2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

グレミー・トト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
グレミー・トト
外国語表記 Glemy Toto
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 柏倉つとむ(現・カシワクラツトム)
種族 地球人
性別
生年月日 U.C.0070年9月12日
年齢 17歳 ⇒ 18歳
身長 185 cm
体重 65 kg
所属 ネオ・ジオングレミー軍
役職 新兵 ⇒ 艦司令官 ⇒ グレミー軍総司令
特技 ダーツ
趣味 チェス
好きな食べ物 日本料理
デザイン 北爪宏幸
テンプレートを表示

グレミー・トトは『機動戦士ガンダムΖΖ』の登場人物。SRWにおけるパイロットの一人。

概要[編集]

ネオ・ジオン軍の若き士官。

名門トト家の出身で、世間知らずのお坊ちゃんな所がある。

マシュマー・セロの部下としてガザCに乗って初陣を飾る際、敵であるルー・ルカと出会い一目惚れするが、彼女がアーガマに帰還する為に利用されてしまう。

その後上官だったマシュマー、キャラ・スーンが相次いで左遷したことにより巡洋艦ミンドラの指揮を任され、専用カラーのバウに乗り込み、度々ガンダム・チームと交戦する。しかし、その甘い考えはハマーン・カーンのお目付け役として派遣された副官オウギュスト・ギダンには快くなく、ルー自身を盾代わりとしたビーチャ・オーレグの愚劣な作戦により乗機のバウを失い、さらにオウギュストにはあっさり死亡したと思われてしまった。一人サハラの砂漠に取り残されたグレミーは全てを失い、唸り声を上げるしかなかった。

その後アフリカのゲリラ組織「青の部隊」との邂逅により、その青の部隊リーダーであるディドー・カルトハから戦士と認められて、ディドーの死を慕った。この後のグレミーは幾分軍人としての才覚が目覚める。

後に自らをジオンの正統の後継者と称し、ハマーンに反旗を翻す。この時に彼の大きな戦力となったのが、エルピー・プルプルツーを始めとした、ニュータイプ部隊であった。しかし、手塩にかけて育てていたプルは波長のあったジュドー・アーシタの元に行ってしまい、切り札のプルツーも離反してしまう。最期はクィン・マンサのコクピットを出たところを想い人のルーに狙撃されて命を落とした。

なおハマーンがグレミーを艦の司令官に任命したのは、大きなカリスマを欲していたネオ・ジオンにおいて彼の素性背景が重要であったが故のことであり、更にはグレミーの性格を把握した上での采配だった。ハマーンはグレミーに多大な期待をしていたのだが、その一方で警戒心を抱いてもおり、グレミーが最終的に獅子身中の虫となったのはハマーンにとっては読み通りではあった。とはいうものの、ネオ・ジオンを内から滅ぼす結果を導くようなタイミングでの反乱までは想定しておらず、グレミーが世の時勢を読みきれない男であったのは残念である。もう少し強かな面があれば、ハマーンと対等の立場としてネオ・ジオンを率いる立場を得られたかもしれない。

小説版ではニュータイプと明言されているが、アニメ版では不明。ただしジュドーがハイパー化まがいの現象を引き起こした際は不快感を露わにしていたため、素養はそれなりにあった様子。

登場作品と役柄[編集]

