クェス・パラヤ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
クェス・パラヤ
外国語表記 Quess Paraya
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 川村万梨阿
荘真由美(カセット文庫版)
デザイン 北爪宏幸
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
偽名 クェス・エア
種族 地球人
性別
年齢 13歳
髪型 ツインテール(式典時には下ろしている)
所属 民間人ネオ・ジオン
テンプレートを表示

クェス・パラヤは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場人物。

概要[編集]

連邦高官アデナウアー・パラヤの娘。父の不倫もあって親子関係は破綻している。

原作開始前から家出をしていたが、アデナウアーの命で探しだされて拉致に近い形で連れ帰られる。

その後乗り込んだシャトルがラー・カイラムに拾われたことで、アムロ・レイハサウェイ・ノアと知り合い、ハサウェイとは友達に、アムロには恋のような感情を覚える。が、アムロの恋人チェーン・アギへの嫉妬もあり、シャア・アズナブルの誘いに乗ってネオ・ジオンに身を投じる。この時には「クェス・エア」という偽名を名乗っている。

実はネオ・ジオンに対してはあまり理解していない部分があり、スウィートウォーターで同僚であるギュネイ・ガスに質問を行なっていたり、数少ない戦力であるヤクト・ドーガを破損しているとはいえ勝手に持ちだして戦場で放棄している。

最終決戦時、高いニュータイプ能力を見出され、α・アジールに乗りこむ。だが、アムロのνガンダムには全く歯が立たなかった。

アクシズへ向かったアムロを追っているところにジェガンに乗るハサウェイと遭遇。ハサウェイの説得を振り切ろうとしていたところでチェーンのリ・ガズィに撃墜され、戦死する。クェスが死の間際にとった行動は、チェーンからの攻撃にハサウェイを巻き込むまいと遠ざけ、彼を助けようとするものであった。

家庭的に恵まれなかったためか我がままで奔放な性格の子供であり、大人に対する反発も強い(『逆シャア』序盤でアデナウアーが連れている女性は愛人であり、クェスの母親ではない)。その一方でクェスはアムロとシャアという二人の大人の男性に憧れており、彼等に対して父性を求めてもいた。だが、前者からは煩わしく感じられ、後者はクェスを戦争の道具として利用しただけであった。自身を導いてくれる良い大人に恵まれなかったという意味で、クェスは悲劇的な人物であったと言える。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』では、青年となったハサウェイの夢の中に姿を見せている。

登場作品と役柄[編集]

原作では味方内の時は非戦闘員で、パイロットとしては敵側であるネオ・ジオン側のみであったが、スパロボでは味方になるケースも少なくない。古くからスパロボ補正の恩恵を受けてきたキャラクターの一人と言える。とりあえず、原作より性格がやや穏やかになっている。

