ネオ・ジオング

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ネオ・ジオング
外国語表記 Neo Zeong
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 拠点攻略用モビルアーマー
型式番号 NZ-999
全高 116.0m
本体重量 153.8t
全備重量 324.3t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 35,660kw
スラスター推力 28,827,500kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 23,600m
MMI インテンション・オートマチック・システム
内蔵機体 シナンジュ
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 ネオ・ジオン袖付き
乗員人数 1人
パイロット フル・フロンタル
テンプレートを表示

ネオ・ジオングは『機動戦士ガンダムUC』の登場メカ

概要[編集]

OVA版第7巻にのみ登場する、フル・フロンタル専用拠点攻略用モビルアーマー

ジオングの名を有しており、サイコミュ仕様やメガ粒子砲など共通点はあるものの、下記の特徴や開発経路、システムなど完全にオリジナルのジオングとは全くの別物別系統に仕上がっており、ガンダムタイプ以外の宇宙世紀の機体では珍しい機体である。シナンジュをコアユニットとして、100m以上の大きさを誇る巨大サイコミュ外装、通称「ハル・ユニット」を接続した機体。機体の胸部に当たる装甲を展開することで、シナンジュの腕を使用することも可能である。また、中枢部分はフロンタル自身が設計したブラックボックスとなっている。

その巨体に相応の火力と裏腹の機動力を備えており、ポテンシャルだけでも既存の機体とは一線を画する。防御力も並ではなく、腰部にIフィールド・ジェネレーターを4つ備えており、装甲そのものはもちろん、内部機構が露出する部分にもほぼ同等の堅牢さを持たされている。その本質は、シナンジュに搭載されているサイコフレームの力を最大限に引き出す為のサイコミュ増幅器であり、これを基点とした新兵装類によって非常に高い戦闘力を誇る。言ってしまえば、ネオ・ジオングとはつまりモビルアーマーの皮を被った「移動サイコミュ要塞」とも表現できる。また、ランディングギアによって(一応のレベルではあるが)地上戦も可能という本物の怪物メカである。

ハル・ユニットの側面と背部には合計6本のアームユニットが存在し、下半身部分にはシュツルム・ブースターを装着することで更なる機動力の向上が可能。ただし、その巨体故に通常のモビルスーツやモビルアーマーのように戦艦に格納できないという欠点が存在する。そのため、運搬や整備を行う際にはワイヤーで牽引する必要がある。なお、金銭事情の厳しい袖付きが、何故これほどの機体を作れたのかは不明。一説には、「UC計画」遂行の一助としてアナハイム社がカウンターパワーの役目を負わせようと援助を行ったとの情報もある。

OVA版第7巻で最後にネオ・ジオングが崩壊した理由は、関連書籍類での解説によると、サイコシャードがバナージ・リンクス説得に納得し諦めたフロンタルに反応し、その諦めをネオ・ジオングの崩壊という現象で具現化させたからである。

機動戦士ガンダムNT』では、予備パーツから組み上げられたII(セカンド)ネオ・ジオングが登場。

小説版[編集]

開発こそされていたが、移送途中でフェネクスとの戦闘に巻き込まれ、フロンタルの許には届かなかった。

外伝「不死鳥狩り」にて、バナージ、リディとフロンタルが死闘を繰り広げている裏でヤクト・ドーガを代替ユニットとして搭載した状態で出撃。パイロットの強化人間を装置としてメガラニカにいるフロンタルの「虚無」を投影しつつ、リタ・ベルナルの意識を宿したフェネクスと激戦を繰り広げた。

リタの意識はこのネオ・ジオングは、真の主たるフロンタルが乗ってしまえば、“刻”を可視化しやがては時空さえ歪める「この世界にあってはならないモノ」だと断じ、友人のヨナ・バシュタを導くことで、フロンタルの手に渡る前にネオ・ジオングを破壊しようとした。

