マックナイフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マックナイフ
外国語表記 Mack Knife
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 形部一平
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 CAMS-05
CAMS-05P(量産機)
全長 16.0m
重量 32.6t
32.4t(量産機)
動力 フォトン・バッテリー
所属 キャピタル・アーミィ
パイロット マスク
バララ・ペオール
キャピタル・アーミィ兵
テンプレートを表示

マックナイフは『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場メカ

概要[編集]

キャピタル・アーミィが開発した新型の宇宙用可変モビルスーツ

宇宙でガランデンのマスク部隊に配備された機体。全高は16m程度と小型。簡略化されてはいるが、手足を180度に広げるという可変機構を有し、高機動性を発揮する。頭部にはマスク機やバララ・ペオール機が双眼、量産機が単眼のセンサーを搭載する。カラーリングはマスク機が赤と白、バララ機がピンク、量産機が黄色と白に塗装されている。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。マスク機、バララ機、量産機が揃って登場する。原作では搭乗していないマニィも第27話で量産機に乗る。なお、マスク機とバララ機は「フォトン・ボム」の射程が量産機よりも1長い。第20話では一時的にマスク機を味方として使用可能。
設定では宇宙用MSで、原作でも活躍は宇宙のみだが、今作では地上のステージばかりに登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ビーム・バルカン
脚部や手首などに計24門装備。
X』ではフォトン・ボムの演出で使用。
プラズマ・クロウ
両手先から発生させる近接武装。
グレネード・ランチャー
両脚部に発射口を4門持つ。
『X』ではフォトン・ボムの演出で使用。
フォトン・ボム
股間部から発射するミサイル。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

エルフ・ブルック
マックナイフは後継機にあたる。
ブラックマック
プラモデル作例本のバリエーション機。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]