なお、ハサウェイとの絡みについてはハサウェイ自身がスパロボに出てこない事もあり、あまり描かれない傾向にある。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCラストバタリオンのメンバーとして登場。搭乗機はヤクト・ドーガα・アジール
『第3次』と矛盾する為か、PS版や『第2次G』では存在自体が削られた。
第3次スーパーロボット大戦
隠しキャラクター。マップ「シャングリラ」で、アムロを右上隅から左へ7マス、下へ7マスのところで待機させれば味方になる。
ただし何の機体も持たずに加入する。本作での赤いヤクト・ドーガはプルツー専用機という設定で、彼女と一緒にしか入手できない。
前作で敵だったことはレコア同様誰も突っ込まない(『電視大百科』では「元DCだが気紛れで裏切った」との事)。
顔グラフィックが全くと言っていいほど似ていない。
第4次スーパーロボット大戦
本作でも隠しキャラクター。リアル系主人公のみが行けるマップ「マーズ・コネクション」でアムロを左上隅から8マス、下へ6マスのところに待機させるとヤクト・ドーガを持ってきて仲間になる。アムロに「前と似たようなパターンだな…」とつっこまれている。なお、アムロが連れて行くのを拒否しようとした際、チェーンとベルトーチカに二股かけている事を言い触らそうとする。
中盤での参入にも関わらずレベル5での加入だが、育てればMSパイロットでは希少な気合を習得するため、気力制限を抱えるF91等に乗せる有力候補になり得る。
エンディングではインドで修業しているとの事。旧シリーズでは家出しっ放しのようだ。顔グラフィックが描き直され、原作によく似た雰囲気になった。
第4次スーパーロボット大戦S
上記同様隠しキャラだが、声が入った関係で説明書に載っている。
スーパーロボット大戦F完結編
隠し要素でポセイダルルートのシナリオ「刻が動き出す時」で、ヤクト・ドーガに乗り味方増援として登場。サザビーも持ってきてくれる。
ニュータイプ全盛期である作品のため命中・回避能力は高い……のだが、何故か攻撃力だけはビックリするほど低いため終盤の戦力としては微妙。「ヤクト・ドーガとサザビーの配達が最大の仕事」と言われることも。
数少ないみがわり持ちではあるが、同じUC系でもっと優秀な使が揃っている上、鉄壁まで併用するにしてもすこぶる頑丈なイデオンで事足りてしまう。集中さえあれば囮役専門としての起用もできたのだが。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
中盤で登場。ネオ・ジオンにおり、隠し要素クワトロが説得する事で仲間になる。が、重要なのはむしろ乗っているヤクト・ドーガと思われる。仲間になった後は殆ど出番なし。
第2次スーパーロボット大戦α
シャアがネオ・ジオンを再興したので、それに参加している。『α』で仲間になったのが正史となっているようで、アムロで説得出来るが仲間にはならない(元々は仲間になる予定だった名残り?)。ネオ・ジオンとの最終決戦で死亡する。なお、シャアやハマーンを差し置いて、敵軍で唯一のニュータイプLv9である

