ケーラ・スゥ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケーラ・スゥ
外国語表記 Kayra Sue
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 安達忍
デザイン 北爪宏幸
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 ロンド・ベル
軍階級 中尉
テンプレートを表示

ケーラ・スゥは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場人物。

概要[編集]

ロンド・ベル隊のMSパイロット。

アムロ・レイの部下で、隊ではアムロに次ぐ実力者であった(と言っても、ジェガンではレズン・シュナイダーギラ・ドーガに押されていた)。

アストナージ・メドッソとは恋仲で、帰艦したらサラダを食べる約束をしていたが、最期はギュネイ・ガスヤクト・ドーガの手で握り潰されて死亡した。

登場作品と役柄[編集]

登場作品は比較的多く、原作に準じてアムロの部下でアストナージの恋人という設定であり、デフォルト乗機はジェガンリ・ガズィ、あるいは量産型νガンダムが基本。ただしエマと同様にオールドタイプであり、突出した能力でない為、精神コマンドのバランスや乗機に左右されがちである。

SRWでは死亡することはなく、現時点で死亡したのは『R』のみ。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。隠し要素でクワトロを仲間にしなかった場合に補充人員として仲間になる。初期レベルが高く、能力も悪く無い為、中盤はそこそこ使える。
スーパーロボット大戦EX
リューネの章で登場。ラ・ギアスに召喚され、当初敵方であるシュテドニアス軍としてハサウェイと一緒に登場する。隠し要素アムロカミーユ説得すれば乗機のギラ・ドーガとともに仲間になる。ケーラが出撃し最後まで残っているとドーベン・ウルフを入手するシナリオがある。シュウの章でリューネたちと戦う場合、ギラ・ドーガに乗って敵として出てくる。
第4次スーパーロボット大戦S
隠し要素で序盤にジェガンに乗って仲間になる。加速が使えるので、アイテム探索要員として使える。熱血集中ひらめきと一通りそろっており、能力値もやや高めの水準なので他のスパロボ作品のケーラに比べて十分戦力になる。Ex-Sガンダム入手時、アストナージから専用機にしないかと薦められるシーンがある…本当に専用機にする人は少ないだろうが。EDでは、アストナージと結婚するものの、2年で離婚。現在は良き友達関係といった様子で、相変わらず現役のパイロットとして活躍中。
スーパーロボット大戦F
主人公がスーパー系の場合にのみ加入する。リアル系では登場しない。
スーパーロボット大戦F完結編
主人公がスーパー系ならすでに部隊にいるが、リアル系では本作の終盤にアストナージとともにロンド・ベル隊に加わる。能力値、精神コマンドともに中途半端なため、同時に登場するコン・バトラーVの追加武装ともどもあまりにも登場が遅すぎて今さら感が非常に強い。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
『第3次』・『EX』シナリオに登場。習得精神は一部変更された。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ジェガンに乗ってくる。アストナージと恋仲という描写はないが絡みは多い。能力は平凡ながら奇襲を覚える。顔グラが旧シリーズの「あんた誰?」的なものから、かなり改善された。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
能力が見直され、集中も覚えた。ちゃんとしたユニットに乗せてやれば活躍できる。
スーパーロボット大戦α外伝
登場しないが、没データが存在する。
第2次スーパーロボット大戦α
加速を覚えるので、小隊員としては使える。量産型νガンダムがデフォルト乗機であるがリ・ガズィの方が使い勝手はいい。もっとも、彼女よりも優先して乗せるパイロットが多いと思われるが…。
第3次スーパーロボット大戦α
第3次αと同じ。前作でもそうだが、加速以外に小隊に貢献できる精神コマンドが無い為、逆に加速に専念できるという考え方も。
その為、加速の他にも有用な精神コマンドを覚えるパイロットと同じ小隊に編成し、加速を彼女に任せるという使い方もある。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
直接登場はしないが、残されの海ルート29話「深遠よりの目覚め」にて、アストナージの交際相手として名前が出ている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ロンド・ベル隊への補充パイロットとして、リ・ガズィと共に第14話から登場。アストナージとは既に恋仲で、アムロやブライトとも旧知の仲。パイロットとしては到底エース級に及ばないが、加速突撃努力再動など、精神コマンドは良い物を持っているので、Gファイターに乗せてメインパイロットの支援をさせると良い。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
エースボーナスはHP50%以下の時回避率+30%というもの。底力と併用すれば結構避けそうだが、素では持っていないので本気で生かそうと思えばかなりの手間がかかる。
スーパーロボット大戦R
序盤のみ登場。最初はジェガンに乗り、その後、リ・ガズィ(条件を満たせば量産型νガンダムI)に乗る。が、イベントにより第4話でデュミナスによって死亡する。舞台が過去に移ってからは登場せず、歴史が変わった後のエンディングでどうなったかは不明。また、味方の宇宙世紀MSパイロットでただ一人のオールドタイプである。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
音声を収録。その後の作品で新録は行われておらず、現在に至るまでここで収録されたものが使用されている。二機あるリ・ガズィのうち一機に乗って登場。攻略本では「日の当たらないキャラ」等と評されている。しかし精神コマンドのラインナップが非常に優秀で、アムロらエースの脇を固めるキャラとしては十分活躍できる。MS部隊の多くを占めるシュラク隊のメンバーが近攻撃メインなのに対し、彼女は遠攻撃メインなのも特徴。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
中盤にリ・ガズィに乗って仲間になる(独立軍ルートでは当初Ζガンダムに乗る)。いつもリ・ガズィに乗っている為なのか、陸:Bであるのが微妙に痛い(そして何故か水:Aである)。切り払いとシールド防御がそれぞれLv8まで達するので、乗るユニットを吟味してやればそこそこ行けるパイロットなのだが、能力的には微妙で精神にはあまり良い物がないので、やはりベンチウォーマーは免れないか。本作ではルートによっての登場や、アストナージとの絡みがあったりして出番はある。
スーパーロボット大戦リンクバトラー
何かと気力が求められるこのゲームにおいて、特に気力上げが苦手なモビルスーツ乗りで気合を持っていると言うのはかなりのアドバンテージであり、これだけで結構な強キャラになる。ケーラもそんな一人。
スーパーロボット大戦X-Ω
イベント「アクシズの攻防」より登場。ユニットとしての参戦はアムロから引き継いだリ・ガズィのみだが、テキスト上ではジェガンに搭乗している事も。ユニットクエストの数も多く、原作以上に出番が増えた。アストナージとの会話シーンでこれでもかというほど死亡フラグを建てているが、彼女の生死は果たして…?

