ギュネイ・ガス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ギュネイ・ガス
外国語表記 Gunneys Guss
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 山寺宏一
デザイン 北爪宏幸
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人強化人間
性別
年齢 18歳
所属 ネオ・ジオン
軍階級 准尉
テンプレートを表示

ギュネイ・ガスは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場人物。

概要[編集]

シャア・アズナブルが立ち上げたネオ・ジオン軍に所属する強化人間。強くなる為あえて強化を志願したらしく、天然のニュータイプに対する憧れからか、強化人間と呼ばれることを嫌う。

一年戦争におけるコロニー落としに使われたサイド4コロニーに住んでいたがために両親を失っており、小惑星アクシズ落としを敢行するシャアを内心ではあまり快く思っていなかった。

フォウ・ムラサメら他シリーズの強化人間と比べれば精神面での不安定さは殆ど見られない。 フィフス戦直後、自分は死ぬことはないと思いこんでいてシャアにも不信感を持っておりカイザスには強化のし過ぎを心配されていたが、直後現れたシャアにはそれは「若いのさ」と言われている。

ロンド・ベル隊と接触した時にシャアについてきた少女・クェス・パラヤの高いニュータイプ能力に興味を示し近付こうとするが、シャアにしか興味のない彼女には相手にしてもらえなかった。その為シャアにはますます嫉妬にも似た対抗心を抱く。

パイロットとしては目が良いのだが、その分余計なものに気を取られる癖がある。フィフス・ルナでの戦闘でパージされたBWSに気を取られていた為、歴戦の勇士であるアムロにはこの点をしっかり見抜かれており、最期はνガンダムが放り投げたバズーカの発射口に一瞬気を取られた隙に撃墜され呆気なく散る。

乗機は専用のヤクト・ドーガ

小説版[編集]

小説機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』では「グラーブ・ガス」という名称で登場。アムロとベルトーチカの子供による幻覚を見せられ、ベルトーチカが搭乗するリ・ガズィの攻撃を受けて戦死する。

デザイン[編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のキャラクターデザインを担当した北爪宏幸氏の初期稿におけるギュネイの表情は、(北爪氏が彼のイメージを掴みかねていた故に)悪人の様な面構えであった。

なお、富野由悠季監督が初期稿におけるギュネイのデザインに対して難色を示したので、決定稿になった「『切れ者』だと感じさせる表情をしたデザイン」のものを描いたという経緯が有る。

登場作品と役柄[編集]

基本的には単なる顔有りの敵キャラクターという扱いで、『α』のようにシャアが反乱を起こしていなくてもネオ・ジオンニュータイプ部隊の一人として登場すると云うこともあった。

スパロボシリーズにおけるギュネイを語る上で、特筆すべきは『D』での扱いである。本作では原作と敵対関係が大きく異なるため、なんと最序盤から最後まで自軍で活躍する。男主人公であるジョッシュとは親友となり、ファンには嬉しい原作で見られなかった活躍を見せてくれる。

『D』におけるギュネイは、ある意味では同作を象徴する存在といえる。基本的にはほとんどの登場作品で最終的に死亡しているが、『D』、『CC』、Zシリーズでは最後まで生き残る。