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
『D』から約11年ぶりの登場。初めてカットイン(歳相応かスーツのせいか胸が揺れている。『第2次Z再世篇』でメールも揺れていたから不思議ではないか)が追加され、ボイスも新録、そしてハサウェイと共に中断メッセージにも登場する。また、グラフィックは味方版(私服)と敵版(ネオ・ジオン制服)の2種類が用意されている。
ボーナスシナリオ「強きことは美しき哉」では「クェス・エア」名義でマリーダとコンビを組む。原作通りシャアに付いていき以降は敵として立ち塞がる。
だが、一時期ネオ・ジオンとの連絡要員として自軍加入。ツンデレ気味な態度が目立つギュネイと比較して、自軍への態度は友好的。
今作ではギュネイ共々死亡せず生存。フラグ次第で第57話「BEYOND THE TIME」の援軍として、クェス専用ヤクト・ドーガと共に帰ってくる。この時、同じタイミングで正式参戦するシャアとタッグを組むので、シングルでのシャアに不安があるなら何としても条件を満たしておきたい。大抵の場合、正式加入時にエースになっているのがありがたい。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今回は最初から味方となる。コーラサワーアルト共々、序盤から貴重な幸運持ち。更にマリーダ生存、ギュネイ加入、α・アジール入手フラグにも関わっているので育てておいて損はない。
『時獄篇』以上に友好的で初登場がラー・カイラムのブリッジな上に、ブライトやコンロイを無邪気さで翻弄する様は微笑ましいものがある。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シャア(クワトロ)は味方側にいる為、『ΖΖ』のグレミーの部下として登場。α・アジールに乗っている。アムロで説得すると乗機共々その場で仲間になる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
隠しシナリオで登場。α・アジールよりも頻繁に切り払いを行うヤクト・ドーガ搭乗時の方が厄介だが、最終決戦では彼女を倒さずともシャアを倒せば勝利となる。
スーパーロボット大戦IMPACT
リメイク前と同様。機体が硬いので相手しないのが吉だが、切り払いの無いα・アジールならば集中砲火で思いのほか容易く仕留められる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
現代世界で『逆シャア』のルートで登場し、『新』と『IMPACT』と同様で敵のまま。原作とは違い、完全にアムロやハサウェイ達の敵となっている。第4話で彼女が乗るα・アジールを撃破すると死亡。なお、チェーンで撃破してイベントを起こすと、過去の世界でガンダムMk-IIIを入手できる。過去編でもEDでも登場しないため、歴史が変わった世界での彼女はどうなったかは不明。
スーパーロボット大戦D
今回、シャアが味方なので彼女も最序盤から味方。作戦前にシャアに飛びついたり、ハマーンに一方的に突っかかったりとほぼ原作通りの性格だが、女主人公を選んだ場合には彼女と親しくなる。ギュネイとは合体攻撃も可能で、最終話では良い関係になっている。早期から使えるのはいいのだが、ニュータイプLvは7止まり。回避しづらいバランスもあり、一軍で使うには多少の愛が必要。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
故人で名前のみ登場。原作同様α・アジールに乗り、最期はチェーンの攻撃によって死亡した事が語られる。
スーパーロボット大戦X
直接は登場せず、レコンギスタ軍ルート第45話のα・アジールとアムロの戦闘前会話で名前が出てくるのみ。
スーパーロボット大戦T
正規部隊ルート第30話でシャイアン基地を訪れ、アムロに幻滅した後にギュネイに誘われてシャアのネオ・ジオンへ参加するが、シャアの不審な行動に疑いを持つようになり、ハマーン共闘ルートの場合はシャアの下を離れハマーンと行動を共にする。いずれのルートでも死亡はせず自軍入りする。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
宇宙編第23話「アムロとシャア」より登場。今回はずっと敵のまま。但し説得で味方にする予定があったのか、攻略本では精神コマンドが設定されている。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場する。
スーパーロボット大戦64
原作通り、ヤクト・ドーガα・アジールに乗る。ラー・カイラムがアクシズ突入後2ターン以内にアムロでシャアを撃墜し彼女を生存させると、マップ終了後、記憶喪失状態で漂流しているところを救助されてヤクト・ドーガと共に仲間になる。だが、次のマップが正真正銘の最終マップであり、必要となるのは一発の火力が高いキャラクターなので、激励も魂もない彼女に出番はない。NT、切り払い、S防御すべて9まで上昇するだけに惜しい。なお、味方と敵ではステータスが違い、服装も変わっているのだが、味方バージョンは一度も会話イベントで登場しない(救助イベントも彼女を救助したと説明があるだけで登場はしない)。しかし記憶喪失の状態ですぐに実戦に参加して大丈夫なのだろうか?そして何より、自軍に協力する理由が全く語られない。

関連作品[編集]

バトルロボット烈伝
シャア配下のブランチ戦士として登場。完全な敵。本作にはα・アジール自体が登場しない為、終始専用のヤクト・ドーガに乗る。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

NTレベルは高く、総合力は主人公クラスには劣るものの、宇宙世紀ガンダム系では実力のある方である。なお原作ではネオ・ジオンに加わった際に若干の強化を施されているのだが、所有技能は常に「ニュータイプ」であり、「強化人間」は身に付けない。

精神コマンド[編集]

全体的に戦闘向けの精神コマンドのラインナップで、高レベルのニュータイプだけあって覚醒を覚え、ひらめき集中もバランスよく覚える傾向。ただし、は覚えないのでいまいち決定打に欠けており火力は主人公クラスに劣らざるを得ない。

第3次
根性ひらめき気合ド根性熱血
第4次S
ひらめき必中集中加速気合熱血
F完結編64
ひらめき熱血加速鉄壁覚醒みがわり
リンクバトラー
ひらめき加速鉄壁熱血覚醒みがわり
加速覚醒必中集中ひらめき激怒
実際には使用できない。
α
ひらめき集中根性覚醒かく乱熱血
第2次α
ひらめき集中感応祝福直撃覚醒
D
ひらめき集中突撃熱血覚醒かく乱
第3次Z時獄篇
直感幸運かく乱直撃覚醒
T
直感幸運かく乱狙撃覚醒

