ヤクト・ドーガ (ギュネイ専用)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヤクト・ドーガ
(ギュネイ専用)
外国語表記 Gunneys's Jacd Doga
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用モビルスーツ
機種 ヤクト・ドーガ
生産形態 試作機
型式番号 MSN-03
頭頂高 21.0 m
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,340 kw
スラスター推力

17,000 kg×2
13,000 kg×2
13,000 kg×2

総推力
82,000 kg
アポジモーター 17
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 16,400 m
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 ネオ・ジオン
パイロット ギュネイ・ガス
テンプレートを表示

ヤクト・ドーガ (ギュネイ専用)は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場メカ。

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したネオ・ジオン軍のニュータイプ専用モビルスーツ

ヤクト・ドーガギュネイ・ガス専用機で、機体色は青緑色をベースに随所に金色を取り入れたカラーリングとなっており、角があるのが特徴。

ネオ・ジオン軍の戦力の中核として運用され、アムロ・レイの搭乗するリ・ガズィを相手にフィフス・ルナの核ノズルを防衛し、地球連邦軍ジェガンを多数撃墜するなど活躍したが、最後はνガンダムのバズーカとシールドを囮にした戦法にかく乱され、その隙に撃破される。同時にギュネイも戦死した。

登場作品と操縦者[編集]

逆襲のシャアシナリオが再現されている場合、ギュネイが搭乗し中ボス級の性能で自軍に襲い掛かってくる。作品によっては一般兵が搭乗してくることもある。自軍ユニットとして使用できる作品もあるが、パイロットのギュネイとセットで自軍加入するのは今のところ、『D』と『第3次Z』と『T』だけである。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
ギュネイが乗り、DC最強部隊ラストバタリオンの一員として登場。終盤はランバ・ラルラカン・ダカラン達が乗った機体も登場する。
第3次スーパーロボット大戦
ラストシナリオ手前「アクシズは燃えて(DC編)」に、ギュネイとエリート兵の乗る二機が登場。終盤のボス機としてはそこまで能力が高い訳ではないが、1ターン目から突っ込んでくるので厄介。
スーパーロボット大戦EX
本作にはギュネイは登場しないが、シュテドニアスの戦力として登場。ファンネルと最高火力のメガ粒子砲が高性能。HPが低いのだけが救い。
第4次スーパーロボット大戦S
本作にはギュネイは登場しない。敵の強化人間が乗って複数登場。カラーリングは量産機版ではなく、ギュネイ専用機版である。ゲストメカ程の強敵ではないが、やはり長射程のファンネルが脅威となる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ギュネイ専用。ボスユニットにしてはHPが少なめで落としやすいがギュネイの底力には注意が必要。ビームアサルトライフルではなくクェス機と同じガトリングガンを装備。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
攻撃力が増して中々の強敵に。今回は原作通りビームアサルトライフルを携行。
第2次スーパーロボット大戦α
ファンネルが全体攻撃ではないため相手にするのは楽。オープニングシーンでは登場し(後ろ姿のみだが)、ガンダムF91と戦っていた。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
Zシリーズ初参戦。敵として登場し、第41話から第45話まで自軍に参入する。改造資金は全額戻ってくるので、フル改造して宇宙世紀キャラで乗り回そう。序盤敵対時は、こちらの戦力が揃っておらず、高い回避率と長射程のファンネルで、体感的にもかなり強く感じ、苦戦させられる。
また、ファンネル使用時の演出が今までの「6基全射出」から、半分の「3基射出」に変更されており、「ファンネルを節約して使っている」印象を与える。なお、このファンネルの節約演出は他のファンネル搭載機もほぼ同様。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
『時獄篇』で共闘していたものの、またもや敵として登場する。条件を満たせばギュネイ共々自軍で使用可能になるが、この頃には他の優秀なユニットに力負けしているため、運用するには厳しい。
時獄篇の段階では武器・アニメーションのなかったシールド内蔵の4連メガ粒子砲が追加されており、味方用のグラフィックも新規に用意された。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
敵として登場するが、終盤で入手が可能。ただし、オージェと二択。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
隠しシナリオ「メビウスの宇宙を越えて」のみに登場。
スーパーロボット大戦IMPACT
隠しシナリオにのみ登場。量産されていてギュネイの他、一般兵も乗ってくる。ギラ・ドーガ同様切り払いシールド防御をしっかり行うのでしぶとい。ギュネイ機のみHPが大変高い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ギュネイはおらず、敵の強化兵が乗っている。
終盤のネオ・ジオンとの決戦において敵機体として登場。雑魚ユニットだが、射程が長く命中補正にも優れるファンネルが少々厄介であり、モビルスーツ系雑魚としては耐久値も高め。また、パイロットが強化人間持ちなので地味に当てて避ける。シャドウ・ミラー隊の影に隠れがちだが、割りと厄介な相手なので間合いを取られないようにして撃破したい。
スーパーロボット大戦R
現代編逆シャアルートに登場。強化人間持ちの敵兵が乗ってくる他、今回はギュネイも搭乗する。さして手強い相手ではないが、それでも戦力の整わない一周目序盤ではファンネルが脅威となる。
スーパーロボット大戦D
ギュネイ共々味方として運用できる珍しい作品。ルート選択によっては一話から使える。νガンダムなどと比べれば力不足の感もあるが、ファンネルなどの武器もしっかりと揃っており、更にクェスのヤクト・ドーガ合体攻撃も使えるので、改造次第で十分使っていける性能。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
ギュネイは登場せず、宇宙ルート第21話でクリムが乗り込んで参戦。ニュータイプではないクリム(とミック)にはファンネルが使えず、欠陥品だと思い込んでいた。
条件を満たすと自軍ユニットとして運用可能。最大火力は低いが、弾数とENで武器が分かれているため使い勝手は良いのでデフォルト機体に恵まれないシャングリラ組に譲るといい。
「ヘルメスの薔薇」に遺されていたデータから復元された設定になっているためか、機体BGMが『Gレコ』の前期OP曲になっている。
『最強武器がニュータイプ技能を必要とせず、P属性の射撃武器である』という特徴があるものの、上述の通り本機のファンネルにはNT技能が必要なうえ、G-アルケイン フルドレスがほぼ完全上位互換なので、オールドタイプのGレコ系のパイロットの搭乗機としては選びにくい。
スーパーロボット大戦T
治安維持隊ルート第30話より敵として登場するが、条件を満たすと第46話後のシークレットシナリオにてギュネイと共に自軍加入。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
新スーパーロボット大戦
原作と同様でギュネイが乗る。ボスユニットであり、性能は高い。
また同じカラーリングの機体が量産されて登場するが、ギュネイ機より性能は低い。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
ギュネイと一般兵が搭乗。ギュネイ機は改造段階が高いほかバルーンダミーを所持している。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
ザコ敵。ヤクト・ドーガIIという上位種も登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ミサイル
両肩部のアーマーの裏側に各3発、計6発装備。
シールド
左腕に装着する実体盾。
メガ粒子砲
シールドに4門内蔵している。
ヒートナイフ付きビームサーベル
接近戦用の武装。その名の通り、サーベルの柄にヒートナイフが付属している。左腰部にマウント。
ビームアサルトライフル
アサルトライフル的な性能を持つビームライフル。軽量かつ小口径だが威力は通常のビームライフルと同等。連射と精密射撃に切り替える機能を持つ。
グレネードランチャー
ビームアサルトライフル上部に1発装備。
ファンネル
両肩部のアーマーに各3基、計6基装備。