クェス共々、総帥であるシャアの立ち位置によって扱いが大きく変わるキャラクターと言える。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCラストバタリオンの一員として登場。クェスはFC版のみ。
第2次スーパーロボット大戦G
『第2次』と同じだが、終盤の決着シナリオの削除のため出番が減った。
第3次スーパーロボット大戦
DCのメンバーとして登場。なお、クェスは条件で味方のまま。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ナナイの部下…であるが、全然関係のないア・バオア・クー攻防戦にも端っこにいるため、どういう経緯で居るのか不明。クェスにはあっさり逃げられてしまう。ちなみにクェスが逃げた理由はシャアがちょっかいをかけたからである。
第2次スーパーロボット大戦α
シャアがネオ・ジオン総帥になったのでポジションが原作と同じになった。『α』の時点では死んでいなかったが今回で戦死する。専用ヤクト・ドーガだけでなく、α・アジールにも乗る。ハマーン休戦ルートを行くとヤクト・ドーガに乗り換え。ハマーン休戦を断ったルートに行くと、そのままα・アジールに乗る。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
『D』以来となるスパロボ出演。また『新』以来のパイロットカットインが用意され、ボイスも新録された。終盤第41話から第46話までシャアへの連絡係としてクェス、マリーダと共に一時的に自軍参加。乗り換え時の台詞も豊富に用意されており、原作の嫌味な雰囲気を感じさせない熱血漢寄りになっている。自軍参加中は「馴れ合うつもりは無い」と言いつつも割と内面の実直さを見抜かれており、カミーユシンからはそれなりに気にかけられている。
最終盤を前に永久離脱するも、フル・フロンタルが敢行したアクシズ落としを食い止める一員に参加している。また、加入するステージでハサウェイが敵を撃墜すると「カミーユ以外にも警戒すべき奴がいたか!」と焦る様子も見せる。冷たい態度を取りつつも何だかんだで自軍を気にかけている。
『D』ほどではないにせよ本作でも地味に扱いが良く、アクシズ落下阻止の際には「大佐の無茶を止めるのは俺の役目」という言葉通り加勢してくれる。クェスと違い自軍復帰フラグはないが、今作でも最後まで生存する。
戦力的には強化人間だけあってバランスが取れておりエースボーナスも優秀で使いやすいのだが、残念ながらDの頃に覚えていた熱血を失いダメージアップ系精神コマンドは闘志止まりなのでメインでの運用は厳しい。サブでの運用が望ましい。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
時獄篇で共闘し、心境も変化したがまたもや敵として登場する。今回は越えるべき壁であるシャアも気にかけているクェスも常時味方側である為どこか浮いてしまっている。ちなみに彼らに対する戦闘台詞もある。地味にBセーブを取得したため、継戦力が上がっている(味方参入すると無くなる)。
条件を満たせば中盤終わり頃に味方参入する。参戦フラグを満たしていなくても最後まで生存し、自軍参戦しなかった場合は最終話にて地球圏を御使いの軍勢から守護すべく奮戦する。
自軍参戦時はやたらと予防線を張ろうとする点を自軍メンバーから弄られるなどコミカルなシーンもある。
戦力的には時獄篇と同様だが、今回は専用ヤクト・ドーガよりも火力の高いα・アジールが条件次第で手に入るのでそちらに乗せ換えた方が良い。闘志を覚えているのでマキシマムブレイクでもそれなりの火力を出せる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
今回シャア(クワトロ)は味方側にいる為、グレミーの部下として登場。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
3作品通してプレイした場合に進める隠しステージのみ敵として登場する。
スーパーロボット大戦IMPACT
『COMPACT2』と立場は同じ。隠しシナリオにしか登場しないくせにクェスと共に堂々とデモに出演している。アクシズ分断前の前哨戦で敢え無く戦死する。特殊技能反骨心はシャアに対するものだろう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
序盤は原作通りの扱い。クェスが死亡した場合、彼が生存していると気力が上がる。歴史が変わってEDではコロニー連合の大統領に就任したシャア(キャスバル)の親衛隊長を務めている。クェスはどうなったか不明。寺田P曰く、これも『D』の伏線らしい。
スーパーロボット大戦D
シャアの部下というポジションは同じだが、最初から最後まで味方。宇宙ルート冒頭で主人公を救助し、ジョッシュの場合はそのまま親友に。そのつながりで同ポジションの鉄也共々、プレイヤーに最後まで一軍として使ってもらえる事も多い。
期待を裏切らず、νガンダム系統の機体でフィン・ファンネルを撃つと「俺だってガンダムに乗れば!」と叫ぶ。クェスとは序盤から合体攻撃でタッグを組める上、終盤ではいい仲に。途中で幸運を覚えるのは、この扱い自体が「幸運」だからだろうか。
場の空気を読まない発言を度々取るクェスに比べて、場の空気をしっかり読んでクェスのフォローにまわる苦労人である。大勢の人間を取り込んだインベーダーが、ブラックゲッターに乗った竜馬によって皆殺しにされる場面では「人の死」を感じ取って戸惑うなど、より強化人間からニュータイプに近づいているような描写すら存在する。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
原作どおりシャアの部下として登場。今回から音声が入った。
ファンネル使用時にカットインが入る。ライライバル関係だった。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
ダミーもあり、結構強い。クェスが死亡した場合、彼が生存していると気力が上がる。なお、クェスは本作(64)で仲間になる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
ネオ・ジオンのシャア派に属し、シャアに付き従いカイルスに合流する。『D』以来に味方に参戦した作品。
スーパーロボット大戦T
音声が新規収録された。
終盤で撃墜された際に死亡したかに見えたが、条件を満たすと第46話後のシークレットシナリオにおいて生存が明らかとなり、自軍に加入する。