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次(PS版)
ニュータイプL4、シールド防御L4、切り払いL4
第4次S
シールド防御L5、切り払いL6、ニュータイプ
F完結編64
ニュータイプL7、シールド防御L2、切り払いL5
シールド防御L6、切り払いL6、ニュータイプ
第3次Z時獄篇
ニュータイプL8、闘争心気力+ (命中)ガード
IMPACT
ニュータイプL8、底力L9、防御L5
R
ニュータイプL7、防御L3、援護攻撃L1、援護防御L1

固有エースボーナス[編集]

精神コマンド「覚醒」の消費SPが50になる
『第3次Z』で採用。バサラと組ませて開幕歌を連発する際などに便利。当然だが「覚醒」習得レベルまでは育てなければならないので注意。
シャアがマップ上にいる場合、全ての能力+10
『第3次Z時獄篇』と『T』敵対時の物。習得かつ発動できた『T』のシャア共闘と独自ルートではハマーンに匹敵する能力値になっている。
特殊スキル「ニュータイプ」のレベル+1、移動+1
『T』味方時の物。シャアやハマーンと同じタイプのボーナスに変更された。

パイロットBGM[編集]

「MAIN TITLE」
劇中BGM。『第4次S』『64』に於ける選曲。

人間関係[編集]

家族[編集]

アデナウアー・パラヤ
父親。愛人に熱を入れる彼に強く反発しており、最終的には互いに知らないまま彼を殺害することになる。
キャサリン
父の愛人。お互いに毛嫌いし平然と詰り合うなど、尋常ではない仲の悪さ。

ロンド・ベル[編集]

アムロ・レイ
ニュータイプとして憧れたが相手にされず失望し、シャアの元へ行く。アムロ本人曰く「俺はクェスの父親代わりなどできない!」とのこと。
しかし、OVA『GUNDAM EVOLVE』では劇場版等とは違い、クェスをあたかも父親のように諭し、立派な大人として、ニュータイプの先達として彼女を導いていく。
チェーン・アギ
アムロに近づく「嫌な女」。彼女を引導を渡すそうするも、結局返り討ちとなった。『第4次』では自らアムロの二股疑惑を言いふらそうとする。
ベルトーチカ・イルマ
D』では彼女の事も「イヤな女だな」と思っていた。奇しくも声も同じであるのは偶然か。
小説版ベルトーチカ・チルドレン』でも直接対面しているが、この時はベルトーチカがアムロの子供を妊娠している事を感知しており、チェーンの時と比べてむしろ好意的に接している。

ネオ・ジオン[編集]

シャア・アズナブル
彼に父親アデナウアーやアムロには無い「大人の男の頼りがい」を見ていたようだ。だが、クェスを疎ましく感じる(無邪気さ故に意図せずシャアのトラウマを抉るようなことを言ったが為に人として嫌われた事も原因ではあるが)シャアに戦争の道具として使われてしまう。
シャアとしてはララァ(「母性ある年下の少女」という理想)の代わりにしたかったのに、逆に父性を求められるのは想定外だったのか。
ギュネイ・ガス
若い男は嫌いだ! ということでクェス自身は全く彼に振り向かない。
D』では最終的にちょっといい仲になる。『第3次Z時獄篇』でも大分関係が改善され、更に『第3次Z天獄篇』では未だにシャアやカミーユを倒すことに拘るギュネイを度々説得する。
ナナイ・ミゲル
彼女がシャアの愛人であることから嫉妬し、後に彼女に修正を受けた。
レズン・シュナイダー
ネオ・ジオンでの仲間。特別扱いを嫌悪されて挑発されるが、「普通の人」に興味のないクェス当人は特に相手にしなかった。

民間人[編集]