コアがシナンジュではないため全力は出せなかったがそれでもフェネクスを圧倒。しかし、最終的にはサイコシャードの制御を奪われ、自壊した。

OVAのフロンタルはあくまでも自らの論理を持ってバナージを説き伏せようとしたがため、サイコシャードの力を武装の破壊にのみ使用していたが、小説版のフロンタルはシャアの思念に衝き動かされるがまま虚無へと突き進んでいたため、それを具現化するこのマシーンに乗ればバナージはユニコーンごと殲滅されていた危険性が高く、リタの判断は正しかったといえる。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
初登場作品。シュツルム・ブースター装備の状態で登場。
今作では、バナージユニコーンの“暖かな光”ではなく、歴代ガンダムパイロットの“熱意”によってフロンタルとネオ・ジオングが浄化される、クロスオーバー物ならではの独自の展開に変更されているため、アニメでの決め技であるユニコーンの「ソフトチェストタッチ」は再現されず、機体が崩壊していくこともない。
165000というHPに重装甲・サイズ差から来るダメージの低減も重なり、かなりしぶとい。おまけにフロンタルが毎ターン「集中」「直撃」(ハードではさらに「直感」)を使ってくる上にマップ兵器まである。
加えて通常武装も強力かつ穴が無く、いずれも命中補正+50超え(マップ兵器のみ+40)な上に強化パーツの「脊髄反射コネクタ」(照準値+20、マップ兵器および射程1以外の武器・の射程+1)を所持して出てくるので命中率が凄まじいことになっており[1]精神コマンド無しどころか集中程度でも焼け石に水という事態が普通に発生しうる。
フル・フロンタルの性格上かバナージを集中的に狙うといったこともなく、バスターマシン7号などを狙うので危険な相手。
下手をするとバンシィ・ノルン[2]辺りが落とされてゲームオーバー、という事態にもなりかねない。
対策としては∀ガンダムの月光蝶でENを減らし、更にEN消費武器を無駄撃ちさせてENを切らすのがもっとも効果的。EN切れにすると武装がバズーカのみになる為、射程外から一方的に攻撃する事も可能になる。刻の果てを見せたこの機体の天敵が∀というのも皮肉な話である。
ただし、ネオ・ジオングが移動しない場合、毎ターンのEN回復でバズーカ以外の武器も使える状態になるので注意。
なお、ENがある状況でもバズーカの射程内から攻撃すると何故か他の武器ではなくバズーカで反撃してくるというAI思考になっている模様。バズーカ以外の武器の戦闘アニメを見たい、もしくはENを消費させたい場合はバズーカの射程外から攻撃した方が確実である。フロンタルに限らず、本作の敵はPPでの反撃には可能な限り単体攻撃武器を使って来ようとする。
ちなみに登場時、ハマーンは本機の事を知っており、シャアからは「時代錯誤な名前」と評されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
ファンネルビットを用いたコントロールジャックが再現され、GN-X IVクランシェAIF-9V ゴーストといった機体を手駒として使ってくる。
また、サイアムの元に乗り込んだ際には、邪魔になる『番人』シドのコントロールをジャックして乗り込みを敢行した。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
宇宙ルート第38話で登場。ルートによっては一度も戦えない。『第3次Z天獄篇』と違って精神コマンドを使ってくることはないが、分岐で戦力が落ちていることや事前に強力なボス敵(ローゼン・ズールクロスボーン・ガンダムX2改ラカン搭乗ドーベン・ウルフロニ搭乗α・アジール)が続いていることもあり、相対的には寧ろ手強くすらなっている。2ターンの間は移動してこないので、その間にSRポイントを取得しつつ体勢を整えると楽。
そして、条件を満たせばスパロボ初となる自軍入りが実現する。加入は残り1~2話とはいえ、最終盤加入だけあって性能は圧倒的で、困難ルート最終話では位置取り次第でアーケイディアの半分以上を広範囲のMAPWで一掃できてしまう。惜しくらむはP武器の貧弱さと、シナンジュへの単分離が存在しない点か。なお乗せ換えることはできない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
敵ユニットとしてはイベントクエストで登場していたが、2018年2月のイベント「策謀渦巻く宇宙」の報酬として自軍ユニットとして実装。SSRシューター。
2019年5月のイベント「超越並行世界の旅であります!」にて大器型SSRブラスターが登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ハル・ユニットに装備された兵装。これ以外にシナンジュ単独の武装も引き続き使用可能。