パイロットステータス[編集]

どちらかといえば攻撃面の精神コマンドを覚えるが、ニュータイプ能力を持たないのが難点となる。空適応B止まりな作品も多いのでリ・ガズィに乗せる場合は注意。

精神コマンド[編集]

第3次
加速根性集中ド根性気合熱血
第3次(PS版)
根性ド根性気合加速集中熱血
EX
根性気合熱血てかげん威圧ひらめき
EX(PS版)
根性気合熱血てかげん努力必中
第4次
根性加速集中ひらめきかく乱熱血
根性加速集中ひらめき熱血かく乱
FF完結編64
熱血ひらめき信頼気合加速努力
リンクバトラー
ひらめき気合加速努力熱血信頼
α
ひらめき信頼ド根性努力熱血奇襲
α(DC)
ひらめき信頼集中努力奇襲期待
第2次α第3次α
必中加速鉄壁集中熱血狙撃
AA PORTABLE
ひらめき突撃努力熱血必中再動
R
不屈必中努力熱血ひらめき再動
X-Ω
不屈集中熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次(PS版)
シールド防御L4、切り払いL4
EX(PS版)
シールド防御L6、切り払いL6
第4次S
シールド防御L8
第2次α第3次α
シールド防御L4、援護攻撃L2、援護防御L2
A
切り払いL4
A PORTABLE
切り払いL4、援護攻撃L3
R
防御L5、援護攻撃L2、援護防御L2