関連作品[編集]

バトルロボット烈伝
終盤、シャアの部下としてクェスと共に登場する。乗機のヤクト・ドーガの高い性能もあって手強い。アムロとの戦闘イベントがあるのはもちろんだが、カミーユに対しても「ガンダムはみんな俺の敵だ!」と敵意を露わにする。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

シリーズを通して中の上という能力値で、敵対時における命中率や回避率は脅威。

精神コマンド[編集]

α
偵察集中ひらめき熱血幸運激励
D
努力集中ひらめき熱血幸運激励
第3次Z
集中ひらめき狙撃気合闘志

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次(PS版)
強化人間L5、シールド防御L5、切り払いL5
α
強化人間L7、シールド防御L4、切り払いL5
第2次α
強化人間L7、切り払いL6、シールド防御L6、援護攻撃L2、援護防御L3、気力+ダメージ
第3次Z時獄篇
敵対時
強化人間L8、底力L5、カウンターL5、見切り戦意高揚サイズ差補正無視L2、マルチターゲット
サイズ差補正無視とマルチターゲットを所持し、ダメージ減少をカバーしている。
味方時
強化人間L8、底力L5、カウンターL5、見切り戦意高揚
第3次Z天獄篇
敵対時
強化人間L8、サイズ差補正無視L2、底力L5、カウンターL5、見切り戦意高揚Bセーブマルチターゲット
味方時
強化人間L8、底力L5、カウンターL5、見切り反骨心
IMPACT
強化人間L8、反骨心防御L8
切り払いL5、シールド防御L5、強化人間
64
強化人間L7、切り払いL6、シールド防御L5
R
強化人間L7、防御L4、援護攻撃L1
D
強化人間シールド防御斬り払い撃ち落とし

エースボーナス[編集]

気力130以上で、自軍フェイズ開始時に「直感」が掛かる。
第3次Z時獄篇』。これにより気力を上げさえすれば毎ターン、必ず攻撃を当て確実に一度は避けることができる。

パイロットBGM[編集]

「MAIN TITLE」

人間関係[編集]

ネオ・ジオン[編集]

シャア・アズナブル
上司。内心反発している。シャアに対する嫉妬、同じニュータイプ(強化人間だが)としての自負、そしてそこからくる焦りがギュネイ自身の最期を決定づけた。
原作では永遠に叶わないままであったが、『第3次Z天獄篇』では一介のスペースノイドの立場から彼を非難した。詳細はスパロボシリーズの名台詞を参照。
クェス・パラヤ
同僚。気になる存在。しかしアピール方法が上司の陰口と「俺は凄いんだ」ばかりという、ようは口先だけの自信過剰である為に、好かれるはずもない。
スパロボでもおおむね同様だが、『D』では割と関係が改善されているほか、『第3次Z時獄篇』ではアピールの方法が「シャアより強くなる」という明確な目標に変わっている。
『第3次Z天獄篇』では迷走しているところを彼女に叱責された。
ナナイ・ミゲル
上司。彼女が所長を務めるニュータイプ研究所で調整を受けて強化人間となった。このこともあってか、反発の多いギュネイも彼女の命令には忠実だった。ただし、シャアに抜擢され愛人までやっていることに対しては、内心軽蔑しているような節が見られた。

