というスーパー系涙目の嫌なセルフコンボをカマしてくることも……。2回行動持ちが乗ることは無いのがせめてもの救いか。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
敵として登場する他、自軍機体としても入手できる。MAP兵器のメガランチャーや、インコムは射程4のP兵器で扱いやすいように見えるが弾数が少なく、他の武装も使い勝手が良いとは言い難いため主力として使うには厳しい性能。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
敵として登場する他、プルを第1部で仲間にした場合は、シーン1最初のシナリオでプルが乗ってくる。プルを仲間にしてない場合はシーン2で入手する。
スーパーロボット大戦IMPACT
ラカン以外にマシュマーが第2部で一時的に搭乗。登場ステージクリア後入手できるが、第3部で破棄される。『COMPACT2』と同じくP兵器のインコムやMAP兵器のメガランチャーを持つが、やはり他の武装や能力の関係で使いづらい。
スーパーロボット大戦COMPACT3
ラカンが搭乗。今作の敵MSの中では強敵の部類。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
ラカンが乗って登場。
スーパーロボット大戦R
ドライセンからラカンが乗り換えてくる。本作では量産されていない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
第3話「トワイライトリバー」などに登場する。
HDリメイク版ではボス格の脇固めなどで登場することが多い。説得して仲間に加えることも可能で、有射程かつP武器のインコムと高威力のメガランチャーのお陰で使い勝手は悪くない。
中の人を反映してか、説得関連のセリフ(説得承諾時や拒絶時など)は損得勘定で動いていることを匂わせるものが多い。
スーパーロボット大戦V
ラカン・ダカランの搭乗機としても、一般機としても登場。『UC』も参戦しているが袖付き仕様ではなく、緑のネオ・ジオン軍仕様。
本作では完全に敵機体扱いなので、武装はインコムとメガランチャーのたった2種類のみに。ビームライフルはインコムの演出で使用する。
機体HPやパイロット能力などが高いので案外耐えるが、今回はMAP兵器も持っていないので脅威ではない。
スーパーロボット大戦X
『V』と同様にラカン機と一般機が登場するほか、グレミーも乗り込む。
DLCアムロ・レイの夢」ではその重武装を「人が機械に使われる例」「ある意味、本末転倒な機体」と随分な評価をされてしまっている…。
本編では敵のみだが、DLC「大地に生きる」ではラカンの乗る当機を操作可能。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ザコ敵。名称表記は「ドーベンウルフ」。ドーベンウルフIIという上位種も登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

30mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
グレネードランチャー
肩部に隠し武器として内蔵。
ハンドビーム砲
掌に内蔵されたビーム砲。腕部は分離して射出可能になっており、敵機を拘束して高圧電流を流す事も出来る。また、分離した腕は一般機は有線式で、指揮官機は無線式でコントロールされている。
隠し腕
指揮官機にのみ装備されており、腕を射出すると下から現れるようになっている。
メガ粒子砲
腹部に2門内蔵している。コクピットの真下にある為ある意味とても危険である。
ビームキャノン
バックパックに2門装備。
12連装ミサイルランチャー
バックパックに実装されている実弾兵装。
インコム
一般兵でも使用可能な準サイコミュ兵器。バックパックからワイヤーで砲門を射出し、円形の中継器(リレーインコム)で動きを変化させてオールレンジ攻撃を行う。
ただし、ワイヤー伝達である他、コンピュータが動かしているのでファンネルほど自由に動き回る事はできない。
SRWや『Gジェネ』などでは毎度のように使用し、本機の象徴のようなイメージがあるが、実は原作では未使用。
ビームサーベル
左右両腰に装備。隠し腕でも持つ事が可能。
ビームライフル
高出力ビームを発射する。
大型対艦ミサイル
バックパックに追加装備される実弾兵器。

合体武器[編集]

メガランチャー
ビームライフルをメガ粒子砲に接続することで使用可能となる。この時、メガ粒子砲は加速器として機能する。その威力はマゼラン級を一撃で撃沈するほどらしい。また、低出力での連射も可能。
SDでのイラストが印象深いせいか、実際に見てみると意外なまでに小さい武装である(元がビームライフルなので当然だが)。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
EX』にて。本作におけるガンダムシリーズのユニット共通のBGM
「サイレント・ヴォイス」
第4次』のマップ「月の裏側」にて、第三勢力(黄軍)としてゲストと戦闘した際に流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

関連機体[編集]

シルヴァ・バレト
機動戦士ガンダムUC-MSV』に登場。残存していたドーベン・ウルフをアナハイム・エレクトロニクス社が接収し、オーガスタ研究所の技術者と共に改修した機体。
内装火器の殆どは廃され火力は多少低下したものの、その分操縦性や安全性は改善されており、機体バランスも非常に良好な数値を叩き出した。ちなみに内装火器を廃したためかガンダムMk-Vに先祖返りしたようなシルエットになっている。
主に準サイコミュの研究の他、νガンダムのものの開発試験として有線式フィンファンネルを搭載した機体もあり、連邦のサイコミュ研究に大きく貢献している。
後述のサイコガンダムMk-IIの系統でもあり、糸をたぐればジオングサイコガンダム―サイコMk-II―ドーベン・ウルフという開発系譜を抱く。
漫画『UCバンデシネ』において、ユニコーンガンダムの模擬戦相手として登場した後、OVA版最終巻にもガエル・チャンの乗機として登場しフロンタルのネオ・ジオングからバナージを守るために奮戦するが、圧倒的な性能差と実力差の前に大破する。しかし、バナージがユニコーンに搭乗するまでの時間を稼ぐことには成功している。SRW未登場。
ガンダムMk-V
ガンダム・センチネル』に登場した地球連邦軍のモビルスーツで、同作のライバル機。ローレン・ナカモトが開発した機体で、サイコガンダムの小型版とでも言うべきものになっている。火力と機動性に優れ、インコムも搭載している。
本機は3機開発され、うち1機がニューディサイズによって運用される事となり、ブレイブ・コッドが搭乗。月面都市であるエアーズ市での戦闘で投入されたが、Ex-Sガンダムによって撃破されている。後に別の1機がネオ・ジオンに渡り、ドーベン・ウルフの原型となったが、第1次ネオ・ジオン抗争の運用はされていない。SRW未登場。
サイコガンダムMk-II
小型化した簡易量産機がドーベン・ウルフにあたる。火器の配置など参考にされた部分は多い。
スパロボでは高い頻度で説得可能なプルツーが搭乗したのに自軍入りの機会が非常に乏しく、逆にほとんど自軍入りしないラカンの搭乗機が多く自軍入りするのは、一種のバランスなのだろうか…。
ザクIII
トライアル相手。

余談[編集]

  • 劇中で本機がグレミー軍の識別カラーに塗り替えられることをラカンが強硬に反対する場面があるが、これは当時のサンライズが深刻なアニメ製作用の塗料不足に陥っていたという笑えない事情によるものである。
  • デザインを担当した明貴美加氏の初期案では「G-Ⅴ」という名前であり、頭部もガンダムタイプとなっていた。その後、デザインの変更が指示された事で現在の頭部デザインが採用されている。そして、この初期案のデザインを基にガンダムとして登場したのがガンダムMk-Ⅴである。なお、この時に没案となったガンダムタイプの頭部は、初期の頭部デザインにトラブルが発生したクィン・マンサの物として採用されている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]