ハサウェイ・ノア
友人(クェスにとっては)。ハサウェイが説得に赴いた際、子供であるのを理由に拒絶するが、その直後、チェーンの攻撃から彼を庇って命を落とす事になった。
『閃光のハサウェイ』では彼の夢に現れて殺された事を責め、を引き込もうとするなど死後も彼に影響を与えていた。
また、OVA『GUNDAM EVOLVE』ではクェスからの攻撃を受けてしまうが、それでもなお、自分の身の事より彼女のことを心配し続けている。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

カミーユ・ビダン
同じニュータイプ。『64』では、彼女を感じていた。
なお、富野由悠季監督によれば、クェスの作中での立ち位置はカミーユを意識したものであると語っている。確かに「父親が地球連邦の関係者で、愛人を作っていた」「家庭が崩壊状態」「高いニュータイプ能力を持つが、感受性が強すぎる故に情緒不安定」「大人に対して反発や失望といった反骨心を抱いている」「感情任せに後先考えずに奔放な行動を行い、気に入らない人物の陣営に敵対する組織に走る」「戦いに身を投じた末に暴れ回ったものの、自分の居場所を見出すことが出来ず悲劇的な運命をたどった」等々、共通点が多く見られる。
ジュドー・アーシタ
同じニュータイプ。『64』ではカミーユと同様彼女を感じ、『IMPACT』では「プル…の様なプレッシャーを感じる…」と言っていた。『V』では彼女の事を知っていて、ナインに語っていた。
ハマーン・カーン
D』でシャアにベッタリな彼女に因縁をつけるも軽くあしらわれてしまう。その一方で『第3次Z天獄篇』では、Z-BLUEと合流した彼女と良好な関係を築いている。
プルツー
T』では、年が近いためか共に行動していた。シャアルート・独自ルートでは「ジュドーって奴の所に行ってもいい」と気遣う面も。
バナージ・リンクス
オードリー・バーン
フル・フロンタル
第3次Z』で共演。シャアの影武者だが、クェスは彼に対して強い不信感を抱いている。アムロ暗殺未遂事件の際にはシャアに対して疑いが向けられる中、真の黒幕がフロンタルである事に気付いていた。
マリーダ・クルス
『第3次Z』では彼女と共闘。マリーダに母性的な側面があるためか仲は良好。また、彼女の感性を「ニュータイプ」「わかってる人」と評している。
ファラ・グリフォン
『D』で対峙。彼女の鈴の音はクェスにも相当耳障りらしく「気持ち悪い女だ!」と嫌悪感を露にしている。

バンプレストオリジナル[編集]

クリアーナ・リムスカヤ
D』の女主人公。ゲーム中で親友になる。基本的にワガママなクェスだが、彼女とだけは仲が良く、親身に接する。
ジョシュア・ラドクリフ
『D』における親友の兄。クェス曰く「普通の人」とのこと。

名台詞[編集]

劇場版[編集]

「先に行っててよ!……何も判ってないんだから!」
アデナウアー・パラヤは父親としての立場から単に心配を口にしているだけなのだが、「軍事機密だから人に言っちゃいかんぞ」「邪魔になるからこっちにきなさい」という自分の体裁ばかりを優先していると彼女は解釈してしまう。彼女は「すごいね」という素直な感想に同意(または共感)してほしかった、あるいは褒めて欲しかっただけである。このことからも、彼女が愛情に飢えており、自分を受け入れてくれる人を探していたことがわかる。
「あれがアムロ・レイか……」
宇宙に上がって初めてアムロを見た時の台詞。
「アムロ、あんた、ちょっとセコイよっ!」
クェスがシャア側に付いたときの台詞。ぶっちゃけ、シャアの方がよっぽどセコイのだが。
「行け、ファンネル達」
訓練において、ファンネルを使用した際の台詞。
スパロボにおけるファンネル使用時の戦闘台詞の先駆けである。
「ギュネイ、よしなよ。普通の人に向かって。」
レズンと言い争うギュネイを諫めた際にの発言。“普通の人”に興味を持っていない事が窺える。
「ああ…! なんか、あたしの中に人がいっぱい入ってくる…。こ、怖い…気持ちが悪い…」
感受性が強い為、戦場での様々な波を受けてしまった時の台詞。
「あんたみたいなのを生んだ地球を壊さなくちゃ……救われないんだよぉっ!!」
「子供は嫌いだ! ずうずうしいからっ!!」
ハサウェイ説得を拒否する台詞。クェスに対する突っ込みや批判が入りそうな台詞であるが、まともな父親に恵まれなかった彼女の生い立ちを考慮に入れると、(自分を救ってくれるかもしれない)父性に満ちた大人の男性を求めている事がうかがえる悲しい台詞とも取れる。
第3次Z時獄篇』ではこの二つの台詞が遂に、ハサウェイとの特殊戦闘台詞で再現された。
ACE3』ではティファエウレカの説得を上記の台詞で拒否する。
「直撃!?」
「どきなさいハサウェイ!!」
最期の台詞。チェーンリ・ガズィが放たれたグレネードで、ハサウェイを庇って戦死した。
なお、クェスの死に際に取ったこの行動について本作の監督である富野由悠季氏は、『月刊ニュータイプ』におけるインタビューにて「クェスのように最後の3秒間だけ人の気持ちを考えても遅いんです」というコメントを残している。

