マニィ・アンバサダ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マニィ・アンバサダ
外国語表記 Manny Ambassada
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 高垣彩陽
デザイン 吉田健一
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 学園生→キャピタル・アーミィ
テンプレートを表示

マニィ・アンバサダは『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場人物。

概要[編集]

セントフラワー学園のチアリーディング部に所属する少女。

ノレド・ナグは友人。キャピタル・ガード候補生のルイン・リーの恋人で、ルインの同期生であるベルリ・ゼナムとも知り合いの仲。ノレドやルイン同様クンタラの出身。

当初は長い黒髪だったが、姿を消したルインや海賊部隊にいるノレドやベルリの行方を知るには前線に行くしかないとキャピタル・アーミィに入隊した際に散髪してショートカットになった。アーミィでは新兵として雑用などをこなしながら、MSパイロットのマスク大尉となったルインと再会。裏方として彼を支える。

マスクがビーナス・グロゥブへ向かうとするメガファウナを襲撃した際に同行したが、他勢力のMSが襲撃してきた際に、ベルリがノレドと一緒にいた彼女をまとめて避難させたことから、メガファウナに取り残されてしまう。そのままなし崩しにビーナス・グロゥブへ同行[1]し、ノレドに協力してジット・ラボラトリィからG-ルシファージーラッハを入手した。

しかし恋人の力になりたいという想いは変わらず、地球への帰還途中、ジーラッハのテスト飛行中にマスクの元に復帰する。彼にベルリとの和解を望むが、頑なにそれを拒否されると、あくまでも彼の力になるというスタンスを変えず、共にベルリ達と戦った。

戦後は、変わらずにルインに寄り添っている姿が描かれた。

登場作品[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。条件を満たすとマスク、バララと共に自軍に加入する。友人のノレド共々応援を持っているのはさすがチアリーディング部といったところか。
精神コマンドによる自衛手段が少ないのが最大の弱点なので、エースボーナスを取得させたうえで、カスタムボーナスで回避率が上がるビギナ・ギナに乗せるのも良いだろう。ただし、マニィは射撃よりも僅かに格闘のほうが得意。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

元がチアリーディングの学生でしかないためか、全体的にお世辞にも高いといえる能力が無く、技量に至ってはワタルに次ぐワーストクラスとなっている。その代わり、精神コマンドエースボーナスが優秀なので、戦闘ではなくこれらを用いたサポート要員として活躍させるのが適任といえるだろう。また、射撃よりも格闘のほうが高いが、僅かな差なのでそれほど気にするほどではない。

精神コマンド[編集]

X
信頼応援必中鉄壁激励期待
支援系精神に特化したラインナップ。防御系精神が鉄壁しかないのが難であるため、出撃時は後方待機を心掛けたい。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

X
敵対時
底力L5、援護攻撃L2、ガードL2、気力+(DEF)
味方時
底力L5、援護攻撃L2、ガードL2、気力+(DEF)パーツ供給

エースボーナス[編集]

最終回避率+15%。ターン開始時、隣接するユニットに「努力」をかける。
X』で採用。隣接相手に努力をかけるという珍しいボーナス。チアリーディング部は伊達じゃない。
回避率にもかなりの上方修正がかかるため、「見切り」の修得も推奨される。

人間関係[編集]

ルイン・リー
キャピタル・ガード候補生の彼氏。姿を見せない彼を探してキャピタル・アーミィに入隊。
ノレド・ナグ
同じチアリーディング部員の友人。
ベルリ・ゼナム
キャピタル・ガード候補生の知人。
マスク
アーミィのエースで先述のルインと同一人物。再会してからは部下として彼を支える。
バララ・ペオール
アーミィの女性MSパイロット。

他作品との人間関係[編集]

プルツー
『X』では彼女にココアを振る舞い、自分の気持ちに素直になる切っ掛けを作った。
グレミー・トト
『X』ではプルツーの心を縛る彼や魔従教団を「クンタラを差別する人達と同じ」と反発し、バララ共々レコンギスタ軍から離反する。……のだが、条件を満たすと彼もまたレコンギスタ軍を離反したりする。

名台詞[編集]

ルイン「マニィ!彼女どうしたんだよ?」
「私達のクラスに編入してきたんだよ。記憶が戻るまで、面倒を見ろって」
第2話。チアリーディング部員に混じって踊るラライヤのことをルインへ説明する。
ベッカー「クンタラだってな」
「そんなに汚らわしいですか!?」
第3話。デレンセンがベッカーにルインを紹介した際に、彼の挑発に怒ってしまう。
「今日のキャピタル・ガードの中にもルインはいなかったな…」
第5話。最近姿が見えないルインのことを心配して。
(あれ、ルイン・リーだよね?)
(ルインは、マスク…!)
第8話。キャピタル・アーミィへと入隊し、マスクがルインだということを見抜いた。
「大尉のマックナイフが、あんなに傷を受けて…!」
第11話。損傷して戻ってきたマックナイフを見て、マスクを心配する。
「ルインが前線に出たっていうから、捜しに来たんだよ」
「クラウンで海賊に襲われて以来じゃない?」
第13話。久しぶりにノレドやベルリと再会を果たす。
「さすが、先輩…」
第16話。トワサンガに向かう時にマスクから作戦を教えられ、改めて惚れ直す。
「どの星が、ルインのいる星なのか、分からないんだよ…」
第19話。メガファウナに乗ったまま金星圏に来てしまい、地球とルインのことを思い涙する。
「自分はマニィ・アンバサダです!」
「帰って来たんですよ!」
第22話。ビーナス・グロゥブで手に入れたジーラッハに乗り、ガランデンへ帰還を果たす。
「だったら、私の願いを聞いてくれます?」
マスク「ああ、聞くぞ。何だ?」
「ベルリと友達になってください!」
第24話。マスクにベルリとの関係改善を望む。しかしベルリの出自を教えたことで余計に彼の殺意を高めてしまう。
「ベルリ、お願いだからルインのために負けてやって!」
マスク「ベルリ!マニィのためにやられてやってくれ!」
第25話。ジーラッハとカバカーリーの2機がかりで、ベルリのG-セルフへと襲い掛かる。
「ルイン先輩…!ごめんなさい…何の手伝いもできなくて…」
最終話。恋人の力になりたいと奮闘するものの、その願いが叶うことはなかった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「同じ仮面でもルインの方がずっと格好いいんだから!」
仮面キャラ(ネオアトラン幹部など)と戦闘した際の台詞。

搭乗機体[編集]

ジーラッハ
終盤で搭乗。
G-ルシファー
強奪した時に操縦。

SRWでの搭乗機体[編集]

マックナイフ
X』にて、量産機に搭乗。
原作で搭乗シーンは描かれていないものの、マニィ本人が搭乗経験があることを示唆[2]している。

脚注[編集]

  1. 友人たちのおかげか捕虜扱いではなく、ほかの乗組員と同じような扱い。
  2. G-ルシファーを操縦している際「よくやるよ」と感心するノレドに「マスクからマックナイフの整備のついでに操縦ができるようにとアドバイスされ、操縦も勉強していた」旨発言している。