大型アームユニット
ハル・ユニットに装備されたアーム。破損しても分離・置換することで、損害を抑制できる。その巨体ゆえ敵機を力任せに拘束したり原始的な殴打による攻撃でも、スケールに劣る機体にとっては防ぎようのない質量兵器となる。
有線式大型ファンネル・ビット
アームユニットのマニピュレータになっている。5基×6本、計30基が装備されている。有線誘導によるオールレンジ攻撃が可能であり、ドラグーンよろしく分離せずに機動ビーム砲としても使用できる。
また、砲身にはワイヤーが内蔵されており、これを敵機に打ち込んで制御系を乗っ取るジャック機能が存在する
肩部大型ウェポンコンテナ
両肩部に内蔵されているウェポンコンテナ。シナンジュ用のバズーカのほかにはミサイル等も発射できるようだが、劇中ではミサイルがユニコーン目掛けに飛んでいるカットだけが存在しどこから出てきているかは描写されていない。
バズーカ
ウェポンコンテナに内蔵されたシナンジュ用バズーカ。
『天獄篇』や『V』では装甲が展開、シナンジュが2丁持ちで発射する。弾数制の実弾兵器。
肩部大型メガ粒子砲
両肩部の前面に2門ずつ、後面に1門ずつの計6門を内蔵。拡散・収束の選択が可能。
BX』では肩部大型メガ粒子砲を発射した後に大口径ハイメガ粒子砲で攻撃する。
大口径ハイメガ粒子砲
腹部に1門内蔵。本機の武装の中でも最大級の火力を誇るが、構造上連射できない。
第3次Z天獄篇』では肩部のものおよびファンネル・ビットと合わせて「メガ粒子砲」名義で登録。自機中心型のマップ兵器も存在。
Iフィールド・ジェネレーター
腰部に4基搭載。
サイコシャード発生器
武装としての名称は「サイコシャード」。使用者の意志を伝達し現実世界に投影するサイコ・フィールド放射結晶体のことで、これはそれを発生させる装置。ユニコーンガンダムの試験運用中に偶然見られたもののデータを参考に作られており、OVA版の「真ユニコーン」もこれを発現させている。
「武器という武器を自壊させる機能を持つサイコフィールド発生器」と普通に視聴する範囲ではそう見えたが、その正体は使用者が脳内で描いたイメージを現象として具象化させることができるというサイコミュ兵器。噛み砕いて言うと、使用者の願いを叶えるトンデモ兵器である[3]
OVA版第7巻では、フロンタルの「敵の火力を奪う」というイメージを具現化し一帯の自機以外の武装をすべて自壊させたのと、フロンタルが「自分の諦念をバナージに理解させたい」という想い[4]が、かつてのアムロララァの同じく“刻”を形象として垣間見るという奇跡を引き起こし、これまでの人の争いの歴史とやがて来る虚無の世界を見せた。
なお、原作者・福井晴敏氏や古橋一浩監督曰く「実際にタイムトラベルしたわけではない」らしい(もっとも当初、古橋監督は企画段階では実際にタイムトラベルさせようとしていたが、「ガンダムの世界観でそれはちょっとやりすぎでは?」と福井氏に止められたとのこと)。
余談だが、OVAでバナージが虚無の世界から戻ってくる場面の最後に、近い未来のコロニーレーザー発射を見た際、『伝説巨神イデオン』のイデオンソードの効果音が使用されたのは、大の『イデオン』ファンである福井晴敏氏の提案(更にいえば、OVA版第7話の最初のコロニーレーザーのカットがガンド・ロワ出現に似ているのも、その影響)。
第3次Z天獄篇PV2で披露した武装。戦闘アニメはOVA7巻の時間遡行パートを基にしており、使用時になぜかシュツルム・ブースターが消える(原作でそれを使用した時点において既にシュツルム・ブースターをパージしていたためと思われる)。
BXではシュツルム・ブースターを装着したまま使用されており、戦闘アニメも時間遡行ではなくユニコーンガンダムバンシィ・ノルンの武装を破壊した時の描写を基にしている。その為か特殊効果として「攻撃力低下」「射程低下」「照準値低下」と攻撃に関するステータスが悉く低下する様になっている。
シュツルム・ブースター
ネオ・ジオングの脚部とも言うべきプロペラントタンクとブースターが一体化した大型のユニット。「プロペラント・ブースター」とも言う。シュツルム・ブースターを装備することによって、ネオ・ジオングはその巨体に似合わぬ高機動性を持つ。
ちなみにシュツルム・ブースター自体はパージが可能であり、それをパージしたネオ・ジオングの姿は名称元となったジオングに相似したものになる。

特殊能力[編集]

Iフィールド
射撃のビーム攻撃を1500軽減。この耐久力だと馬鹿にならないが、スーパーロボットやジェニオンを筆頭に無視出来るユニットが多いのが救い。

移動タイプ[編集]

飛行可能。ランディングギアの設定ゆえかこの図体で陸を走れる。さすがに地形適応は陸海空とオールBだが宇宙のみS。
V』では空のみとなったが、敵対時も味方加入後も出番は宇宙マップのみ。

サイズ[編集]

2L

カスタムボーナス[編集]

「サイコシャード」の攻撃力+300。
V』で採用。

機体BGM[編集]

「MOBILE SUIT」
劇中BGM。マップ兵器を使わせると確認可能。直前のイベントからマップBGMが「UNICORN GUNDAM」で固定されるため肩透かしを食らうかもしれない。
「UNICORN」
劇中BGM。『V』で採用。
「SegmentIII SALLY(出撃)」
逆襲のシャア』劇中BGM。『V』で味方として登場時に流れる。

対決・名場面[編集]

