2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ヤクト・ドーガ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ヤクト・ドーガ
外国語表記 Jagd Doga
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 ニュータイプ専用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 MSN-03
頭頂高 21.0 m
本体重量 28.0 t
全備重量 64.6 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,340 kw
スラスター推力

17,000 kg×2
13,000 kg×2
13,000 kg×2

総推力
82,000 kg
アポジモーター 17
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 16,400 m
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット ギュネイ・ガス
クェス・パラヤ
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍のニュータイプ専用モビルスーツ

開発はギラ・ドーガをベースにしたネオ・ジオン総帥であるシャア・アズナブル専用機候補であるレーテ・ドーガを前身としている。しかし、総帥専用機とするには性能不足であるとして、「ギラ・ドーガ サイコミュ試験型」を経て本機が開発される事になった。

基本フレームはギラ・ドーガの物と同一であるが、大型ジェネレーターやスラスターを追加するなどの改装が行われており、実質的にはギラ・ドーガとは別物と言っても良い。

本機の製作過程でサイコミュを搭載するには手狭な設計であったため、それを補う技術として開発されたのがサイコフレームである。これを搭載する事により、基本性能が大幅に向上し、ファンネルの搭載が可能になった。しかし、ニュータイプ専用機としてはやや強引に仕上げているため、機体のバランスには多少の問題がある。

バリエーション[編集]

ヤクト・ドーガ (ギュネイ専用)
ギュネイ・ガス専用機。機体色は青緑と金で、頭部にアンテナが付いている。
ヤクト・ドーガ (クェス専用)
クェス・パラヤ専用機。機体色は赤と銀。後に袖付きに改修されダークグリーンの塗装となった。
ヤクト・ドーガ (量産型)
SRWオリジナルの量産型。機体色は薄緑。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
ギュネイ機とクェス機が登場。しかし終盤では多くのMSパイロットがギュネイ機に乗って押し寄せてくる。
第2次スーパーロボット大戦G
ギュネイ機が登場。流石に今回はガイア達は乗らず。
第3次スーパーロボット大戦
ギュネイ機とクェス機、そしてSRWオリジナルの量産型が登場。クェス機のみ終盤でプルツーを仲間にすると自軍ユニットとして運用できる。貴重なファンネル持ちMSだが、三種類あるヤクト・ドーガの中でHPなどは一番低い。
スーパーロボット大戦EX
ギュネイ機のみ登場。しかもギュネイは参戦せずシュテドニアス軍のザコ兵士が乗ってくるので、扱いは一番悪いかもしれない。
第4次スーパーロボット大戦
ギュネイ機とクェス機が登場。前回に引き続き今回もギュネイは参戦せず、ギュネイ機はザコ兵士の機体となっている。また前回より数が多いので中々鬱陶しい存在。クェス機はクェスを仲間にすると手に入るが、性能が若干低いのが難点。
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC
第2次スーパーロボット大戦α
ギュネイ機とクェス機が登場。逆襲のシャアのイベント再現もあり、この二機も目立つ存在。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
ギュネイや強化兵が乗ってくる他、シーン6の選択肢でステージ『ジオンの血』を先にクリアすると、入手できる。強MSが出そろっている時期なので、有用性は今一。ニュータイプで出撃枠を埋めたいなら。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
スーパーロボット大戦IMPACT

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ギュネイ機とクェス機が終盤に登場。ハマーン・カーン率いるネオ・ジオンの戦力で、ザコ兵士達が搭乗する。位置づけはギュネイ機が指揮官機、クェス機が隊員機。
スーパーロボット大戦R
スーパーロボット大戦D
ギュネイ機とクェス機が序盤から登場し、仲間として使える

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
新スーパーロボット大戦
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦X

関連作品[編集]

バトルロボット烈伝

関連機体[編集]

ギラ・ドーガ
大元の原型機。ヤクト・ドーガの前身であるレーテ・ドーガ(SRW未登場)は、この機体をベースにサイコミュとファンネルを搭載した「ニュータイプ専用ギラ・ドーガ」とも言うべき機体であった。
サザビー
発展型。結局ヤクト・ドーガでも総帥専用機としては性能不足であったため、この機体が開発されている。
サイコ・ギラ・ドーガ
小説版(『ベルトーチカ・チルドレン』)にて、ヤクト・ドーガの代役として登場した機体。通称は「サイコ・ドーガ」。2体存在しているが、どちらもグラーブ・ガス(『ベルトーチカ・チルドレン』でのギュネイの立ち位置に当たる人物)が乗り込んでいる。1号機はアムロ・レイリ・ガズィと交戦して破損し、シャア・アズナブルの命令で放棄されたところを鹵獲された。その際、本機のサイコフレームHi-νガンダムに移植されている。2号機はベルトーチカ・イルマの乗るリ・ガズィと遭遇し、彼女の体に宿ったアムロの子供の声を聞いてに動きが止まった所で攻撃され、撃墜された。ちなみに、『CCA-MSV』に登場するα・アジールのプロトタイプであるサイコ・ドーガとは別機体なので注意が必要。SRW未登場。

資料リンク[編集]