ロンド・ベル[編集]

アムロ・レイ
彼に対抗心を燃やすが、最終的には彼に撃墜されて戦死する。
ケーラ・スゥ
彼女を人質にアムロを脅してνガンダムの奪取を目論むが…。

その他[編集]

ハサウェイ・ノア
自身と同じくクェスに惹かれている存在。原作では全く絡みがないが、『第3次Z時獄篇』では、一時的に加入するシナリオで彼が敵を撃墜すると、カミーユ以外の警戒すべき存在と認識する事になる。後の彼の未来を示す伏線であるかは不明だったが、Zシリーズではその展開には至らなかった。

他作品との人間関係[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

カミーユ・ビダン
D』では、アムロやシャア同様に彼がニュータイプであるが故なのか、序盤に彼に突っかかったりもした。時獄篇ではシャア同様に超えるべき相手として、より明確に対抗意識を燃やす。ただ一時的に自軍に参加した際はカミーユからはそれなりに頼りにされていた。
バトルロボット烈伝』では、彼と戦闘させると「ガンダムは皆俺の敵だ!」「目障りなんだよ、ガンダム!」と罵る。
ベルトーチカ・イルマ
ギュネイがグラーブ名義で登場した小説『ベルトーチカ・チルドレン』では彼女に討たれて最期を迎えている。
『D』では彼女からアムロがどこに行ったかを問われるも「あいつの居場所なんか気にしていられるか」と突っぱねる。ちなみにアムロはこの時チェーンと外出している為、結果的に空気を読んだ発言になっている(ベルトーチカにバレることを恐れた周囲が必死でアムロの外出を隠していた為、本当に空気を読んだ可能性も高い)。
ハマーン・カーン
第3次Z時獄篇』および『天獄篇』では上司。強気な彼も鉄の女は怖いらしく、『天獄篇』にてZ-BLUEで共闘することになった際にはその存在感に思い切りビビっており、シャアとは別な意味で恐れている。
グレミー・トト
COMPACT』では上司。
ウッソ・エヴィン
『D』では自分ごとタシロを討つ事を促すマリア女王の言葉に躊躇う彼に対し、マリアごとタシロを討つ事をカミーユと共に彼に促す。
マリーダ・クルス
第3次Z』ではネオ・ジオンでの同僚で、下記のアンジェロとは違いそれなりに良好な戦友関係。『時獄篇』ではクェス同様共に一時的にZ-BLUEに属し、『天獄篇』でも条件を満たせば再びZ-BLUEで共闘する。マリーダが死亡した際は彼女の死にショックを受ける。
フル・フロンタル
『第3次Z』ではネオ・ジオンでの上司だが、彼に対しては不信感を抱いており、『天獄篇』でサイデリアルに降った彼の手段によりその不信を強めていく。
アンジェロ・ザウパー
『時獄篇』ではネオ・ジオンでの同僚。とはいえお互いに罵り合うなどかなり険悪で相性は最悪といってもいいが、ギュネイ自身は彼を心底から嫌ってはいなかったようで、『天獄篇』にてネオ・ジオンとの最終決戦で彼が撃墜された際には、「生きているなら違う生き方を探してみろ」と発言している。
アンジェロがフロンタルの忠実な飼い犬であるのに対し、ギュネイは主であるシャアをいつか超えてみせるために力を高めようとしている点が違う。

アナザーガンダムシリーズ[編集]

