カバカーリー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カバカーリー
外国語表記 Kabakali
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦X
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
外国語表記 Kabakali
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 G系統モビルスーツ
型式番号 VGMM-Git01
全長 19.3m
重量 40.2t
動力 フォトン・バッテリー
所属 キャピタル・アーミィ
パイロット マスク
テンプレートを表示

カバカーリーは『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場メカ

概要[編集]

ビーナス・グロゥブのジット・ラボラトリィ製のG系統モビルスーツ

キャピタル・アーミィに提供され、マスクがパイロットを務める。正式名称は「G-IT(ジーイット)」だが、クンタラの魂の安住の地を意味する「カーバ」とその守護神名の「カーリー」を合わせた「カバカーリー」という名を新たにマスクが命名した。G-ITという名称はG-セルフと同様に「Gそのもの」という意味。

高い基本性能と汎用性と拡張性を備え、MSとしてのひとつの完成形と言われており、G-セルフと同じく装備を交換してあらゆる戦場に対応可能。劇中にはビーム・リングが登場している。

ジット団のレコンギスタを想定した機体であるため、大気圏内での戦闘を重視し、両肩にはミノフスキー・フライトを装備している。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。条件を満たせばマスクと共に自軍参入する。カスタムボーナスにより、射程と移動力と『ビーム・セイバー』の攻撃力が上がる為、切り込み役として使いやすくなる。Gレコ系のMSの中では扱いやすい部類の機体。
移動力・P属性の射程ともに良好だが、最強武器にバリア貫通を始めとした特殊効果が一切付いていないのが弱点。
なお味方時はビーム・ショットガンを持つ手が左手なので、他のGレコ参戦機と違い味方時専用のグラフィックを用意されずに反転されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

胸部フォトン・レーザー砲
胸部に2門を搭載。劇中未使用。
ビーム・セイバー
手の甲からビームの刃を形成しそれで斬りつける[1]。出力を調整でき、刃の長さを変化できる。
ビーム・リング
背部コンテナに搭載する投擲武器。リング射出後に掌にあるレーザー誘導で操作可能で、ヨーヨーのように使用できる。なおこの武装は専用というわけではなく、カバカーリーにとって換装できる武装の一つでしかない。
『X』ではビーム・セイバーの戦闘演出内で使用する。
シールド
両肩部に装備している。
脚部シールド
脚部にも小型シールドを持つ。
ビーム・ショットガン
通常・拡散ビームの撃ち分けが可能。
『X』ではグレネード・ランチャーを放った後にビームを放つ。
グレネード・ランチャー
ショットガン下部に備えている。

特殊能力[編集]

シールド防御
盾装備。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

「ビーム・セイバー」の攻撃力+200、射程+1、移動力+1
『X』で採用。

関連機体[編集]

G-セルフG-アルケインG-ルシファージャイオーンジャスティマ(SRW未登場)、ジロッド(SRW未登場)
同じG系統のMSやMA。

脚注[編集]

  1. 1/144サイズのプラモデルでは何故か再現されていない。

資料リンク[編集]