原作『ΖΖ』の敵キャラクターの中ではハマーンに次ぐ重要人物といえるのだが、スパロボにおいては『ΖΖ』の原作再現があまりされていないので、必然的に彼に関わるエピソード(リィナとの関係や青の部隊、終盤の反乱等)も削られ気味であり、総じて原作の扱いの割に影が薄い。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
DC所属。ルーも登場せずハマーンを裏切るわけでもないので影は薄いが、宇宙での交戦機会は多いので印象には残る方。リメイクの第2次Gでは当初マシュマーの元で新兵扱いで登場する。
第3次スーパーロボット大戦
DC所属。ルー・ルカとの出会いがイベントとして再現されている。『電視大百科』によると『第3次』時点でグレミーは死亡しているらしい(原作では試作機であるオレンジ色のバウが量産されているのはそのため)。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ギレンの腹心的な立場として登場。ルーに惚れ込んでいるのも同じ。
シナリオ「ジオンの幻像」にてルーで彼のクィン・マンサを撃墜すると原作再現のDVEが発生。死亡する。また、キシリアがギレンを撃墜し、ロンド・ベルと停戦協定を結ぶ際に生存していると、これを不服としていずこかへ去っていく。
αシリーズでの『ΖΖ』の扱いは『第2次α』がもっとも大きいのだが、彼はここで死亡したのが正史のようで以降のシリーズには登場しない。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
バウクィン・マンサに乗る。ハマーンの死後も生き残り、ポセイダル軍と手を結んでジオンを再興しようとする。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
シナリオ「アクシズの使者」にて、地球に降下してくる。ニュータイプ技能を持つ。撤退させるのがガトー説得条件の一つだが、そうするとサイコガンダムが手に入らなくなる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
第1部で撤退しているデータを引き継ぐとシナリオ「夢を忘れた子供たち」の敵増援として登場する。乗機はハンマ・ハンマ
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第1部で撤退しているデータを引き継ぐとシナリオ「ジオンの残光」に登場する。乗機はクィン・マンサ。彼の登場がガトー説得の条件の1つとなっている。
スーパーロボット大戦IMPACT
序盤から常に「選ばれし者」としての余裕を漂わせていたが、フィフス・ルナでの最終決戦ではジュドーやハマーンを論破する事が出来ず、焦燥感を露わにする。また、ルーとの関係もオミットされており、互いに単なる敵同士として対峙する事となる。乗機バウやクィン・マンサはシステムの関係でやたら硬くなった。グレミー死亡イベントが発生した際にプルツーがいると彼女の台詞が発生する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
原作同様に反逆を企んでいたのだが、ハマーンには見透かされており、なんと行動を起こす前に捨て駒にされてジャブローの戦いで散る事に。
おまけに本人は死の間際、クワトロに指摘されるまでそれに気付かなかったという小物っぷりまで晒してしまった。死後、ネオジオンの戦力不足に関してハマーンに「こんなことならグレミーを泳がせておけばよかった」とまで言われてしまう。ジュドーもルーも登場する前のたった1話で死亡退場してしまうため、シナリオ的にはおそらく歴代最悪の扱いであろう。
尤も、乗機は高性能機のクィン・マンサで敵としてはララァエルメス以来のファンネル搭載機の上に強力なマップ兵器持ち、しかもプルプルツーを仲間にする為にこの二人を放置した上で後ろに控えている彼を倒さなくてはならないので、結構手強い。
スーパーロボット大戦R
出てきてすぐ出番が終わった『A』とは異なり、今回は早くからラカンと共に登場し、ネオ・ジオン崩壊まで生き延びる。しかししょっちゅう戦う事になるラカンとは異なり、戦う機会は少ない。バウやクィン・マンサに乗る。性格が中ボスなので気力が上がりやすい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
基本的な立ち位置は原作と同じで、ハマーンを裏切るイベントがある。また、ルートによってはルーでとどめを刺すと、特殊なセリフイベントがある。また、プレイヤー側がプルツーを殺めてしまうと激昂して精神コマンドを使用してくる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
アクシズを落とそうとするが、カイルスに阻止される。
スーパーロボット大戦X-Ω
使用可能なユニット化は未だ無く、ユニットシナリオ等でのNPC扱い。2017年10月の進撃イベント「遙かなる戦い、開幕」ではデビル・フィフスルナ落としを企み、ハマーンに叛乱する。どうやってか、壊滅済らしいDr.ヘル一派からあしゅら男爵まで自軍に引き入れている。
スーパーロボット大戦V
故人の為、名前のみ登場。
スーパーロボット大戦X
ソーシャルゲームを除くと、かなり久しぶりの登場。音声が新録された。後半宇宙ルートのみ登場、カットインも用意された。
中断メッセージでは、かつての上官であるマシュマーと新兵時代を彷彿させるようなやり取りが行われている。
普通にプレイするとプルとプルツーをジュドーに託して逝くが、条件を満たすとクィン・マンサと共に自軍入りする。グレミーが自軍入りするのはシリーズ初である。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
ハマーン及びシャアルートの最終決戦にて、ハマーンがマップに存在している状態で21ターン目を迎えると、エルピー・プルと一緒に味方側の増援として登場。攻略本ではNPCと書かれているが実際は操作可能で、その後も離脱しない。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