シン・アスカ
時獄篇』で自軍に参加した際は彼からも気にかけられていたり、ギュネイの棘のある言葉を聞いて「素直じゃない」と評していたりとそれなりに信頼されていた。
後に再びギュネイが敵に回った際は「お前とはうまくやっていけると思っていたのに」と惜しんでいた(だがギュネイ自身も悪い気はしていなかったようで「俺もだぜ、シン」と返している)。なお、アクシズ落下阻止の際にギュネイが駆け付けた時は、真っ先にシンが反応し喜んでいる。

スーパー系[編集]

剣鉄也
D』では仲間で、共にジョッシュの親友兼相棒。3人で一緒にいることが多く、実質トリオである。

バンプレストオリジナル[編集]

ライディース・F・ブランシュタイン
』ではライバル関係。
ジョシュア・ラドクリフ
D』の主人公。親友であり相棒。ネオ・ジオンルートでは宇宙を漂流していた彼を救出し、それが縁で親しくなった(シャアにも彼の面倒を見てやって欲しいと頼まれていた…むしろギュネイが面倒見られているような気もするが)。憎まれ口を叩き合いながらも、お互いの事を非常に強く信頼し合い、篤い信頼関係と友情を結ぶ。ギュネイとジョッシュの友情は『D』の大きな見所の一つである。
前述通り、原作でのギュネイはニュータイプとしての自負に加えて嫉妬・焦り・苛立ちといった負の感情を短期間でため込んでしまった故の末路であるため、友人がいて適度にストレスを発散出来れば、『D』のようなきれいなギュネイとなる可能性も…というわけである。
ちなみに、彼とのシャワーシーンも存在。残念(?)ながらその場面の一枚絵やカットインは無い。
グラキエース
『D』における親友にして相棒のジョッシュの恋人?
ギュネイは鉄也と違って特に因縁は無いため、彼女を憎んだり嫉妬するような素振りを見せる事は無いが、最終話のIMではジョッシュと彼女がいい雰囲気になっていたところを邪魔してしまっている。
クリアーナ・リムスカヤ
『D』の主人公。ルートによっては彼女の事も親身に面倒を見てくれる。

名台詞[編集]

「えぇい、ファンネル達……一番熱量の高いミサイルだ……当たれぇぇっ!」
ブライトアクシズに向けて放った核ミサイル群をファンネルで全て撃墜した際のセリフ。ギュネイ最大の功績。
「間違いない。あれはガンダムだ。あれをやりゃあ、大佐だろうが総帥だろうが…!」
アムロνガンダムを捕捉した時のセリフ。この時は功を焦っていたらしく、νガンダムを後ろから攻撃していた味方のギラ・ドーガまで撃墜している。
(どうした…早くしろ…νガンダムを手に入れたら、それこそ俺はいつだってシャアを倒して、クェスを手に入れられる男になれる)
ケーラを人質にアムロを脅迫して。汗びっしょり。
「ふざけるな、放熱板が何だってんだ! アムロは殺せっ!」
ギュネイ最大のミス。ファンネルといえばキュベレイエルメスのビットのような名前通りの漏斗型か、サザビーヤクト・ドーガの筒型というのが当然であるため、ギュネイがファンネルだと認識できないのも仕方がない面はある。
とはいえ、フィンファンネルによって曳航用のワイヤーが切断された後、自分が攻撃されてようやく「それがファンネルである」ということに気が付くほど冷静さを欠いているのだが。…ちなみに、実はアムロ側も6枚中2枚しか外していなかったりする。
「ファンネルが何であんなにもつんだ!?」
νガンダムのフィンファンネルに翻弄されながら。フィンファンネルはジェネレーターが内蔵されているため稼働時間が長い。
「けど大佐は、総帥らしく見せるためにナナイなんかとも付きあってさぁ。ロリコンじゃないかって、ニュータイプ研究所の連中はみんな知ってるんだぜ?」
クェスが惚れ込んでいるシャアを貶して彼女の気を引こうとした時のセリフ。自分の上司をロリコン呼ばわりするあたり相当嫉妬しているようである。
なお、ギュネイは「ニュータイプ研究所の連中は~」と言っているが、レズンもシャアをロリコン扱いしている上に、ノベライズ版ではそれがネオ・ジオン一般将兵共通の認識であるらしい……。
ララァをアムロに取られたから、大佐はこの戦争を始めたんだぞ!」
クェスに平手打ちをされてもなおシャアを貶す。まあ嘘とは言えないのだが、こんな嫉妬丸出しのアプローチでクェスの気が引けるわけもなく、「そんな事を言うから若い男は嫌いなんだ!」と言われて逃げられる。
「何、あっ…!」
最期の台詞。νがバズーカとシールドを投げ捨てたのに気を取られて反応が遅れ、回り込まれたことに気が付いて小さく呟くも既に手遅れであった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

