虎龍王

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
虎龍王
外国語表記 Hu Long Wang
登場作品

バンプレストオリジナル

分類 四神の超機人
頭頂高 49.9 m
重量 158.0 t
動力 五行器
装甲材質 護符
MMI T-LINKシステム
別形態 龍虎王
開発者 古代の中国人
主なパイロット ブルックリン・ラックフィールド
デザイン 宮武一貴
テンプレートを表示

概要[編集]

中国・山東地区にある遺跡から発掘された超機人。虎王機が本体、龍王機が胴体になって合体した姿。元々は「百邪」と呼ばれる悪魔や妖怪と戦う為に古代人が作り出した半生体兵器だと言われている。

発掘時には機能の大半を失っており、機能の欠陥部分をグルンガスト参式で補っている。そのためコクピットは参式の仕様のままで、「T-LINKシステム」もそのまま使える。このT-LINKシステムより念動力を用いた意思疎通や機能が使える。

主に地上&接近戦が得意。作品によっては、龍虎王よりも最大火力が高い事がある上に分身があるのでこっちをメインとして使われる事も。

分離せずに形態を変化する場合、ゲームでは合体真言を使用しているが、ジ・インスペクターでは「順逆転身」の掛け声で変形する。ちなみにOGクロニクルとアニメでは瞳がある。

構成機体[編集]

虎王機
本体を構成。
龍王機
胴部を構成。

登場作品と操縦者[編集]

超機人 龍虎王伝奇
龍虎王と異なり第一部にのみ登場。文麗が乗り込む。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパー系パートナー専用メカ。クスハによるとかわいい顔をしている、らしい。接近戦用の機体で、分身できる点が強み。運動性はそこらのMSより高いが機体サイズとパイロットの回避の低さの問題で思ったほど避けない。ユニットはもちろん、武器の改造状態も龍虎王と連動している(たとえば龍王破山剣・逆鱗断を改造するとこちらのタイラント・オーバー・ブレイクも強化される)ので片方ばかりに強化が集中する心配はない。いろいろ武器があるがタイガーナックルとタイラント・オーバー・ブレイクを鍛えれば事足りる。一部にグルンガスト参式の技を吸収している。
第2次スーパーロボット大戦α
中盤にて加入。デフォルトパイロットはブリットに。扱いやすい接近戦武器と移動力強化、援護攻撃により使い勝手が大きく増した。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
蚩尤塚(しゆうづか)で発見され、クスハとブリットの正しき強念に呼応して操縦者に選ぶ。射程は短いが、それ以外の面では使い勝手が良い。武器改造の上昇幅が龍虎王より高い為、攻撃力は龍虎王よりも高くなる。サイズは大きいが、高い運動性に分身を併せ持ち、パイロットが念動力を所持しているので全く気にならない。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
OG2シナリオに準拠。ゲームシステムの変更に伴い、龍虎王が更に一対多の戦闘に特化したので、こちらは一対一の戦闘に特化しているといえる。OG2.5では、残念ながら使用できない。
スーパーロボット大戦OG外伝
再び復活したが、クスハとブリットは他の汎用機に乗り換え可能という仕様である。ただし、他のパイロット(他のα主人公達など)を本機に乗り換えさせる事は出来ないので、二人を降ろすことは基本的にないだろう。攻撃力の逆転現象はここでようやく修正。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
戦闘シーンは少ないが、アインストレジセイアを追い詰め、ツヴァイザーゲインを猛撃でKO(ある意味ゲーム再現)するなど活躍している。
第2次スーパーロボット大戦OG
第2次α同様虎王機がバラルに操られてしまうものの、40話より無事参戦。低燃費で使い勝手の良い武装は健在であり、また最大射程が6に伸びている。その代わり攻撃力が大幅に下がってしまったものの、ブリットのインファイトがあるので実質的な火力はそれほど低いというわけではない。ただ、装甲は低く、運動性も「特機としては」高いレベルなので、迂闊に突っ込まないように。また、タイラント・オーバー・ブレイクの演出が変更されている。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
なんと第18話終了時にサラッと手に入る。イベント無しで虎龍王が参入するのは初。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武器[編集]