小説版[編集]

「キャーン!!」
小説版『ベルトーチカ・チルドレン』での最期の台詞。シャアを倒そうとしたハサウェイのミスで、彼が乗るジェガンから放たれたビームライフルで死亡。
「あんたは、あたしと一諸に行くんじゃなかったの……」
「ハッハハハハハ……ひがんでる! そういうんだから、あたしをまちがって殺してしまったんだ! それは酷いよ! おいでよっ! ハサウェイ!」
小説版『閃光のハサウェイ』にてハサウェイの夢の中で彼女が言い放った台詞。

漫画版[編集]

(自分のことしか考えていない。こんな男が父親だなんて――)
コミックボンボン版(ときた洸一・著)第1話にて。フィフス・ルナ落下に巻き込まれ、シャトルが揺れかかった際、ハサウェイに助けられるクェス。
その時、恐怖と保身に怯えて実の娘を助けようとしなかった父アデナウアーに唾棄する時にこの独白を言う。

GUNDAM EVOLVE版[編集]

「そう言うことを言うからぁ!!」
光に包まれた世界で「なんて温かいんだ…」と言うハサウェイの次に発せられるクェスの台詞。次の瞬間に映るは機関銃を乱射するα・アジール。銃創の形に切り替わる画面。そして蜂の巣にされ、爆発するジェガンの姿であった。
「あんなこと言うから…」
ハサウェイの乗るジェガンを撃墜させた直後のクェスの台詞。上記のセリフと同じように見えるが、それとは違い声は震えている。そして、クェスの心を表すかのようにα・アジールのモノアイが小刻みに震えていた。
「あたしが悪いんじゃない…。みんな…、嫌いだ…」
劇場版等の彼女を彷彿させる台詞であるが、「もしかして、ハサウェイを手に掛けてしまったのでは?」という彼女の心の動揺と後悔の念が見て取れる。そして、それを表すかのようにα・アジールからはドス黒いオーラが漂っていた。
「友達なんかじゃない! 私の邪魔ばっかりして! 貴方に何が解るって言うの? そうやって、いつも偉そうな事ばっかりぃ!!」
心配し駆けつけたアムロに対する発言。クェスを気遣うアムロに対し、ハサウェイを殺してしまった事実から目を背けたいクェスは、怒られるのを恐れる子供の様に言い訳と反発を繰り返す。だが、クェスが精神的に不安定になっていることに気付いたアムロは諦めず彼女に語りかける。
「堕ちろ堕ちろぉ! こんなの…嫌いだぁ!!」
逆上したクェスはアムロへ猛攻を繰り返すも、敢え無くかわされフィン・ファンネルのIフィールドで拘束される。だが、冷静さを欠いたクェスは尚も癇癪を起こした子供の様にフィールド内で暴れまわり、挙句、反射した自らのビームに悲鳴を上げる。
「私は、そんなにバカじゃない。こんなものぉ!!」
力を持て余すクェスに、アムロは感情任せに力を使うことの危険性を言い聞かせるも、頭に血の上ったクェスは聞き入れずニュータイプ能力による攻撃をかける。その強力な力にアムロも思わず怯んでしまうも、直後…
「間に合うかな?」