「ただの放熱板じゃないぜ!」
フィン・ファンネル使用時の特殊戦闘台詞。原作の台詞をアレンジしたものである。
「くっ…! カミーユ以外にもマークすべき奴がいたか…!」
第3次Z時獄篇』第41話「二つの赤い彗星」にて、インベーダー達を倒してクェスから注目されるハサウェイを見て。彼のクェスへの想いの本気が伺える。
シャア「ギュネイ、クェス…。お前達は連絡要員としてZ-BLUEに残れ」
ギュネイ「待ってください、大佐!」
シャア「これは命令だ。クェスを任せるぞ、ギュネイ」
ギュネイ「わかりました」
『時獄篇』第41話「二つの赤い彗星」にて、戦闘終了直後のシャアとのやり取り。突然の命令に困惑した顔を浮かべるが、シャアから「クェスを任せる」と言われ、途端にキリッとした顔になり二つ返事で了解する。微笑ましいというか、どこかコントのようなやり取りではある。
(俺…本当にやっていけるのか…)
『時獄篇』第41話「二つの赤い彗星」のDトレーダーにて、Z-BLUEに所属するロボット達…?と対面して。良くも悪くも個性的(過ぎ)な面々を前に、早くも先行きが不安なギュネイであった。
「これがあのZ-BLUEとはな…」
「地球とコロニーが戦争をしていて、おまけに人類の終焉が迫っているってのに学校がどうのと…」
『時獄篇』第43話a「女神の来日」にて。まあスパロボの自軍ではよくあることだし、『天獄篇』では学校に行くことすら叶わなくなるほど状況が逼迫するが。
「ここで決着をつけるぞ、カミーユ!」
「もう大佐は関係ない! お前という男を超えて、俺は自分の中の迷いと決別する!」
カミーユとの戦闘前会話。ここにきてシャアを超えるためではなく、シャアすら超える素質をもつニュータイプであるカミーユを超えるために強化人間が牙を剥く。
否、そこにはもうニュータイプや強化人間などといった柵は存在しない。あるのは男と男の意地を懸けた戦いである。
「謝るくらいなら、最初からこんなやり方をしなけりゃいいんですよ!」
「当然だ! 総帥の無茶を止めるのは俺の役目だからな!」
『時獄篇』第57話より、アクシズ落下阻止に駆けつけた際の通信。謝るシャアに文句を言いつつも協力する辺り、なんだかんだで彼だけではなくZ-BLUEのことも気にかけてくれている。
クェス「もうやめなよ、ギュネイ!私達と一緒に行こうよ!」
ギュネイ「…俺にはやらなきゃならない事がある!それを果たすまでは、お前の所には行けない!」
クェス「わからずや! 大佐やカミーユを超える事がそんなに大事なの! だったら、私が教えてあげる! あんたじゃ、あの二人には敵わないって!」
ギュネイ「な…」
クェス「覚悟しなさいよ、ギュネイ!」
ギュネイ「くそっ…くそぉぉぉぉ!! 俺は…何をやってるんだ!?」
第3次Z天獄篇』第24話「一筋の光明」にてクェスからの説得を受けた際のやり取り。
