キア・ムベッキ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キア・ムベッキ
外国語表記 Kia Mbeki
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 中井和哉
デザイン 吉田健一
初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ビーナス・グロゥブ人
性別
所属 ジット団
役職 技術保全局長
テンプレートを表示

キア・ムベッキは『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場人物。

概要[編集]

ジット団のリーダーを務める男性。ビーナス・グロゥブの出身。

ジット・ラボラトリィの技術保全局長の肩書きも持ち、地球に対する「レコンギスタ作戦」の実行を図る。ジット団においては優秀な部下やG系統機を含めた多数の新型機を揃えており、トワサンガのハザム政権の依頼から、ベルリ・ゼナム達が乗るメガファウナと敵対する。性格は傲慢で粗暴な面が目立ち、団員以外への態度は高圧的。

自身のミスでコロニーの底に大穴を開けてしまい、当初はその対処よりもG-セルフの破壊を優先していたが、流石に被害を看過できなくなり、持ち出した大型MAの「コンキュデベヌス」を水の中へ自沈させ、脱出もできなかったことから、穴を塞いでコロニーを救うのと引き換えにその命を落とした。

登場作品[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。原作ほど苛烈な性格ではなくなっている。条件を満たすと加入するが、第42話クリア後の分岐では彼の登場する対レコンギスタルートの方が加入条件が厳しいという前代未聞のトラップが存在する。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

X
気合必中不屈突撃熱血希望

特殊スキル[編集]

X
敵対時
底力L7、見切りL2、ガードL1、闘争心L3、サイズ差補正無視L2、EセーブL2
味方時
底力L6、見切りL2、ガードL1、闘争心L3、EセーブL2

エースボーナス[編集]

出撃時の初期気力+10。自軍が敵を撃墜した後、本来の気力増減に加えて+1。
X』で採用。
初期状態で闘争心Lv3まであるため、気力限界突破の修得は急務と言ってよい。

人間関係[編集]

ベルリ・ゼナム
彼が乗るG-セルフを狙う。
クン・スーン、チッカラ・デュアル、ローゼンタール・コバシ
ジット団における部下達。
エル・カインド
クレッセント・シップの艦長。
フルムーン・シップ艦長
ジット団と志を共にする。
ジャン・ビョン・ハザム
トワサンガの首相。
クリム・ニック
原作では接点がないが、『X』ではライバル的な関係。

他作品との人間関係[編集]

アムロ・レイ
『X』では、クンパ・ルシータの思惑に乗る形で彼を狙う。
シャア・アズナブル
『X』では、子供の頃に読んだ伝記の登場人物として知っていた。
ヤザン・ゲーブルラカン・ダカラングレミー・トト
『X』では、彼らと協力関係を結び、ジット団の仲間に加えている。
カロッゾ・ロナ
『X』では、ガラプーシカの残骸にいる生存者及び救助作業員を守る為、彼の放ったピレスロイドと相打ちになる(フラグ達成時は全て撃退し生存)。

名台詞[編集]

「エル・カインド艦長を確認した」
エル「ジット団の出迎えなど、全く聞いていない!」
「クレッセント・シップを我が方に開放して頂く」
第19話。クンやチッカラ達を引き連れてクレッセント・シップに来訪し、即座に相手を脅しにかかる。
「メガファウナが勝手な行動を取ったら…!」
アイーダ「了解しています」
「っ!可愛くない女だ」
同話より。ブリッジ内にいたアイーダ達に忠告するが、彼女の態度に興ざめする。
「メガファウナのクルーに教えておく!」
「我々はトワサンガのハザム政権から、貴公らの処分を頼まれたということもあって出迎えたのである」
「それは承知しておいてもらいたい」
同話より。メガファウナの人々へ改めて忠告し、それを咎めたエル艦長を突き飛ばす。
「艦長に被せてある爆弾とその席は、このカメラで監視している」
「うかつに動いたら人間爆弾になって、このブリッジごと吹き飛ぶ!」
第20話。エル艦長と副長の頭部に爆弾(実際には偽物だった)を付け、クレッセント・シップの進路を変更させる。
「地球人は地球の寄生虫なのだから、殺菌するだけだ!」
同話より。ビッグアーム・ユニットを装備して。彼の発言の中でも差別意識が極まった台詞。
「海の底に傷つけた!」
「駄目だ!これは駄目だぁっ!」
「これはやっちゃならんことだぁっ!うわっ!」
同話より。G-セルフを倒そうとするあまり、ジャイオーンの攻撃でシー・デスクの底に大穴を開けるという失態を犯す。
「地球人には焼け焦げになってもらう!」
ベルリ「魚じゃあるまいし!誰がオーヴンに焼かれるか!」
第21話。大型モビルアーマーのコンキュデベヌスを持ち出し、G-セルフを焼こうとするが…。
「既にオートマチックで修復する規模ではなくなっている!」
クン「キア隊長!何をなさろうというのです!」
「コンキュデベヌスの容量があれば、穴を塞げる!」
同話より。コンキュデベヌスで大穴を塞ぐことを決め、機体を水中へ沈める。
「貴様達はレコンギスタをしろ!地球では俺の分も楽しめ!」
「フルムーン・シップの準備は完了しているんだ!」
同話より。自分を追って来たクンを逃がし、穴を塞ぐも機体と運命を共にした。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「アムロ・レイ…!より強力な機体を手に入れたという事か!」
X』第35話にて。クンパ・ルシータに渡されたHi-νガンダムに乗って前線に復帰するアムロを見て。

搭乗機体[編集]

ジャイオーン
G系統の専用機。
コンキュデベヌス
ジャイオーンごと乗り込んだ大型MA。