隠れ身

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

1ターンの間、使用したユニットは敵フェイズにて敵軍の標的対象から完全に外れる精神コマンド。文字通り敵の目から隠れつつ、攻撃はしっかりできる。その際、敵側は反撃不能となる。

集中」等に比べて多くの精神ポイントを消費するため、「前に出なければならない場面」であっても気軽には使えない。覚えるキャラも少ない。厳密には、攻撃回避というより「障害物を作る」という目的で使うコマンドである。増援位置に予め待機させて安全に敵の出現位置をずらしたり、敵の進路に配置し移動先を誘導してMAP兵器の範囲に誘い込んだりといった利用法がある(集中を使った囮の場合、敵が移動せず狙ってくる事があるので「移動先の誘導」はし辛い)。情報や戦略性に通じた中上級者向けのコマンドといえる。とはいえやはり使い道が限定的なのが祟ってか『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』を最後に登場しなくなっていたが、『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE』で一部効果を変えて(使用者の攻撃に敵側が反撃を返せる様に仕様変更)まさかの復活を果たした。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
初登場作品。消費SP40。
スーパーロボット大戦F / スーパーロボット大戦F完結編
本作から消費SPが60に割増。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
リメイクに際して追加された精神の一つ。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
スーパーロボット大戦リンクバトラー
効果が特殊。次のターン、相手は「攻撃」「格闘」「射撃」コマンドが使用不能になる。
スーパーロボット大戦64

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパーロボット大戦α外伝
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
最後の登場作品になる……と思われていた。

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
約10年越しの再登場。消費SP15と使い勝手は抜群。魔装機のHPと操者のSPが続く限り無敵でいられることが最大の特徴。攻撃時に敵の反撃を封じる効力こそ消え失せたが、その後の敵フェイズで標的から必ず外れるため、相手の攻撃力が高い本作では「鉄壁」に匹敵する利用価値を持つ。「隠れ身」で潜伏した魔装機を単独で先行させて敵陣を荒らして回ったり、ZOCを形成する壁となって相手の移動範囲に制限をかけるなど使い道は様々。位置づけとしてはラ・ギアス人が行使する魔術(隠れ蓑・隠形の術)に近い。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
消費SP50。『第4次』と『F』の中間である。

主な使用者[編集]

シルキー・マウ
初登場の『第4次』では隠れキャラ。同作最終面ではこれを使ったABと地中移動の真ゲッター2を突っ込ませればラスボスを瞬殺することも可能であった。
デュオ・マックスウェル
「逃げも隠れもするが…」という本人の台詞どおりにこれが使える。
岡めぐみ
甲賀流十八代目の忍者(くノ一)ということで習得。

バンプレストオリジナル[編集]

トレイス・ハイネット
ストーリー中で工作員としての訓練を積み、潜入任務で隠形の術を使っている事から、スキルとして習得。
ガエン
暗殺者だった経験から培った技術と言う事だろう。
ゲンナジー・I・コズイレフ
存在感が薄いという個人的特徴から来ている。第一作『LOE』から散々描写されてきたが、『POJ』序盤のシュテドニアスルートでは何もしていないのに敵に攻撃するまで全く気付かれないという驚愕のステルス能力を発揮している。

同じ効果を含む要素[編集]

魔法[編集]

隠れ蓑 / かくれみの
ラ・ギアスで使用される魔術のひとつ。気配を断って「精霊レーダー」や探知の魔法を躱す。「隠形の術」よりもよく知られる術でマジックアイテムもつくられている。
隠形の術
「隠れ蓑」を上回る潜伏魔術。被術者が攻撃する意思をみせるまでその存在を隠しきるなど徹底している。効果範囲は絶大で大部隊にも使用可能。対抗手段はラ・ギアスではまだ確立されておらず、この術の前に「精霊レーダー」は無意味。本編でも意識的にこの術を見破った者は「T-Linkシステム」を稼働させていたリュウセイ・ダテのみ。