ファング・ミサイル
虎龍王の口から牙の形をしたミサイルを射出する。第2次α以降はオミットされたがOG2ndにて復活。格闘属性でしかも有射程の全体攻撃なので、実は龍虎王の「龍王移山法」より使いやすかったりする。
ランダム・ストライク「参式爆連打」
虎龍王の腕と脚との連撃。グルンガスト参式から継承した技。実は技自体は参式より先に登場している。第2次α以降はオミットされたがOG2ndにて復活。
ソニック・シャウト「虎王咆哮」
咆哮による衝撃波で攻撃。本来は虎王機の技なので、虎龍王でも使用可能。OGS以降はソニック・ジャベリンへの繋ぎで使用している。
タイガー・ナックル「虎王飛拳」
虎龍王の腕を射出する。参式のブーストナックルの機能を取り込んだものであり、燃費や射程の面で主力になる。
ランダム・スパイク
虎龍王の得物であるヌンチャクによる連撃を浴びせる。この技の異称は『虎龍王・連挺乱打』。第2次OGではコンビネーション攻撃対応武器であり、これのためにブリットは参式では意味のない連続攻撃スキルを初期習得している。
本来ヌンチャクは中国拳法の武器ではなく、琉球古武術の武器である。ブルース・リーが『燃えよドラゴン』で使用して以来有名となった。
ヴァリアブル・ドリル「虎王回転圏」
虎龍王の拳が回転し、爪をドリルへ変換して貫く。ドリル・アタッカーの機能を利用していると思われる。α以外では単体武器としては登場せず、タイラントオーバーブレイクのトドメに使用される。OG2ndではついに演出ですら使われなくなってしまった。
ソニック・ジャベリン「虎王神速槍」
虎龍王の得物の槍で、敵を滅多刺しにする。大抵の場合ランダム・スパイクが変化してこの形状となる。
なお実際にはジャベリンは投擲用の槍であり、振り回して使うものではない。また外見はジャベリンではなく青龍偃月刀(つまり厳密に言うと槍ですらなく刀剣)だが、この武器は宋代以降に成立したものである。ランダム・スパイクといいこれといい、虎龍王は外界の情報には敏感なのかもしれない。

必殺技[編集]

タイラント・ブレイク
参式爆連打から、ランダム・スパイク、ソニック・ジャベリン、ヴァリアブル・ドリルへと繋げる、所謂乱舞技。下記のオーバー・ブレイクとの違いは攻撃スピードの違いとヴァリアブル・ドリル時にカットインが無い程度。α以降はオミット。
タイラント・オーバー・ブレイク「虎王乱撃」
参式爆連打から、ランダム・スパイク、ソニック・ジャベリン、ヴァリアブル・ドリルへと繋げる、所謂乱舞技。参式を取り込む以前、つまり『オリジナルバージョン』の流れは、ランダム・スパイクによる猛撃の後、左アッパーで吹き飛ばすというシンプルかつ豪快なもの。OG2ndではソニック・ジャベリンまでは同じだが、ジ・インスペクターから逆輸入した身分身の術による猛攻(対ツヴァイザーゲイン戦の再現)の後、左アッパーで吹き飛ばす。今回復活の際に参式のパーツが消えたのか、ドリルはなくなっている。必殺武器としては貴重な陸適応Sという特徴を持つが反面、空適応がBであるため使用の際の地形には注意すること。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
HP回復(小)
基本的には回避力で耐える機体なので、この効果が発揮されるのは稀。
分身
虎龍王の脚力を活かした「身分身の術」という体術で、高速移動して残像を形成する。元々は龍虎王の術であり、符を介して龍虎王から授けられた。その為、この術を譲渡した龍虎王は使用する事が出来ない(伝授したのではなく術自体を移動させている)。
念動フィールド
グルンガスト参式の機能を継承した物。ブリットの念動力も相当な水準になるが、どちらかというと虎龍王は回避する機体なので出番は少なめ。
変形
龍虎王とへ分離変形する。
分離
龍王機虎王機へと分離する。現在、実装しているのはαとOG2ndのみ。

移動タイプ[編集]

空を飛べず、水中戦も不得手だが、その分、地上戦に特化している。

サイズ[編集]

L

対決・名場面[編集]

雀武王
龍虎王伝奇にて。
ペルゼイン・リヒカイト
OG2「龍虎覚醒」より。参式のパーツと2人の操者を得て目覚めた超機人は、2つの形態による連続攻撃でアインストの使者を圧倒した。
鋳人
OGクロニクル「竜幡鳳逸之士」及びOG外伝の該当シナリオ「折れない心」より。危機に陥ったクスハとブリットを虎王機・龍王機の分離状態で救出、その後虎龍王に合体、怒涛の攻撃で鋳人を撃破する。だが……。
ツヴァイザーゲイン
ジ・インスペクターより。麒麟・極を使い分身してきたツヴァイに対して、虎龍王は身分身の術で対抗。なんとそのまま分身したツヴァイに大きな損害を与えてしまう。仮にもボスキャラの必殺技をあまりに呆気なく打ち破った(そもそも身分身の術はゲームでは攻撃ではない)この展開に唖然とした視聴者も多かった。この後、ゲシュペンスト・タイプRVがあっさりツヴァイの攻撃で中破してしまったのでなおさら印象に残る。

関連機体[編集]

雷虎
虎龍王を模した鋼機人。
真・龍虎王 / 真・虎龍王
生まれ変わった真の超機人。
雀武王 / 武雀王
四神の超機人の一つ。
真・龍王機
上位の超機人。宿敵。

余談[編集]

  • 虎龍王、龍虎王共にOGシリーズでも第2次α以降の様にクスハ・ブリットの専用機となったが、本来αではどの主人公でも搭乗できた機体であるため、他のα主人公搭乗による活躍を見たかったというプレイヤーも少なからずいる。が、もはやその機会は無いと見るのが妥当だろう。