α
根性加速集中かく乱
リアルロボット戦線
鉄壁ひらめき集中努力熱血捨て身
X
集中努力先見鉄壁かく乱勇気

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α
ニュータイプL5、シールド防御L3、切り払いL4
IMPACT
ニュータイプL8、底力L9、防御L5
APORTABLE
ニュータイプL7、切り払いL5
R
ニュータイプL7、防御L4、援護攻撃L1、指揮L1
64
ニュータイプL8、切り払いL6、シールド防御L5
X
味方時
ニュータイプL7、底力L4、見切りL2、気力+(ATK)援護攻撃L2
敵対時
ニュータイプL7、底力L4、見切りL2、気力+(ATK)援護攻撃L2、サイズ差補正無視L2

エースボーナス[編集]

出撃時、ExC+2、精神コマンド「幸運」がかかる
X』にて味方時のもの。
敵対する軍勢のフェイズ時に最終命中率+20%
『X』にて敵対時のもの。

人間関係[編集]

ネオ・ジオン[編集]

プルツー
エルピー・プルクローン。グレミーの手駒だったが、最後はプルの魂に導かれてジュドーの元に走る。互いに主従以上の間柄であるように見受けられるが、ジュドーからはその気持ちを利用しているだけの様に指摘されてしまう。実際、戦う事に苦痛を感じ始めた彼女にパイロットであることを強要し続けたので反論しようがないが。
プルクローン
プルツーの他に最低10人以上作っていたらしい。マスターであるグレミーを失った影響で、1人を除いて悉く撃墜されていった。
上記のプルクローンの1人は第1次ネオ・ジオン抗争後に消息不明となっていたが生き延び、後に新生ネオ・ジオン(袖付き)にて復帰。
オウギュスト・ギダン
ハマーンの命令で地上にてグレミーの副官と言う形で彼の監視役となる。グレミーの切り札を見せられて彼の下に降る。
エルピー・プル
ハマーンからプルの世話を任されていたが、プルはジュドーの下へと走ってしまった。
マシュマー・セロ
初陣の際の上司。マシュマーがエンドラを去る際はマシュマーに付いていこうとする等、慕っていたようであるが後に敵対関係となり、「グレミーは反逆者だ」と断言される。Xでは、かつてマシュマーが強化された事に複雑な思いを抱いており、元に戻った事を内心では喜んでいたらしいが、実際に邂逅した際に彼から呼びかけられた時には、満更でもなさそうな様子を見せつつも拒絶している。
ハマーン・カーン
彼女に引き立てられる事になるが、ハマーンの方からは疑念を持たれており、表向き忠誠を誓いながらもストーリー終盤に反旗を翻した。
キャラ・スーン
序盤の上司であるが、苦手としている。
ラカン・ダカラン
同胞、後に部下。内心では「青二才」と見下されていたが、ハマーンからの離反時には「地球の支配権をやる」と甘言に乗せ味方に引き込む。
ゴットン・ゴー
当初は上司であったが、その後は部下。しかし彼には反発されていた。

エゥーゴ[編集]