合体攻撃[編集]

ダブルファンネル
クェス機との合体攻撃。Dのみ使用可能。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

『ファンネル』の弾数+4、CRT+25
第3次Z』『X』で採用。
「ファンネル」の弾数+4、攻撃力+400。
T』で採用。
これにより、ギュネイ・クェスの両機は共通のボーナスとなった。

機体BGM[編集]

「翔べ!ガンダム」
初代にて。
「BEYOND THE TIME」
D』で採用。
「BLAZING」
『X』にて採用。

対決・名場面[編集]

vsリ・ガズィ
アムロ・レイ搭乗時、ケーラ・スゥ搭乗時の計2回交戦している。
1度目は作中冒頭のフィフス・ルナ攻防戦にてアムロとの対決。基本性能で勝り、更にファンネルという大きなアドバンテージがあったにも関わらず、パイロットの歴然たる技量差から、撃破寸前まで追い込まれてしまった。しかし、割って入ったシャアの支援で撤退に成功。
逆にケーラとの対決では、機体の性能差を有効に活かして圧倒。リ・ガズィを半壊状態に追い込み、パイロットの生け捕りにも成功した。
vsνガンダム
アムロの駆るνガンダムと2度交戦している。初戦では先に捕えたケーラを人質にすることで武装解除させ、機体の強奪を狙ったが、ファンネルの放棄を要求してパージされたフィン・ファンネルを単なる放熱板と勘違いしたギュネイが逆上、ケーラを殺害して攻撃を仕掛けるも勝負は着かず、その場は互いに撤退することとなった。その後、クェスの駆るα・アジールとの共闘で再戦に臨むも、結果は概要の通り呆気なく撃墜されてしまう。

関連機体[編集]

ヤクト・ドーガ (クェス専用)
クェス用のヤクト・ドーガ。
ヤクト・ドーガ (量産型)
SRWオリジナル機体。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]