ギュネイはギュネイなりに自らの目標を遂げる道を選んでいるのだが、今作では彼が越えようとしているシャアや想いを寄せるクェスがネオ・ジオンを離反し世界のために戦っているのに対し、時獄篇で心境の変化があったにも関わらず未だにシャアとカミーユを倒すことに拘っている。
クェス達のみならずプレイヤーからも「何をやっているんだ」とツッコみたくなる状況の上、すっかりクェスに論破されてしまっている上にわからずや呼ばわりされ「あの二人に敵わない」などボロボロに言われてしまっている。最後の行の台詞を見る限り自分の行動に疑問を持ち始めている。
シャア「ギュネイ! ジオンの名前を捨てろ! そんなものにこだわっていては前には進めん!」
ギュネイ「あんたがそんな事を言うな! スペースノイドがどれだけジオンの名に希望を寄せていたのか、あんたはわかっているのか!?」
シャア「ギュネイ…」
ギュネイ「ジオンが世界を変えてくれる…。この何もない宇宙で生きる人間の生活を変えてくれる…それを信じてきた人の前でもう一度、さっきの言葉を言ってみろ! シャア・アズナブル!」
シャア「………」
『天獄篇』第36話宇宙ルート「宇宙の神」にて撃墜された際のシャアとのやり取り。長く連邦政府に苦しめられてきた宇宙の民にとって「ジオン」の名は変革の象徴であり、それをよりにもよってジオン・ズム・ダイクンの遺児であるシャアがそれを全否定するかの様な物言いに激昂しての発言である。
この「ネオ・ジオン」のパイロットではなく、一人のスペースノイドとしてのギュネイの心からの叫びに、シャアは何も言い返す事が出来なかった…。
「無能のファンネルすら避けられないような奴が偉そうに言ってくれる」
上記の後、フラグ成立時に味方として再登場し、自身を無能呼ばわりしたアンジェロに対しての痛烈な意趣返し。
同時にフロンタル率いるネオ・ジオンに対して反旗を翻したため、この後に重要人物が次々と離反する切っ掛けにもつながった。
アムロは後に、シャアやカミーユを意識して追い越そうとする姿勢こそがギュネイの未来を作ったと述べている(詳細はアムロに記載有)。
ギュネイ(結局、大佐にこだわってるじゃないか)
シン(ちゃんと本人に言えよ)
ギュネイ(そんなこと出来るかよ!)
『天獄篇』第38話宇宙ルート「ハマーンのためらい」にて、バルビエル撃破後「あの男が戻るまで、ここで待たせてもらう」と自軍に同行する意志を示したハマーンに対して。
内心小さくむくれるが、シャアには「直接言う」ことが出来たのに彼女には出来なかったり、直後にハマーンから「何か言いたい事があるか?」と言われて慌てて取り繕うなど、さしものギュネイも鉄の女はおっかない模様。
「嘘…だろ…マリーダ…」
『天獄篇』第44話「宿命を越えて」にて、マリーダが暴走したリディに撃たれて死亡した際の台詞。戦友である彼女の最期にはギュネイもショックを隠せなかった。
「俺は一緒に戦ってくれるクェスがいい」
『天獄篇』第61話「黒い太陽」にて、待っててくれる人がいるバナージがうらやましいかとクェスに聞かれて、ド直球に返答。これにはハサウェイもあわてて話に入ってくる。