ルー・ルカ
エゥーゴの志願兵。一目惚れしてしまった相手。
彼女に対してはストーカー紛いの言動を繰り返して完全に引かれていたが、最後は涙ながらにグレミーを討つ事になる。
ジュドー・アーシタ
彼とは互いに新兵時代より幾度と無く交戦。終盤における彼とグレミーとの志のやり取りを演じた。グレミーにとってはルーを巡る恋敵とも取れる存在でもある上、戦力の要だったプルの離反に繋がるなど数奇な縁で結ばれている。
リィナ・アーシタ
図らずも捕虜としてしまった彼女にレディとしての教育を施すが、彼女からは反発されていた。
なぜリィナに熱心だったのかは詳しく語られていないが、彼女の死(と当時は思われていた)に衝撃を受けるなど、その思い入れはかなりのものだった様子。
ビーチャ・オーレグモンド・アガケ
一時的に部下であった時期があるが、彼らにルーがジュドーに気があるんじゃないかと言われて動揺した事もあった。その後もビーチャに一杯食わされて乗機のバウを失っている。

その他[編集]

ディドー・カルトハ
SRW未登場。フランク(白人)からのアフリカ解放を目指す青の部隊のリーダー。砂漠で立ち往生したグレミーを拾い、当初はスパイとして利用したが、その資質を認める事になり、ガンダム・チームとの戦いに敗れて死亡する際に後事を託した。彼との一件がグレミーの心境に大きな変化を与える事になる。
エロ・メロエ
SRW未登場。青の部隊の一員。共にディドー・カルトハの志を受け継いだ同志となるが、ガンダム・チームとの戦いで戦死した。
ジュネ・コク
SRW未登場。アフリカのガルダーヤの街に住む芸術家。ルーに言い寄る彼を激しく敵視し、当初は相変わらず子供じみた対応を取ってジュネからもなめられていたが、ディドーの一件以後は軽くあしらった。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ギレン・ザビ
彼のクローンもしくは試験管ベビーという説があるが、真相は不明。
ギレンがネオ・ジオンの総帥として生存している『α』においては彼の腹心としてハマーンと対立する。
デギン・ソド・ザビ
彼の隠し子という説がある。
ドズル・ザビ
第3次』では彼の指揮下に入っている。
コンスコン
第3次ではドズルの配下として共闘するが、互いに内心では見下し合っている。
アナベル・ガトー
『α』ではソロモンへの核攻撃を終えた彼が戦域を離脱するまでの間、殿としてリガ・ミリティアを引き付ける役目を担う。
クワトロ・バジーナ
COMPACT』では彼を「ジオンの面汚し」と批難するが、逆に『IMPACT』では「大義」という言葉にしがみ付く自己陶酔ぶりを彼から批難され、激怒する。『A』ではハマーンに捨て駒にされている事を彼から指摘され、愕然としたまま命を落とす事に。
シャア・アズナブル
X』では「逆シャア」時代の彼が私情に溺れる様を見て「ハマーン以下の情けない男」と断じる。
クェス・パラヤ
『COMPACT』では部下。いわゆる逆シャア版のプル。
ギュネイ・ガス
『COMPACT』では部下。
ジェリド・メサ
『IMPACT』では部下。任務よりも己の私怨を優先させる彼には手を焼かされていた様子。
キア・ムベッキ
『X』では一軍を率いる者同士で共闘。その影響か、ジット団にはグレミーの率いていたMS部隊が加わっている。
マニィ・アンバサダバララ・ペオール
『X』では、プルツーの心を縛る自身の姿を彼女達から反発され、レコンギスタ軍から離反される。……のだが、条件を満たすと自身もレコンギスタ軍から離反するのがなんとも……

リアル系[編集]

オルドナ・ポセイダル
COMPACT』では支援を受ける。

名(迷)台詞[編集]