ネオ・ジオング建造
OVA版第6巻より。袖付きの旗艦レウルーラのMSデッキにおいてネオ・ジオングの建造が秘かに進められていた。建造中のネオ・ジオングを目にしたジンネマン「脚がありませんな…」と感想を漏らす。
次巻であるOVA版第7巻にネオ・ジオングが登場する伏線と言える場面。

関連機体[編集]

α・アジール
本機体のベース機。各所に共通するパーツが組み込まれている。
ジオング
本機の名称元になった機体。腕部に有線式ビーム砲搭載している、脚部が付いていない点等が共通している。
IIネオ・ジオング
機動戦士ガンダムNT』に登場するネオ・ジオングの予備パーツから制作された機体。

余談[編集]

  • 「ネオ・ジオング」とはα・アジールの初期案の時点での名前であった。今作においては只の仮称だったものが絶賛されて、そのまま採用された経緯がある。
  • 原作小説版では本機は未登場であり、原作小説版では巨大な亡霊のようなオーラを纏ったシナンジュがラスボスを務めた。アニメでは「原作小説版最終巻で見せた、シナンジュが纏った巨大な亡霊のようなオーラを機体にできないだろうか」というアイデアから、このネオ・ジオングが生み出された。
    • 他の理由は「シナンジュ1機を相手にして、ユニコーンバンシィがタッグで苦戦するのは(小説ではシナンジュを巨大なオーラで包んだとはいえ)アニメでは苦しい」という認識があったため。逆に言うと、それだけ原作のフロンタルの化け物ぶりが際立ったとも言えるが…。
    • 原作小説版の世界における設定はのちに外伝「不死鳥狩り」で追加された。
  • キット化は無理だろうと言われたが、発表してしばらくしてからキット化が決定した。
    • ちなみに「HGUC 1/144 NZ-999 ネオ・ジオング」はサイズこそ1/144であるものの、それでもガンプラにしては破格のサイズおよび値段(全高86cm、税込27000円)を誇る。しかも、箱のサイズからして「HGUC 1/144 RX-78GP03 ガンダムGP03 デンドロビウム」よりも大きい。MGが食玩に見えてしまう程、とんでもないサイズ。
      • 巨大かつ大味なパーツが多いので組み立て自体はそれほど難しくないが、そのあまりのサイズ故に表面処理や塗装まで行うとなると膨大な労力を強いられる。
      • その上、置き場所を確保するのも一苦労。もっとも、メーカー側はこのことを見越してか、ネオ・ジオングのパーツをしまっておくための専用箱を付属させている。
    • SDガンダムのキット(SD化したのに、全高が19cmという一般的なMG並の高さ)や食玩のアサルトキングダム(食玩なのに、全高が40cmで値段が10000円という代物。ガムなんて申し訳程度である)、コスモフリートスペシャルのレウルーラ付属の小物、ガンダム名鑑ガム(食玩)のミニプラとしても立体化されており、作品のラスボスを担っているからか、イメージより何気に立体化に恵まれている(作品のラスボスを務めているガンダムなのにプラモデルすら出ていないMSも存在しているので尚更)。
  • なお、シャアはアニメ作品で巨大MAに乗った事が無い(ゲーム作品ならば専用機として開発されたノイエ・ジールIIがあるし、漫画作品『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』でならばゼロ・ジ・アールに乗った事がある)。
    • むしろ、ゼロ・ジ・アールに乗った際のシャアの発言からして巨大MAに乗る事自体好んでいない。実際、その後の模擬戦の場面においても「的になる気はない」とマニュアルで回避運動を行って周囲を驚かせているが、シャア本人は数発当たった事を悔やんでいる事から、「当たらなければどうという事はない」主義のシャアとしては、当たる事が前提の巨大MAは水が合わないと考えている模様。
  • スーパーロボット大戦Vではその画面からはみ出んばかりのグラフィックの関係上、多くの攻撃が股間部へ集中する。原作再現とばかりにNT-D覚醒攻撃を使うとユニコーンが執拗に股間部を殴るという、いまいちしまらない戦闘描写になってしまう。

脚注[編集]

  1. ちなみにこれは難易度Normal時の状態。通常難易度でコレである。
  2. 4段階改造が施されているが、はっきり言って1~2発で落ちかねない上に、この機体の撃墜も敗北条件に入っているため。
  3. サイコシャード発生器と同様の装置を他作品でたとえるならば、オムニ・スフィアの代わりにサイコミュを使った大規模なラムダ・ドライバといったところか。
  4. やろうと思えばフロンタルはサイコシャード発生器を使って簡単にユニコーンガンダムを殲滅できたが、あくまでも自らの論理でバナージを懐柔・説得しようとしたからである。

商品情報[編集]

  • プラモデル

  • フィギュア

資料リンク[編集]