アムロからハサウェイの生存を知らされて。頑なだったクェスの心に変化が見られ始める。
「待ってて、今行くから! 見つけた!」
アムロの助言に素直に従い、ニュータイプの力を駆使してハサウェイの居場所を特定する。
「後ろから撃つなら撃ってもいいよ、アムロ」
α・アジールの武装や装甲をパージして、ハサウェイの救出に向かうクェス。劇場版等と違い、アムロに対して完全に心を許している。素直になった彼女の心には、かつて抱いていた他者への反発の意思が全く見られなくなっていた。
「信じてみる」
素直な心になってアムロとハサウェイの気持ちを理解したことにより、クェスの心は明るく前向きなものに変わることができた。劇場版等とは異なり、希望あふれる結末である。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「エヘヘヘ、あたし、クェス=パラヤ。あなた、アムロ=レイでしょ。一度会ってみたかったんだ!」
第3次』のシナリオ「シャングリラ」にて、アムロが座標軸47,9の位置で待機で出会った台詞。
「みなさ~ん、アムロ=レイはチェーンとベルトーチカって言う、二人の女の人を手玉にとっている、ひどい人で~す!」
第4次第4次S)』でリアル系ルート「マーズ・コネクション」で『第3次』と同じパターンでアムロと遭遇した際にアムロが連れていくのを拒否したためにアムロの女性関係について(街中の人間に?)言いふらす。もちろん、アムロは狼狽した。しかも、この後に「それに、○○○が×××で…」と続く。何を言ったのか…。
とはいえ、こんなことをあっけらかんを言い放った辺り、旧シリーズのクェスは「アムロへの憧れは過去の事」と良い意味で割り切っているようだ。

COMPACTシリーズ[編集]

「…シャア=アズナブル…私が守ってあげるって…言ったのに…」
IMPACT』第3部銀河決戦篇隠しシナリオ最終話「メビウスの宇宙を越えて」に於ける撃墜時台詞。虚ろに呟きつつ、クェスは宇宙に散る…。

αシリーズ[編集]

「あ…ああ…!」
第2次α』第54話ハマーン休戦ルート「逆襲のシャア」or第55話ハマーン拒絶ルート「忌まわしい記憶と共に」に於ける撃墜時の断末魔。

Zシリーズ[編集]

「ニュータイプって言えばいいかな?」
「そんなの関係ないよ。わかってるか、わかってないかが問題で、あなたはわかってる人だと思う」
第3次Z時獄篇』第23話「次代を担う者」開始時、「私は強化人間だ」と言うマリーダを評して曰く。
ニュータイプ」という未だ概念すらはっきりしない存在に対する、一つの答えとも言える。
「頑張ろうね、ハサ。あたし達、人類の希望なんだから」
ハサウェイ「ちょっと自信ないけどね…」
「もう、頼りないなぁ…! じゃあ、私…大佐の所に行ってくるね」
ハサウェイ「駄目だよ、クェス」
『第3次Z時獄篇』第59話「決戦の銀河」におけるハサウェイとのやり取り。

携帯機シリーズ[編集]