「まったく、なんでマシュマー様はこうも女に甘いんだ」
ルーを連れ帰ろうとしたマシュマーに内心不満を持った際の台詞。
この辺りはまだ新兵の若者といった感じであるが、この直後に初めて顔を見たルーに一目惚れしてしまい、マシュマーどころではない行動をしていく事になるが。
「ああ…ママ…これが恋というものなのでしょうか」
このキャラのマザコンぶりとルーに対する気持ちがよく分かる台詞。
「あの時のお礼をさせて貰う。ママからけじめはちゃんとつけろと言われているんでね」
12話でルーと再会した際の台詞。堂々と言い放っているが、対するルーはマザコンと完全にドン引きされていた。
「あの女め。いちいち私の弱点を突く!」
グレミーの好意を逆に利用したルーへの怒り。一応、自覚はしていたようであるが…
「なんと下品な… やはりパイロットに品性を求めてはいけないのか」
ジュドーを拘束した事に反発してグレミーにアッカンベーをしたプルの態度を見ての台詞。
もっともジュドーを拘束したのも、ジュドーとルーがいい関係になってるんじゃないか?と邪知して嫉妬した個人的な感情もあるので、グレミーも人の事は言えないが。
「ヴィーナスのなすがままに… さすれば彼女はバルスを連れてくるであろう…」
28話より。ハマーンからは疑いを持たれつつも表向きにはハマーンに忠誠を誓う態度を見せた台詞。オウギュストには「愛する者の為に死ぬなど、愚か者のすること」と陰口を叩かれるのだが。
「私は…青春を…青春を捨てると言いながら…まだ私は…!」
同上。ルーを囮にするというビーチャの策にマンマとひっかかって。
「私は今まで一体何をやってきたのだ… リィナを失い、プルまで造反する…! 血筋のおかげで今の身分までのし上がってきたのではないはずだ!」
第28話のリィナ死亡(?)後。直前のジュドーとのやりとりで、リィナがハマーンに撃たれたことを聞かされている。
以降グレミーはハマーンへの翻意をより明確に持つようになるなど、この事件は敵味方陣営を問わず大きな影響を与えることになった。
「私はネオ・ジオンぐらい支配できる男だ、私と一緒になれば…」
ルーに言い寄っていたジュネを殴打し、ルーに自分についてくるように口説くが、ルーには冷たく扱われてしまう。
「人を愛する事は一つの名誉だ。侮辱する事は許さん!」
ルーに振られた事をジュネに嘲笑された際、この台詞とともに殴打する。
「偉大さとは、偉大であろうとするその行為そのものだ」
上の台詞の後、自分を偉大だと思うのは大きな罪だぞと言うジュネに対して悠然と言い放った台詞。前話でのディドー・カルトハの死とその志の継承もあってか、間抜けな言動ばかりが目立ったグレミーも一軍の将としての貫禄がつき始める。
「どうせ狙うのなら大物の大将になることだな」
ガンダムを討つべく血気にはやって出撃したガデブ・ヤシンをお山の大将と侮蔑した事に続く発言。
「私が今までニュータイプ部隊を温存させてきたのはアーガマに代表されるエゥーゴや地球連邦が真の敵と思えなかったからだ」
オウギュストにプルツーを見せた際の台詞。ここからハマーン打倒の野心が明確に表れる。
「運命の女神はこのグレミーに必ず微笑んでくれる。目覚めよ、プルツー、目覚めるのだ!」
プルツーを目覚めさせた時の台詞。
「ハマーン・カーン、世界を治めようなどという野心は、身を滅ぼす元だよ」
46話より。モウサをハマーン率いるアクシズ軍にぶつける作戦を指示した際の台詞。しかし、それはグレミー自身にも言える事で、同話にてハマーンに先んじて身を滅ぼしてしまうという皮肉が待ち受けていた。
「お前と私の力でガンダムを宇宙の暗闇に落としてくれる!」
プルツーのクィン・マンサに同乗した際の台詞。
「私には戦わねばならぬ大義がある。お前こそ正義など見えないのに何故戦う?」
アクシズ内部でジュドーと対峙した際の台詞。このグレミーの問いかけにジュドーは動揺を見せるが…