小隊長能力(隊長効果)[編集]

命中率+10%
第2次α』、『第3次α』で採用。

固有エースボーナス[編集]

HP50%以下の時回避率+30%
A PORTABLE』で採用。

サポートアビリティ[編集]

アストナージの恋人
SR。装甲大アップ、回避率ダウン。

パイロットBGM[編集]

「MAIN TITLE」
メイン戦闘BGMとして数多くの作品で扱われている。

人間関係[編集]

アストナージ・メドッソ
恋人。死亡フラグをテンプレ通りに成立させてしまい、ほぼ同時に戦死してしまう。
アムロ・レイ
上官。
ハサウェイ・ノア
劇中での絡みは余りないが、『EX』では彼にMS操縦を教えている時に共にラ・ギアスに召喚されてしまう。
レズン・シュナイダー
ライバル的な存在。『X-Ω』ではアムロ不在の間に死闘を繰り広げている。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

カツ・コバヤシ
第2次α』及び『第3次α』ではアムロの部下として、序盤から行動を共にする。
エマ・シーン
『第3次α』のEDでは、カミーユ達の持つ「若さゆえの可能性」を共に羨んでいた。ちなみに原作で恋人と共に戦死してしまったという共通点がある。
ルー・ルカ
漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』では、グリプス戦役の頃は共にエゥーゴの一員として戦っていた。
ナタル・バジルール
『第3次α』中盤で生死不明となったキラをMIA扱いし、早々に捜索を打ち切ろうとする彼女の冷淡な態度に苦言を呈するも、捜索に携わる人員の疲労度も考慮した上での判断である事に一定の理解を示した。

名台詞[編集]

「一撃必殺というわけにはいかなくともっ!」
小説版にて、リ・ガズィでアクシズの核ノズルを狙って。しかしこの攻撃は防御弾幕に無効化されてしまった。
「なんて敵!? 遊んでいるっ!」
ヤクト・ドーガの猛攻を受けながら。この後半壊したリ・ガズィから脱出しようとするが…
「私に…構わずに……」
リ・ガズィから脱出するもヤクト・ドーガに捕まってしまいマニピュレーターに握られた状態で発したセリフ。この直後アムロはフィン・ファンネルを外すも「放熱板を外しただけ」と思ったギュネイは僚機にアムロ攻撃を命令。攻撃に過敏に反応してしまったフィン・ファンネルが半ばオートで反撃した為にギュネイは抵抗したと激昴、ケーラは握り潰されてしまう。その後遺体は回収されたものの、アムロが「見るんじゃない!!」と声を荒げる程の惨状であった…。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「あたしの出番、あるかな?」
EX』リューネの章14話「シュテドニアス、追撃」より。発言が少なめの彼女にしては珍しい自己主張シーンだが、このステージは中戦がメインで敵の数も多い上、出撃できる味方の数は少ないとかなりの悪条件。実際にケーラに出番を与えたプレイヤーは少ないと思われる。

搭乗機体[編集]

ジェガン
初期の乗機。
リ・ガズィ
νガンダム搭乗後のアムロから譲り受けたが、彼ほどの戦果を挙げる事が出来なかった。『X-Ω』のユニットクエストでは操縦に難儀しているような描写も見受けられる。

スパロボでの搭乗機体[編集]

量産型νガンダム
αシリーズR
ギラ・ドーガ
EX
Ζガンダム
64

余談[編集]

  • 映画公開当時に『コミックボンボン』で連載された村上としや氏による漫画版では、アクシズ落下を止めるのに参加するが、乗機が爆発した事により死亡する。
  • 漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』では、グリプス戦役時代はエゥーゴに所属していたことになっており、エマ・シーンがヤザンと交戦して窮地に追い込まれていたところを、ルー・ルカとともに援軍として駆け付け助けた。

資料リンク[編集]