「ああっ!!」
R』第4話逆襲のシャアルート「最悪の結末」に於ける撃墜時台詞。あっさりと死亡し、『R』でのクェスの出番はここで終了。
「いや…あたしの中に、人がいっぱい入ってくる!? いやだ、こんなの! あたし…あたしパンクしちゃう!」
D』第10話「その名は”破滅”」より。多数の人々を生きたまま取り込んで盾に使うインベーダーを前に、攻撃を躊躇するブルー・スウェア。しかし、そこに突如現れた謎の黒いゲッターロボが、取り込まれた人々など意に介さずインベーダー諸共容赦なく殲滅していく。人々の死に際の思念をもろに受けたブルー・スウェアのニュータイプ勢の中でも、クェスは特に顕著な反応を示してしまった…。
「あたしは、大佐を守ってあげなきゃならないのよ。でもさ、ギュネイは、あたしを守ってくれるんでしょ?」
『D』最終話「デザイア」より。最終決戦目前に、ギュネイに対して。
色々と面倒を見てくれる彼にはやはり感謝しているようである。そして、ギュネイの苦労が報われた瞬間でもある。ハサウェイは涙目だろうが。

VXT三部作[編集]

「え、遠慮するから!」
T』第45話に於けるサイドプランシナリオ(プル加入時)より。「「プルプルプルプルプルーッ!」と言って走り回る」を、プルから「クェスもやる!?」と誘われ、慌てて拒否。年齢ゆえかやはり恥ずかしいようだ。

単独作品[編集]

クェス「生身で宇宙空間に…!? 何考えてんのさ!」
宙「待て、様子がおかしい! あれは…!」
CC』「帝国の陰謀」にて生身で宇宙空間に出たゼロに対して。はまだいいとして、クェスに言われたくはない気がしないでもない

関連作品[編集]

「あんた、大佐の知り合いなんでしょ、そんなモビルスーツで大佐を困らせないでよ!」
バトルロボット烈伝』にて、カミーユとの戦闘前会話

搭乗機体・関連機体[編集]

ヤクト・ドーガ (クェス専用)
α・アジール

余談[編集]

  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のキャラクターデザインを担当した北爪宏幸氏の初期稿におけるクェス・パラヤの髪型はショートヘアになっている。また、初期稿における彼女の容貌(『機動戦士Ζガンダム』に登場したフォウ・ムラサメに似ている)は、「(北爪氏曰く)ちょっと変わった感じなニュータイプである13歳の少女をイメージしたもの」になっている。
    • ちなみに、富野由悠季監督は初期稿におけるクェスのデザインを見た際に、エキセントリックな発言を残したという逸話が有る。その後、クェスの髪型はセミロングを経て、決定稿となるツインテールへと変遷していった。
      • 上記の経緯が有った為か、北爪氏は「(『逆シャア』の登場キャラクター達の中で)クェスのデザインが一番大変でした」と述懐している。
  • 初期設定では「クェス・エア」という名前だった。後に現在の姓「パラヤ」に変更され、初期設定の姓「エア」は偽名として使用される。
  • カセット文庫版では荘真由美氏にキャストが変更されているが、これは同作に川村氏が声を担当するベルトーチカが登場するためである。
  • クェスといえば劇中「ノーマルスーツを着用していない状態で(目と耳を塞ぎながら)生身で宇宙空間に出て、ヤクト・ドーガからサザビーに乗り移る」場面が有名である。また、『F91』『クロスボーン』『ASTRAY』『AGE』でも同様のシーンが存在する。
    • しかし、小説版ベルトーチカ・チルドレン』では文字媒体ということもあってか、「全裸でα・アジールからナイチンゲールに乗り移る」というとんでもない行動を取っている。漫画版でも再現された。
    • なお、かつては「人間が生身で真空状態にさらされると『血液が沸騰して破裂する』『急速に気化が発生して凍結する』といった理由で即死する」と思われており、現代においてもその俗説を信じる者から彼女がこのような行動に出て生存していることに疑問を示す視聴者も多いが、現実には1965年にアメリカのNASAにおいて、真空チャンバー内で宇宙服のトラブルにより、14秒間生身で真空状態に置かれるという事故が発生したものの、その事故の被害者は特に意識を失う事もなく生還しており、前述のような人体に急激な変化は発生しないことが分かっている。
  • OVA『GUNDAM EVOLVE』では、富野監督から提供されたプロットをもとに、『逆襲のシャア』の物語において劇場版とは異なった結末が描かれている。

資料リンク[編集]