「お前はただの兵士だから戦っているのだ。お前がガンダムに乗っているのは状況にすぎん。しかし私は違う。自ら過酷な生き方を選び、後悔はしていない。お前には内から沸き上がる衝動はあるまい!そんな屑は、私の前から去れ!!」
上の台詞に動揺するジュドーに対し、自らが語った信念。しかし、多くの人間の意志を背負っている事に気付いたジュドーにより、血に縛られて小さい事しか考えていないと否定される。
「き、君か…ルー・ルカ…君に…やられる…?」
プルツーに逃げられ、追いかけようとした時にルーが乗るΖガンダムの狙撃を受けた時の辞世の句。『X』でもルーによって撃墜された場合の特殊台詞として採用された。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「フッ…人形風情が…」
IMPACT』第3部銀河決戦篇第24話「宇宙の道標」より。ジュドーを擁護するプルからの反論をにべもなく一蹴する。
「…失望したぞ…ニュー…タイプ…お前は…」
同上。『IMPACT』に於ける最期。血筋に縛られた己の狭量さをジュドーから徹底的に批難され、反論する間も無く散る。
「いずれ地球圏の人間は、その大半が死ぬ。ただ、それが早いか遅いかだけだ」
αDC)』第24話宇宙ルート「ソロモンの悪夢」に於けるジュドーとの戦闘前会話より。ソロモンの惨状を目の当たりにして激昂するジュドーからの糾弾を、無感情に斬り捨てる。
「まだ、わからないのか。堕落した人民のために戦って何になる!」
アムロ「だからと言って、優良な人間だけを救う方法などない。それはお前達のエゴだよ!」
αDC)』第56話「ジオンの幻像」に於けるアムロとの戦闘前会話より。
この時のアムロはグレミーの選民思想をバッサリ否定したものの、のちの戦いで皮肉にもアムロを含むプレイヤー部隊がグレミーの言う「堕落した人民」の暗躍で追いつめられる事に。
クワトロ「はめられたな」
グレミー「なに…!?」
クワトロ「お前はハマーンに目をつけられていた」
グレミー「バカな、ではハマーンは私を始末するために…!?」
クワトロ「…そういう女だ」
グレミー「貴様…貴様は…!」
A』第28話「それぞれの戦う意味/ネオ・ジオン動乱」における撃墜後の会話より。反乱を起こす前にハマーンに見透かされ、体よく始末するために最前線送りにされたことに気付かないまま撃墜される。その直後にクワトロにそれを知らされ驚愕と失意のまま果てて行った。『A』での彼の出番はこの1話限りで、ジュドーやルーとは関わることなくあっけなく退場、そのこともあって戦闘前会話も存在しないというスパロボ史上最悪ともいえる扱いを受けてしまっていた。この二人の会話でアムロが薄々察していたクワトロの正体に確信を抱くため、グレミーの功績はそれくらいということになる。
「私の…完敗だ…。プルツーに去られ、戦いにも負けた男に世界を統べる資格などないのを思い知らされた…」
「ならば、一人の人間として、みっともなく、この生命に執着する…」
X』レコンギスタ軍ルート第43話「それぞれの決着」にて、加入フラグを建てている状態での撃破時。シャアにトドメをさされかけたところをプルやマシュマーの説得により止められ、投降する。スパロボシリーズではやや不遇気味だったグレミーが初めて本当の意味で救われた瞬間である。
(死んだと思った私がこうやって生きている…)
(それに意味があるのだとしたら、ザビ家の血に縛られるより、私は私らしく生きてみよう…)
『X』同話エンドデモより。

搭乗機体[編集]

ガザC
新兵時代に搭乗していた。
バウ
士官任命後に試作一号機を与えられる。最後はビーチャの百式によって破壊された。
エンドラ
同型艦のサンドラとミンドラの指揮を任された。
ドライセン
「青の部隊」との共闘で使用。
クィン・マンサ
実際はプルツーサイコミュで操っていたため、彼は操縦桿を握っていただけ。よって彼には扱えないのだが、ゲームでは専用機としてよく乗る。

SRWでの搭乗機体[編集]

ドーベン・ウルフ
X

資料リンク[編集]