携帯機シリーズ[編集]

「チッ、貴様までアムロアムロかよ」
D』での序盤、ジョッシュアムロに悩みを相談した後に言った台詞。
恐るべき嫉妬ぶりであるが、この会話以前のギュネイは、味方であるにも関わらずアムロに対抗心を燃やしており、クェスもアムロを気に入っていたため、「貴様まで」という気持ちはわからなくもない。なお、ジョッシュの「友人」発言はこの直後である。
「……俺は、ニュータイプだ」
「友人」発言の直後、原作以上に混沌とした状況の中で「俺は他の奴らと違ってニュータイプなんだ」という自負が「俺はニュータイプなのに、他の奴と違うはずなのに」と揺らぎつつあることを見透かされて。
こう強がるギュネイに対して、ジョッシュは一言告げる。「ニュータイプも人ってことだろ?」と。
「そうか。…生きて戻ってこいよ。貴様に死なれちゃ、寝覚めが悪いんでな」
『D』「強襲!ギシン星間帝国ベガ艦隊」ルート分岐選択場面より。インベーダー討伐ルートを選んだ場合にこの台詞。ネオ・ジオンルートの場合はジョッシュも「お前に貰った命だ、無駄にはしない」と応える。しかも、この会話をしている場所がシャワー室という辺りが、意味深な物を感じてしまう。カイラスギリー攻略ルートではこの台詞はないが、ジョッシュの提案で食事に出かけることになる。仲良し。
「あのバカ…何をモタモタしてる。くそ、なんで奴の存在が、感じられない。どうした、ジョシュア…」
『D』「響きあう魂の行方」より。グラキエースとの戦いで戻ってこないジョッシュを一同が心配する中呟いた一言。最早ツンデレの域に入っている。
「フン、なら貴様たちも、俺と一緒か」
「しかたないだろ。大佐がいく気だから、クェスもいくといってるんだ」
『D』「暗黒の皇帝」ルート分岐選択場面より。自身もジョッシュや鉄也と同じ任地に向かう事を告げる。口では「シャアやクェスも同じ任地に行くから」と言ってはいるが、本心はそれだけでなく、親友であるジョッシュや鉄也と共に行ける事がわかって嬉しい様子にも見える。
「…大佐は、終わったらまた戦争やるかもしれないぜ」
『D』最終話「デザイア」より。クェスの「大佐には生き残って貰わないと困る」という発言に対して。何処となくそうなる事を恐れているようにも見える。仮にシャアが再び地球潰しを行えば、ジョッシュや鉄也と敵対するのは確実と思われるので不安がるのも無理はない。
「ああ…クェスを守って、俺が大佐やアムロたち以上に戦えるってことを、クェスに見せてやる」
同上。クェスに頼りにされて。あらゆる意味でギュネイの苦労が報われた瞬間だろう。
ここではシャアやアムロへの対抗心や上記の「大佐はまた戦争を始めるかもしれない」とシャアへの多少の不信も見せてはいるが、原作や『D』の序盤と違い、どこかふっきれたようにも見える。
原作ではなしえなかったジョッシュ達仲間との出会いと交流が、ギュネイをここまで成長させたのだろう。そういった意味で、この場面はギュネイが報われた瞬間であると同時に、彼の成長がはっきりとわかる場面ともいえる。
「意識を散らすなよ、お前たち。このプレッシャー…奴らがくるぞ」
同上。後半マップ開始時にルイーナの気配を察知してジョッシュと鉄也に注意を促す……のだが、この時二人は互いに「死に急ぐな」と言い合っていたため、そんな空気に耐え切れなくなって口を出したように見えなくもない。ひとまずこの場面を以て三人揃って会話するのは最後となる。

単独作品[編集]

「よくも、クェスを!!」
64』にて先にクェスを倒して、彼が生存している場合の台詞。『R』でも同じ台詞がある。
実は原作でのギュネイがアムロに撃墜された際のクェスの台詞のオマージュとなっている。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「わからないぜ。ここまで状況が混乱したら、個人的な感情ってのは大きな動機になる。俺の場合は、もっと大局を見据えての行動だったがな」
第3次Z天獄篇』第38話「ハマーンのためらい」にて。前半はともかく後半は色々と突っ込みどころがある。事実ルナマリアからは「そういうセコさが大佐を越えられない」と思われていた。

搭乗機体[編集]

ヤクト・ドーガ (ギュネイ専用)
ホビー・ハイザック
SRW未登場。『』でシャアを迎えに来るシーンでは、代わりにギラ・ドーガに搭乗している。

SRWでの搭乗機体[編集]

ギャプラン
第3次
ギラ・ドーガ
α・アジール
第2次α

余談[編集]

資料リンク[編集]